鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑥(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑤(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




本題に入ります前に、今年もこのブログを読んで頂きありがとうございました。このブログは超私的な体験を書いているだけのブログですから、誰かの役に立つような形にはなっていないと思います。それにも関わらず読んで頂き、コメントまで頂ける事があるのは嬉しい限りです。読者の皆様の来年1年が良い年になりますよう、祈念しております。





さて、前回の記事は、高校時代の暴言事件により自分の鬱が本格的に発症した、という話でした。事件の詳細はこちら↓です。



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑥〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード16



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑦〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード17



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑧〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード18


暴言事件後の話




事件の概要としましては、「自分が吹奏楽部の男の先輩達と喋っている時にエグ過ぎる性的な冗談を言ってしまい、だだ滑りしてしまった。」、となります。そして、この事件により自分は鬱を本格的に発症する事になりました。症状はこちら↓の4つ。


・日曜夜ごとの激しい喘息

・慢性的な疲労感と眠気

・突発的な酷い目まい

・慢性的な食欲消失


そう、あの事件の影響で自分はいよいよ周りのクラスメートとのコミュニケーションが困難になっていったんですね。授業と授業の間の「休み時間」って友達同士ワイワイするのが常だと思いますが、自分の場合はそこで友達とコミュニケーションを取る事が全く出来なくなってしまったのです。ですから休み時間になると本を読むフリをしたり、寝ているフリをしたり、図書館に逃げ込んだりして、なんとか時間を潰していました。



このようにクラスでの時間が苦痛で仕方なかったですし、部活の時間はそれ以上に苦痛で仕方ありませんでした。なにせあの事件は部活の時間に起こったものでしたから。そうなりますと、自分にとって学校生活の時間全てが苦痛で仕方がないものとなってしまいました。そう、自分の心は学校にいる間ずっと「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」に押し潰され続けていたのです。「心が押し潰されている苦痛」は凄まじいものがあり、自分の心は無意識的に凄まじい悲鳴を上げ続けていたと思います。




ですから自分の心は「無意識的」には学校生活から逃げたくて仕方が無かったのです。もう辛くて辛くて仕方なかったですからね。しかし、自分は「表の意識」においては、この事件について整理する事が全く出来ていませんでした。何度も書いていますが、自分はこの事件について誰にも相談する事が出来なかったのです。よって事件により発生した「巨大な恐怖」と「巨大な悲しみ」は全く減る事が無かった。ですから自分の心の中はいつまで経っても「パニック状態」であり続けました。そうなりますと、事件について状況を整理したり、整理した上で対策を考えたり、といった思考も全くできません。そう、自分は「部活を辞める」や「学校を辞める」といった選択肢を考える事すら出来なかったのです。故に自分には「ただひたすらこの状況を耐える」という選択肢しかなく、拷問のような学校生活をただただ送るしかありませんでした。




学校生活がこのようなモノになってしまいましたから、事件後の自分は「日曜日」が待ち遠しくて仕方なかったのです。自分にとって日曜日だけが「人間」に戻れる日であり、それ以外の平日は死んだ目で学校を彷徨う「ゾンビ」のようなモノでした。そして、この「日曜日」と「平日」の凄まじいギャップが「激しい喘息」を発生させたのです。一般的にも「日曜日の夜は明日からの学校や仕事の考え、ブルーになってしまう」と言う話をよく聞きますが、あれの激しいverだと言って良いと思います。事件後の自分は日曜夜になると激しい喘息に苦しむようになりました。当時は夜の12時頃布団に入っていたと思いますが、布団に入ると喘息が発症し、その息苦しさで寝る事が全く出来ないのです。なんというか呼吸をしようとしても必要な呼吸の1/5くらいしか空気が吸えない感じでして、苦しくて仕方が無い。窒息しそうな苦しさと不安感は凄まじいものがあり、自分は呼吸をしようと必死に肩を上下させて空気を吸うしかありませんでした。しかし、一向に息苦しさは減る事がなく、どんどん時間は過ぎていきます。そういえば、喘息対策で喘息用の蒸気吸入器を買いまして、喘息が発症するとそこから蒸気を吸い、それで喘息を和らげようともしました。しかし、それも全く効き目がありませんでした。そんな感じでただただ窒息しそうな苦しさに必死に耐えていますと、時間は早朝4時5時になり、ここら辺でようやく喘息の症状が緩んできます。自分はようやく眠りに付く事が出来きました。ところがそれも束の間、学校に行く為には7時30分くらいには起きなければなりません。自分は2〜3時間の睡眠で学校に向かいます。当然寝不足でまぶたは重くて仕方ありません。加えて疲労感も半端なかった。そう、自分は喘息の苦しさでほとんど眠る事が出来なかったですから、前日の疲れがほとんど取れていない状態でした。さらに必死に呼吸をしようと肩や背中に4〜5時間力を入れ続けていましたから、肩や背中に凄まじい疲労感が発生していたのです。ですから喘息明けの自分は凄まじい眠気と疲労感で意識朦朧とした状態で学校生活をスタートする事になりました。加えて学校に行けば自分の心は例の「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」に押し潰される訳ですからね。そりゃこんなズタボロの状態で学校生活が上手くいくはずがありません。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村