鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

自転車通学という名の無意識の自傷行為(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「高校に入って成績が急降下(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が幼い頃よりどのようにして心を病んでいったのか、フローチャートで考えてみました。フローチャートは以下の通りになります。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。(この数値をメンタル数値と呼んでいます)



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(概要はこちら)




そして、前回の記事では、自分の高校時代のメンタルヘルスを考えてみました。高校時代のメンタルヘルスは以下の通りになります。



「高校時代(『ホルンパートでの自己紹介事件』後)のネガティブな感情」



❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労感(かなりの痛み)

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」による「被害妄想的な恐怖感」+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


❼高校入学時の「歓迎会逃亡事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


❽高校1年生の夏に起こった「暴言事件」による凄まじい「被害妄想的な恐怖」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


❾高校1年生の3月に起こった「寄せ書き事件」による凄まじい「被害妄想的な恐怖」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


10 高校2年生の4月に起こった「ホルンパートでの自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)




それにしてもネガティブな感情が中学時代と比べて一気に増えましたねぇ。そりゃ鬱を発症するはずです。そして、高校時代の鬱の諸症状が以下の通りです。


「高校時代の5つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感(痛み)と眠気

④学校生活中の激しいめまい

⑤激しい被害妄想


(「③慢性的な背中の痛み」と「⑤激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)



完全に病んでます。ふと思ったのですが、上記の鬱の諸症状の中には「無意識の自傷行為」が入っていません。そう、高校時代の自分は自転車通学をしていたのですが、これが「無意識の自傷行為」だったと思うのです。当時の自分の中には「トレーニング=体力を付ける=良い事」という思い込みがあり、3年間の自転車通学をこの意識で行っていました。高校からの帰り道がけっこうな坂道だったのですが、それを登る際に「トレーニング」的な意識を持ってやっていたのです。わざと長くて急な坂道を選んで登ったりしていましたからね。ちなみに当時は電動自転車はありませんので、100%人力です。



このように高校3年間の間、自転車通学をトレーニング的に頑張って続けたのですが、体力が増えたという実感は全く得られませんでした。むしろ、体調は悪くなっていく一方だったのです。そりゃそうですよ。上記に書きましたように、自分は高校に入ってからも様々な事件を起こし、メンタルが悪化し、喘息も悪化していきました。そして、一睡も出来ずに高校に通っていましたから、背中の慢性的な疲労感も悪化し、それは疲労感というより痛みに変わっていったのです。そして、眠気も酷かった。つまり、自分は自転車でトレーニングする以前にすでに疲労困憊状態だったのです。



しかし、当時の自分にとっては鬱による疲労困憊状態が当たり前になっており、その状態に違和感を感じる事など皆無でした。ですから、自分は高校からの帰り道、トレーニング的な意識でそこからさらに無理をして坂道を自転車で登っていきました。元々が疲労困憊状態ですから、そこにさらに疲労感が上乗せされます。すると、翌日起きると自分の体調はぶっ壊れていました。身体は鉛のように重く、ダルくて悲しくて仕方ありません。しかし、当時の自分はその理由が全く分かりません。前日の自転車通学が原因だとは気付けないのです。だってそもそもの鬱による疲労困憊状態にすら気付いてないのですからね。ですから、自分は少し体力が回復すると、また自転車トレーニングをしていまい、翌日体調をぶっ壊してしまうのです。



そう、当時の自分としては、体力を付ける為に自転車通学を頑張っていたのですが、今から思うとそれは逆に自分を傷付ける行為となっていました。体力が全く付かないばかりから翌日体調をただただ壊すだけだったのです。自分としては自転車通学で体力を付けるつもりでしたが、それは全くの逆効果だったのです。そして、当時の自分がこの「悪魔のカラクリ」に気付けるはずもありません。当時の自分の頭の中は、「トレーニング=体力を付ける=良い事」しか無かったのです。しかし、肝心の自分の健康状態に対する認識が全く出来ていなかった。ですからこのような「無意識の自傷行為」が起こってしまった、と。




という訳で次からは「高校時代の鬱の諸症状」の中には、「⑥自転車通学による無意識の自傷行為」を入れたいと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村