鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高校生活中の7つの肉体的苦痛(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 「暴言事件」→「寄せ書き事件」→「自己紹介事件」→鬱を完全発症(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校2年生の時に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」についての話でした。この事件を端的に書きますと、自分が吹奏楽部で後輩の女の子3人と自己紹介をしている際に、「被害妄想的な嘲笑感」を感じ、傍にあった机を思い切り蹴っ飛ばしてしまった、という事件です。



自分は高校入学以来、様々な事件によりメンタルダメージを蓄積させていきました。そして、この「ホルンパートでの自己紹介事件」をダメ押しに、鬱を完全発症してしまったのです。自分はこの事件以降、以下の7つの諸症状に苦しむ事になったのでした。



「高校時代の7つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感(痛み)と眠気

④学校生活中の激しいめまい

⑤激しい被害妄想

⑥自転車通学による無意識の自傷行為

冷え性


(「③慢性的な背中の痛み」と「⑤激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)



そして、自分がこのように鬱を発症してしまったのは、幼い頃から「自分に対する自信」をどんどん失っていった歴史があったからです。ではここで、その過程をフローチャートで示したいと思います。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。(この数値をメンタル数値と呼んでいます)



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を表現するのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(概要はこちら)



このように年齢を重ねるにつれて、自分の中の「自分に対する自信」は、失われていきました。そして、それと同時並行で喘息も酷くなっていき、身体も壊れていったのです。そして、さらに同時並行で「被害妄想」も酷くなっていきました。ではここで久しぶりに高校時代のメンタルヘルスについて考えてみたいとおもいます。


「高校時代のポジティブな感情」

無し


「高校時代のネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労感(かなりの痛み)

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」による「被害妄想的な恐怖感」+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感



❼ ❶〜❻の精神的ダメージの蓄積により、自分は「自分に対する自信」をどんどん失っていった。それにより「自分という存在」がどんどん不安定化していき、「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という「被害妄想」が発生した。


❽高校入学時の「歓迎会逃亡事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


❾高校1年生の夏に起こった「暴言事件」による凄まじい「被害妄想的な恐怖」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


10高校1年生の3月に起こった「寄せ書き事件」による凄まじい「被害妄想的な恐怖」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


11高校2年生の4月に起こった「ホルンパートでの自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感



(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



この時のメンタル数値が「マイナス22」という事になります。まぁもう「自殺願望」発症一歩手前って感じです。とにかく「暴言事件」と「寄せ書き事件」が自分のメンタルに与えたダメージは致命的でした。事件以降の自分は病的に「ビクビク」「オドオド」しながら、高校生活を送る事になりました。自分の心は完全に「被害妄想」に支配されていました。それは「自分という人間はいついじめの標的になってもおかしくない存在なのだ」という強烈な感覚です。



ですから、自分は高校のクラスにおいて、同性の大人しめのクラスメートとのコミュニケーションすら不可能になっていきました。自分は彼らとも何を喋って良いのか全く分からなくなってしまったのです。だって誰と何を喋っても「いじめの標的にされてしまう」ような感覚に襲われてしまうのですから。自分は仕方なく休み時間になると、本を読むフリをしたり、寝ているフリをしたり、図書館で本を読むフリをしたりして、なんとか一人で時間を潰していました。



ですから、高1秋の「暴言事件」以降の自分の高校生活はとにかく辛く、虚しく、悲しかった印象です。まずは肉体的苦痛が酷かったですし、同じくらい精神的苦痛も酷かったのです。先程の「高校時代の7つの鬱の諸症状」 を元にして、当時の肉体的苦痛を改めて書いてみようと思います。



高校生活中の7つの肉体的苦痛


・「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。


・喘息が原因の背中の慢性的的な疲労感。それは悪化の一途を辿り、もはや疲労感ではなく「かなりの痛み」


・喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


・突発的に現れる凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


・「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


・上記の肉体的苦痛の蓄積により、食欲が完全消失


・自転車通学による「無意識の自傷行為




う〜ん、キツ過ぎる。これはもうまともな人間生活が送れる状態ではなかったと思います。そして、精神的苦痛に関しては上記の「高校時代のネガティブな感情」がそれにあたります。また、自分の見立てでは、上記の肉体的苦痛の数々は、精神的苦痛の数々がそのまま肉体に反映したもの、という印象です。つまり、


高校生活中の7つの肉体的苦痛= 高校時代のネガティブな感情


という事になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村