鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高1時の暴言事件により鬱を本格発症②(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「高1時の暴言事件により鬱を本格発症(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校生の時に起きたとある事件についての話でした。事件の詳細はこちらになります。



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑥〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード16



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑦〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード17



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑧〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード18


暴言事件後の話




事件の概要としましては、「自分が吹奏楽部の男の先輩達と喋っている時にエグ過ぎる性的な冗談を言ってしまい、だだ滑りしてしまった。」、です。あの事件が起こった直後、自分の心の中は凄まじいパニック状態に陥った記憶です。何故ならあの暴言により自分が男の先輩達にかなり軽蔑される事がほぼ確定な気がしたからです。あれはホント最悪な言葉でしたからね。そもそも先輩達の前で下ネタを言う事自体もかなり空気が読めていなかったと思うんですよ。もし仮にあれが軽い下ネタだったとしましょう。それでも先輩、後輩という上下関係において、先輩の方からそういう話をしてくるならいざ知らず、後輩の方からそういう話をするというのはあり得ないと思うんですよね。まぁ仲の良い先輩後輩関係ならあるのかもされませんが、自分の場合それまでに全く先輩達とコミュニケーションが取れていなかった訳ですから、やはりあり得ません。しかも今回の話は「エグ過ぎる下ネタ」ですからね。ホント最悪です。シチュエーションを変えまして、その「エグ過ぎる下ネタ」が先輩相手ではなく同級生相手だったら許されるのかと言うと、もちろんそんな事はありません。あのようなエグ過ぎる暴言はどんなシチュエーションにおいてもあり得ないと思います。




このように自分はこの先の部活生活を考えると絶望的な気持ちになったのです。今後、自分が男の先輩達から白い目で見られまくるのは確定的な事のように思えました。加えてそれ以上に恐ろしかったのは、この暴言が女の子の先輩達に伝わる可能性があった事です。こうなると自分の部活生活並びに高校生活が破綻するのは確実でした。これまで優しかった女性の先輩達から性犯罪者のように見られるかもしれないなんて、これはもうこの世の終わりとしか思えません。女性の先輩達の中には自分がほのかに好意を抱いている先輩もいましたから、その先輩にあの暴言が伝わったらと思うと自分は震えました。
あの暴言の直後の自分は、男の先輩達から今後軽蔑されまくるであろう可能性に気付き頭の中真っ白になりました。次に、あの暴言が女性の先輩達に伝わる可能性に気付くと、今度は頭の中が漆黒一色に変わり、100トンくらいの鉛のように重くなった記憶です。あれはマジでヤバかった。




そして、その日はもうそれ以上は何も考える事はできず、ただただ恐怖の中ベッドに入った記憶です。「あぁ今日の事が夢だったらどんなに良い事だろう!」ぐらいは考えたかもそれません。しかし、ベッドに入っても頭の中は恐怖と悲しみで超パニック状態で、なかなか寝付く事は出来なかったと思います。そう、毎度毎度ですが今回も自分はこの事件について誰にも喋れていません。これまでも自分は学校生活において様々な失言、失敗を繰り返してきた訳ですが、それも全て誰にも喋れていませんからね。今回の暴言は過去の失言を大きく上回る最悪なモノであり、しかも性的要素を多分に含みますから、ますますこんな話を誰かに喋るなんて不可能でした。今回このブログにこの事件を詳細に書いてみて気付いたのですが、この事件を人に説明する時ってかなり手間がかかるんですよ。なんというか暴言に向かう前での「前フリ」の段階がかなり長い。登場人物が多いし、それぞれに対する自分の心境や関係性を詳しく説明しなければならないし、その上での事件の説明ですからややこしい話です。こんな厄介な説明作業を高校時代の自分が出来る訳が無いですよ。だって当時の自分は自己表現手段や自己表現能力が皆無中の皆無でしたもの。日々の些細な出来事ですら全く表現した記憶がありません。幼い頃から自分の周りには心を開いて話す事が出来る大人や友達が皆無でしたから、「自分の事を喋る」という訓練がまるで成されていなかったのです。ですから当然の如く今回の事件に関しても自分はそれを誰にも相談する事は出来ず、頭の中の超パニック状態は全く収まらないまま学校生活を送る事になるのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村