鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ゲーム依存の責任はゲームではなく、家庭環境(過去編・1989年・13歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「親の金を総額いくら盗んだのか計算してみる(過去編・1989年・13歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、「A先生怒られ事件」と「自己紹介事件」により自分の心がどんどん荒んでいった、という話でした。「A先生怒られ事件」が起こったのは小学校6年生の夏で、「自己紹介事件」が起こったのは中学校入学直後です。「A先生怒られ事件」の概要はこちらになります。そして、「自己紹介事件」の概要はこちらです。「A先生怒られ事件」後、自分は現実世界の何もかもが虚しく、何もかもが物悲しくなっていました。さらにその半年後、「自己紹介事件」が起こりました。自分はますます現実世界が虚しくなっていきました。「自己紹介事件」後の自分のメンタルは以下の通りです。



「中学時代(『自己紹介事件』後)のポジティブな感情」



①学校の勉強が得意



「中学時代(『自己紹介事件』後)のネガティブな感情」



❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



う〜ん、病んでますね。「A先生怒られ事件」後の自分のメンタルを数値化しますと「マイナス8」というかんじですが、「自己紹介事件」後は「マイナス10」といった感じです。そして、「自己紹介事件」が起きた時期に携帯ゲーム機「ゲームボーイ」が発売されました。これはホントタイミングが凄かったですね。自分の心がさらに病んだ時期に、絶好の現実逃避アイテムが発売されてしまったのです。当時の自分がこれにハマらない訳がありません。自分がゲームボーイにハマった理由は以下の4つになります。



①自分の部屋で時間無制限でプレイできる。
(ゲームボーイプレイ時)


②現実世界では全く味わえない「自分が成長している実感」が味わえる。


③現実世界では全く満たされない「自己承認欲求」が満たされる。


④現実世界では全く味わえない「達成感」が味わえる。


自分は学校のある日は1日3〜4時間、休みの日は1日5〜6時間ゲームボーイをしていました。夏休みや冬休みになると、もうなんか自分がゲームボーイの世界の住人になってしまったかのようでしたね。現実逃避の為にやるゲームの楽しさは格別で、脳内が甘美な陶酔感に溢れていた記憶があります。だって、ゲームの世界では、現実世界ではまるで味わえない「自分が成長している実感」「自己承認」「達成感」が心ゆくまで得られるのです。こんなに素晴らしい世界はありません。考えてみると、自分の人生の中で一番幸せだった時期はあの3年間だったかもしれません。




ちなみに自分は中学時代ゲームボーイをやりまくっていましたが、その事を喋れる友達は一人もいませんでした。自分はゲームの何が面白いのかを全くお喋り出来ませんでしたから、その面白さを誰とも共有出来なかったのです。ゲームを「コミュニケーションツール」としてではなく、「現実逃避の為のアイテム」としか、使えなかったという事ですね。




ですから、自分は自分のゲーム依存についてゲームに責任があるとは全く思っていません。先程書いたメンタルヘルスの❶は以下の通りですが、


「中学時代(『自己紹介事件』後)のネガティブな感情」



❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ




自分の場合、自分に起きる全てのネガティヴ事象の根源は❶に集約されているという感じです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村