鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「挫折感」+「孤独感」=「虚無感」(過去編・1989年・13歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「万引きなどの問題行動が止まった理由(過去編・1989年・13歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も、自分の中学時代のゲーム依存について考えてみました。前回の記事の最後の考察は我ながら良い考察だったと思います。その考察とは「中学に入って以降ピタッと万引きなどの問題行動が止まった理由は、ゲームの世界に現実逃避してしまったから」です。今回の記事もこの考察を改めて考えてみたいと思います。自分は小学校6年生の夏に起こった「A先生怒られ事件」によって、心の中にかなりの虚無感を発生させてしまいました。(「A先生怒られ事件」の概要はこちらです。)この事件によって自分は現実世界の何もかもが虚しく、現実世界の何もかもが物悲しくなってしまったのです。事件後の自分のメンタルヘルスは以下の通りになります。



「小学校6年生の自分(『A先生怒られ事件』以降)が感じていたポジティブな感情」


①小学校の勉強が得意


「小学校6年生の自分(『A先生怒られ事件』以降)が感じていたポジティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



事件後の自分のメンタルヘルスは上記のように心を病んでいる状況でした。これにより以下の問題行動が続いたのです。



①親の金を盗んでゲーセン


②本屋で万引き


③親に何も伝えず無断外泊


自分は、もはや何もかもがどうでも良くなっていましたし、特に両親に対してその気持ちが強くなっていました。両親は自分が幼い頃から自分に対してひたすら無関心であり続けたからです。そして、自分も幼い頃から両親に対して自己表現する事を諦め切っていました。ですから、自分は親のお金を盗む事になんの罪悪感もありませんでしたし、無断外泊も当て付け的にやった部分もありました。自分はこのように「A先生怒られ事件」の後、半年間に渡って上記の問題行動を続けていたのです。



ところが、事件から半年が過ぎ、自分が中学に進学すると、上記の問題行動はぴたっと止まる事になりました。その理由はちょうどこの頃に携帯ゲーム機「ゲームボーイ」が発売したからです。自分は以前からファミコンにハマっていましたが、その比ではない程ゲームボーイにハマりました。何故なら、ファミコンは家のTVを使ってゲームしますから、TVがあるリビングでしかプレイできず、必然的に親の目がありました。ですから、最大でプレイできても2時間です。しかし、ゲームボーイは違います。携帯ゲーム機ですから、自分の部屋でプレイ出来てしまうのです。もはや親の目を気にする事なく、時間無制限でプレイできてしまいます。これは当時の自分にとって革命的な進化でした。自分は休みの日には1日5〜6時間ゲームボーイをしていたと思います。



そう、先程も書きました通り、中学時代の自分はメンタルを病んでいました。ですから、以下の3つの理由で「現実世界」より「ゲームの世界」の方が100倍居心地の良いものだったのです。



「ゲームの世界に現実逃避した理由」



①現実世界では全く味わえない「自分が成長している実感」が味わえる。


②現実世界では全く満たされない「自己承認欲求」が満たされる。


③現実世界では全く味わえない「達成感」が味わえる。



う〜ん、そりゃ現実逃避しますね。遡る事半年前、自分は「A先生怒られ事件」によってかなりの挫折感を味わいました。また、それらを誰にも喋る事が出来ないでいたのです。自分の周りには自分が「安心して素直に」喋れる大人や友達が、皆無でした。これにより、その挫折感は全く消化される事なく、記憶の海の底に沈んでいく事となりました。ですから、自分は「挫折感」をいつまで経っても一人で抱え込まなければならず、「孤独感」もかなり発生していました。そして、「挫折感」と「孤独感」が混ざり合い、「虚無感」となっていたのです。



事件後の自分は「虚無感」に襲われ続け、何もかもがどうでも良くなり、事件後上記の問題行動が続きました。しかし、事件から半年後、自分が中学に進学すると上記の問題行動はピタッと止まりました。それは、ゲームボーイが発売され、自分がそちらの世界に現実逃避出来る様になったからです。つまり、自分はゲームボーイの世界に現実逃避したので、現実世界で問題行動を起こさなくなった、という事になります。




この現実逃避は中学校の3年間続きました。自分は3年間ゲームボーイの世界に現実逃避し続けたのです。その現実逃避の代償は高くつきました。長時間のゲームボーイによって、自分の視力は眼鏡では矯正不能な程に大幅に下がり、円錐角膜を発症。さらに幼い頃から続く「背中の慢性的な疲労感」は、「背中の慢性的な痛み」に悪化していったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村