鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

家庭内で日常的な会話が皆無なので、非日常的な辛さを誰にも喋れない(過去編・1989年・13歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 「自己紹介事件」を誰にも喋れない(過去編・1989年・13歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が中学校に入学した時に起こった「自己紹介事件」についてまとめてみました。事件の概要ですが、自分は中学に入学後、吹奏楽部に入部しました。そして、新入生が自己紹介する時間があったのですが、そこで自分はウケ狙いで先輩を揶揄するような事を言ってしまって、大滑り。大滑りした事もショックでしたし、先輩達が自分の事を「生意気な奴」と認識し、最悪いじめられる危険性もあるように感じました。もう自分の頭の中は最悪の想像でいっぱいになり、その日の帰り道は目に写る風景が灰色に見えたのでした。(事件の詳細はこちらの記事に書いてあります。〜中学吹奏楽部におけるやらかしエピソード②〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑨)



そして、自分はこの事件についても誰にも相談する事が出来ませんでした。ここら辺は半年前に起こった「A先生怒られ事件」と同様です。自分の周りには「安心して素直に」喋れる大人や友達は皆無でしたからね。また、例えそのような人間がいたとしても、自分はこの事件の顛末や精神的ショックを全然上手く喋れなかったと思います。何故なら、自分は幼い頃より自己表現を全くしてきていません。自分は幼い頃より家庭内で日々の出来事や感情を全く表現しないまま育ってきましたから、自己表現能力が全く育っていません。そう、自分は日常的な出来事さえ家庭内で全く喋ってきていませんから、この事件のような非日常的な出来事なんて到底喋れるはずがありませんでした。




このように自分は自己紹介事件を誰にも喋る事が出来ませんでした。よって、この事件によって発生した「やらかした感」や「恐怖感」は全く消化されないまま、記憶の海の底に沈んでいく事となったのです。これにより、自分は事件の精神的ショックを一人で抱え込む事になり、「孤独感」も発生する事となりました。では、ここで前回の記事でまとめた「『自己紹介事件』後の自分のメンタル状態」を貼りたいと思います。


「中学時代(『自己紹介事件』後)のポジティブな感情」


①学校の勉強が得意


「中学時代(『自己紹介事件』後)のネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の夏に起こった「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学入学時の「先輩揶揄事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感



(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)




う〜ん、しんどい。この「自己紹介事件」は自分が中学に入学した時に起こった事件ですが、その半年前には「A先生怒られ事件」が起こったばかりです。半年間隔で立て続けに大きな精神的ショックが続いてしまいました。自分は「A先生怒られ事件」によってかなりの虚無感を感じましたが、さらにこの「自己紹介事件」でも現実が嫌になったと思います。




そして、この「自己紹介事件」とゲームボーイの発売がほぼ同時期なんですよ。そして、以前の記事で自分がゲームボーイ発売と同時にゲームボーイの世界に現実逃避した話をさせて貰いました。その大きな原因としては、「A先生怒られ事件」があるのですが、当然この「自己紹介事件」も原因の一つに入ります。そう、「A先生怒られ事件」によって自分は現実世界の何もかもが虚しくなり、何もかもが虚しくなりました。そして、半年後の「自己紹介事件」によって、さらにその虚しさは大きくなったのです。こうなってしまうと、ますますゲームボーイの世界に現実逃避するってモノです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村