鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

暴言事件を相談できる相手が皆無(過去編・1992年・16歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「性的暴言がもたらす最悪のシナリオ(過去編・1992年・16歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校1年生の時に起こった「暴言事件」についての話でした。この事件を端的書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる下ネタの冗談を言ってしまい、ドン滑りした、です。この事件の詳細は以下の記事に書いています。



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑥〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード16


〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑦〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード17



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑧〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード18


暴言事件後の話




事件前の自分とA先輩の関係性ですが、A先輩の誘いでよく一緒に練習している関係ではありました。2人とも担当している楽器が似ていたんですね。しかし、自分はA先輩とまともな日常会話すら出来ていない状態でした。自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まっていましたから、自分という人間がどういう人間なのかまるで把握出来ておらず、「自分はこういう人間で、こういう事を考えている。」的な自己表現が全く出来ない人間だったのです。また、自分自身の事を全く把握出来ていませんから、他人に対する興味も皆無。故にA先輩に限らず、他人とのコミュニケーションがホントに厳しい状態になっていました。



対してA先輩は吹奏楽部の副部長を務めていまして、男女問わず仲が良く、滅茶苦茶コミュニケーション能力が高い人でした。部活の人数は20〜30人くらい。今で言う「陽キャ」ですね。ですから、自分はこの「暴言事件」前、A先輩と日常会話すらままならない事に気まずさを感じていた記憶です。他の人とは楽しそうに喋っているA先輩が自分と練習する時は段々と無口になっていったからです。




そう、この状況が「暴言事件」の伏線になっている部分もありました。自分はA先輩との関係が微妙になってきている事に焦りを感じていたと思います。それであのような性的な冗談を言って、A先輩に笑って貰い、関係性を良くしたいと思ったのです。ところが、思い切って言ってみるとその狙いは全く上手く行かず、A先輩はドン引きです。そりゃそうでしょう。普段日常会話すらままならない後輩が、急にエグ過ぎる性的な暴言を言ってきたのですから。そして、自分はそんなA先輩のリアクションを見て、顔面蒼白になったのです。




ホントあれは人生史上最大の「やってしまった」でした。ドン滑りした瞬間、自分が立っている地面が崩れ、奈落の底に落ちて行く感じがありました。このドン滑りにより、A先輩の自分に対する評価が下がる事は確定的でしたからね。事件前、A先輩にとって自分は「無口で何考えてるか分からない後輩」だったしょうが、これが「急にエグ過ぎる性的暴言をぶっ込んでくるヤバくて痛い奴」に悪化した事は確定的です。もうホントにあれはキツかった。




さらに自分の中で「被害妄想」的な思考スイッチが入ります。これが入ると自分は物事を究極まで悪く考えてしまう癖が付いていました。仮にこの暴言がA先輩の口から周りに広がってしまったらどうなるでしょう。A先輩は部活イチコミュニケーション能力が高い人でしたから、その可能性は無いとは言えません。自分はこれを考えると恐ろしくて仕方なくなりました。同性に広がるのだってキツい話ですが、これが吹奏楽部の女の子の間で広がったらホント最悪です。女の子達が自分の事を「とても許されない下ネタを言うクソクズ」という目で見る事は確定的ですから。




さらに、この暴言が自分が所属しているサックスパートに伝わったら、最悪の最悪です。サックスパートには3人の女の子の先輩がいたのですが、この先輩達は普段から自分に優しく接してくれる先輩達でした。この先輩達にあの性的な暴言が伝わったら、自分の身は破滅です。




また、あの暴言は同学年のとある女の子を対象にした性的暴言だったのですが、その女の子は自分と同じサックスパートに属している女の子でした。そう、あの暴言がこの子に伝わってしまうのも最悪の最悪です。彼女に対して取り返しの付かない心の傷を負わせてしまう事になります。当然自分に対する態度も恐ろしいものになるでしょう。




自分の心の中には上記の最悪の最悪の想像が次から次に浮かんできて、パニック状態です。授業中は当然上の空ですし、家に帰ってゲームをする気にもなれません。そして、自分にはこの事件について相談出来る相手が皆無でした。こんな事件親になんて喋れるはずがありません。ただでさえ自分は幼い頃から親と日常会話すらしてきていないのです。ですから、小6の時の「A先生怒られ事件」だって全く喋っていませんし、中1の時の「自己紹介事件」だって喋っていません。2つの事件に共通しているのは共に「強い精神的ショックを伴う事件」という事です。そんな事件を普段日常会話すらしていない親に喋る気になるはずがありません。




自分は幼い頃から両親に対して諦め切っており、両親に対して「信頼」や「愛情」や「感謝」を感じた事などただの1度もないのです。信頼関係ゼロでした。そんな親に対して「強い精神的ショックを伴う事件」を喋る気になるはずがありません。しかも今回の事件は「性的要素」が多分に含まれています。ますます親になんて喋る気になりません。そして、自分の周りには他に信頼出来る大人なども皆無でしたし、当然心を許せる友達だっていません。自分は高校において同性のクラスメートとの日常会話すらままならなくなっていたのですから。




そう、この「事件の事を誰とも共有できない」という状況もホントにキツかった記憶です。もちろん当時の自分には「書く」という表現手段もありません。この「書く」という手段は、自分がその後の大学時代にカウンセリングを1年間受けて、ようやく身に付けた表現方法ですからね。ちなみにこの「書く」を詳しく書きますと、「自分の気持ちを安心して素直に書く」という事です。勉強の時の「書く」とは全く別の種類の「書く」です。このように自分はこの「暴言事件」の顛末を喋ったり、書いたり出来ず、ただただ一人でモヤモヤモヤモヤ考えていく事しか出来なかったのです。ですから、思考は全て最悪の想定に向かい、その最悪の想定に囚われてしまうのです。自分はその凄まじい恐怖によって甚大な精神的ダメージを受け続け、その痛みにのたうち回る事しか出来ませんでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村