鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ぎっくり腰2日目(2007年3月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 ぎっくり腰で動けない(2007年3月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分がぎっくり腰を発症し、その激烈な痛みの中、なんとか寝付いたという話でした。さて翌日、自分は昼の1時頃に起きたように思います。目が覚めた後、意識を腰の方に移動させてみると、相変わらず腰の痛みは酷い状態でした。試しにベッドを出て椅子に座ってみますが、とてもじゃ無いけど座っていられません。自分は仕方なくベッドに戻り、そこから5〜6時間ベッドの中で横たわっていた記憶です。再び芸人さんのラジオを聞きながら、ひたすら横になっていました。夜8時頃自分は悶絶しながらトイレに行きました。そして、その帰りに試しに再び椅子に座ってみたのです。すると、相変わらず凄まじく痛いのですが、昼間に座った時よりはほんの少し和らいでおり、なんとかこのまま座っていられそうな感じでした。ただし、背もたれに寄りかかる事は出来ません。背もたれに寄り掛かろうとした途端、激烈な痛みが自分を襲ってくるのです。そう、自分がベッドから出ている時は、身体を垂直に立てている状態が1番痛みが少ない状態でした。ただし少ないと言ってもそれでもかなりの痛みはありました。そして、身体が少しでも傾き、腰が垂直で無くなってしまった途端に激烈な痛みが自分の腰を襲ってくる、と。そう、以前の記事の中で自分はぎっくり腰の痛みをこのように表現していました。


『まるで腰の骨(主に尾てい骨あたり)がすごく薄いガラスに変わってしまったようで、少しでも腰が曲がると、その薄いガラスが「バリバリバリバリ!!!」と割れ、その破片が一気に腰に突き刺さってくるようなイメージです』
(腰の激烈な痛みはぎっくり腰(2007年3月・31歳))


ですから、身体の角度が少しでも垂直からズレた途端に、ガラスになってしまった腰が「バリバリバリバリ!!!」と割れ、その破片が一気に腰に突き刺さってくるような感じです。ですから、椅子に座っている時も背もたれに寄りかかる事なんて出来ません。それが出来る様になったのは、発症してから3〜4日後でしたね。



さて、そのような感じで凄まじく痛い状況ながら、なんとか椅子には座っていられる状態になりました。自分は少しホッとしました。ただし、身体は垂直にしていなければなりませんし、垂直にしていたってかなり腰は痛いですから、TVやラジオを鑑賞する気にはなれなかった記憶です。と、ここで自分はお腹が減っている事に気付きました。そう、昨日は丸一日食べていませんでしたからね。ただし、現在の自分は椅子に座っているだけでもかなりの痛みに襲われている状態です。この状態で1階に降りて行き、食事の準備をするのは、かなり過酷な作業になるのは目に見えていました。自分は迷いました。食事を取るか、ベッドに戻るか。自分は普段から食欲が超不安定で週に2〜3回は食欲が全く無い日がありました。ですから、食事を取らない事には慣れていましたから、食べないという選択肢も全然ありだったのです。ただし、この時の自分は食べないとぎっくり腰の回復が遅くなるような気がしたんですよ。そう、身体にエネルギーを入れないと、いつまで経っても痛みが引かないと思ったんですね。そこで、自分は意を決して食事を取る事にしたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村