鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ゲーム依存の代償(過去編・1989年・13歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 中学入学と同時にゲームボーイ依存(過去編・1989年・13歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が「A先生怒られ事件」から半年後にゲームの世界に現実逃避し始めた、という話でした。「A先生怒られ事件」とは、自分が小学校6年生の夏に起こった事件です。この事件を端的に書きますと、自分は私立中学受験に向けて1年半勉強を頑張ったのですが、超絶に良い成績を取った直後、とある先生から怒鳴られてしまいました。その後自分は怒鳴られた恐怖で塾に通えなくなり、私立中学に全て落ちる事に。これにより、自分の中には「虚無感」が発生し、「親の金を盗んでゲーセン」、「万引き」、「無断外泊」が頻発した、という事件になります。この事件の概要はこちらの記事に書いてあります。




そして、自分はこの「A先生怒られ事件」によってかなりの虚無感を発生させていました。加えて、そもそも事件前からすでに心を病んだ状態だったのです。「A先生怒られ事件」後の自分のメンタルヘルスは以下の通りになります。




「小学校6年生の自分(『A先生怒られ事件』以降)が感じていたポジティブな感情」


①小学校の勉強が得意


「小学校6年生の自分(『A先生怒られ事件』以降)が感じていたネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



う〜ん、酷い。「A先生怒られ事件」後の自分は現実世界の何もかもが虚しく、何もかもが物悲しい状態になっていました。それにより何もかもがどうでも良くなり、以下の問題行動が続いたのです。


①親の金を盗んでゲーセン


②本屋で万引き


③親に何も伝えず無断外泊



この①、③にありますように、自分にとって特に親の存在はホントにどうでも良い存在になっていました。うちの両親は自分が幼い頃から自分に対してひたすら無関心でしたから、それへの反抗みたいな部分もあったように思います。そう、うちの両親は自分が幼い頃から自分に無関心でしたし、小学校3年生以降はさらにその度合いが急激に悪化した上、夫婦仲まで急激に悪化していました。自分は戦争状態の中で育ったようなものです。そして、両親や周りの大人達が自分の事を全く見てくれないものですから、承認欲求を満たす為に、中学受験の塾に入りました。得意の勉強で先生に褒めて貰おうと思ったのです。しかし、その1年半後「A先生怒られ事件」が起こり、自分は天国から地獄に叩きつけられたのでした。




「A先生怒られ事件」後、自分の心の中にはかなりの虚無感が発生しました。自分は塾の先生に褒めて貰いたくて1年半一生懸命勉強したのですが、それは最悪の結末を迎えてしまったからです。あれはかなりの虚しさでした。そして、上記の問題行動が半年間続いた後、自分は中学生になりました。




前回の記事にも書きましたが、自分が中学1年生を迎えたと同時に携帯ゲーム機「ゲームボーイ」が発売されたというのは、ホント不思議な巡り合わせだな、という感じがします。まるで自分を「ゲーム依存症」にさせる為の罠が仕掛けられていたかのようなタイミングですからね。「A先生怒られ事件」からはまだ半年しか経っておらず、事件による「虚無感」がまだまだ生々しく残っている時期に、超自分好みの現実逃避グッズが発売されたのです。そりゃ、現実逃避するってものですよ。ゲームボーイをやっている時の自分の頭の中はゲーム自体の面白さに加えて、現実逃避による陶酔感みたいなものがかなり発生していた記憶です。あれはヤバいくらいの気持ち良さでした。




そして、自分はここから3年間ほどゲームボーイにハマりまくりました。しかし、その代償は高くつく事になったのです。まず、視力ががっつり下がりました。ゲームボーイをやる時って机に座って、目から20cmくらいの所にあるゲーム画面を凝視し続けます。それを多い日には1日5〜6時間ぶっ続けですからね。現代で言う所の、スマホを見る時のような距離感で5〜6時間ぶっ続けです。そりゃ視力が落ちるってモノです。もはや眼鏡では矯正出来ず、コンタクトレンズでないと矯正出来ない程視力が下がってしまいました。




また、右目に異常が起こり、「円錐角膜」という角膜が尖っていく病気も発病してしまいました。これもたぶんゲーム依存の影響だと思います。そして、背中の疲労感もさらに悪化です。自分はただでさえ幼い頃からの喘息のせいで、背中に慢性的な疲労感を発生させていました。その疲労感も長時間のゲームボーイにより、さらに悪化してしまったのです。それはもはや疲労感という名の「痛み」に変化していました。自分はその痛みを我慢してゲームボーイをやり続けていましたね。




あの3年間の自分は、まるでゲームボーイの世界の住人になったかのような気分でした。だって現実世界より、ゲームボーイの世界の方が100倍居心地が良いのです。この世界にいれば、承認欲求は満たされますし、自分の成長を実感する事も出来ます。達成感も味わえますし、普段味わえないような非日常体験も味わえるのですからね。もはや自分にとってはこちらの世界の方が現実世界のようなものでした。しかし、その現実逃避の代償は大きく、視力は大幅に下がり、円錐角膜を発症。さらに「背中の慢性的な疲労感」は、「背中の慢性的な痛み」に悪化していったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村