鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部に入った目的をなんとか思い出していく(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学で空手部に入った目的をなかなか思い出せない(過去編・1998年3月・22歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が大学空手部に入った目的をなかなか思い出せなかった、という話でした。そう、自分は大学空手部の3年間を総括しようとしていました。その為には、「空手部に入ったそもそもの目的」を思い出さなければなりません。それはちょうど3年前に自分が大学に入学し、空手部に入部した時の気持ちです。しかし、当時の自分の記憶は超カオス状態に陥っていました。それまでの22年間分の全ての記憶がぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに混ざり合い、思い出す為の手がかりがまるでありません。故に3年前の記憶にも関わらず、その時の記憶を思い出す事が出来なかったのです。「そもそもそんな目的ってあったっけ???」レベルで思い出せません。



そこで自分は一旦3年前の目的を思い出す事を諦め、幼い頃からの「身体」や「運動」にまつわる記憶をうすらぼんやりとした中から思い出そうとしました。そう、「身体」や「運動」に関する記憶に、何か空手部に入った目的に関する手がかりがあるかもしれません。すると、「自分が幼い頃から喘息に苦しんでいた事」や「中学、高校と吹奏楽部に入っていた事」をぼんやりと思い出し始めたのです。そこでふと思ったんですね。


「あれ??自分は幼い頃から喘息に苦しみ続け、極力運動は避け続けてきた。だから中学、高校は吹奏楽部だったのに、何故に急に大学で空手部に入ったのだろう???」


そこでようやく自分が大学で空手部に入った時の気持ちが浮かんできたのです。



「もしかして、自分が大学で空手部に入った目的って『自分を変える為』じゃなかったっけ????」



しかし、この「自分を変える為」という記憶はホントにうすらぼんやりとしていて、微かな記憶のノイズみたいになっていた記憶です。思い出してはみたものの、半信半疑くらいの感じでしたね。さらに自分は高校3年生の時の自分の気持ちをうすらぼんやりと思い出していきます。



「そういえば高校3年生の時の自分は、自分の高校生活をとても虚しく悲しく感じていた、、、」



さらに自分は考えます。



「そうか、、、。大学で空手部に入部した時の自分は、高校時代の虚しい思いを2度と繰り返したくないと思い、『自分を変える為に』空手部に入ったのか、、、、」



ここまで思考が進むと空手部に入った目的が『自分を変える為』だった可能性が、けっこう高くなっている感じがしました。確率にして75%くらい。そこで自分はこう思いました。


「どうやら自分が大学で空手部に入った目的は、『自分を変える為』だったっぽいな、、、」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村