鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

中学入学と同時にゲームボーイ依存(過去編・1989年・13歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 「A先生怒られ事件」によってメンタルヘルスがさらに悪化(過去編・1988年・12歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、「A先生怒られ事件」が小学校6年生の自分にどのような影響を与えたのか、考えてみました。この事件を端的に書きますと、自分は私立中学受験に向けて1年半勉強を頑張ったのですが、超絶に良い成績を取った直後、とある先生から怒鳴られてしまいました。その後自分は怒鳴られた恐怖で塾に通えなくなり、私立中学に全て落ちる事に。これにより、自分の中には「虚無感」が発生し、「親の金を盗んでゲーセン」、「万引き」、「無断外泊」が頻発した、という事件になります。この事件の概要はこちらの記事に書いてあります。この事件によって、自分のメンタルヘルスはさらに悪化した印象です。事件後の自分のメンタル状況は以下の通りになります。



「小学校6年生の自分(『A先生怒られ事件』以降)が感じていたポジティブな感情」


①小学校の勉強が得意



「小学校6年生の自分(『A先生怒られ事件』以降)が感じていたネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



そして、①のポジティブな感情と❶〜❺のネガティブな感情を差し引きしますと、「マイナス8」って感じです。小学校3年生時点でのメンタル数値が「マイナス5」でしたから、さらに「マイナス3」病んだ、という事になります。自分は小学校3年生で「離人症」を発症しており、この時点ですでに心が病んだ状態でした。これが「A先生怒られ事件」によってさらに悪化した、という事になります。う〜ん、酷い。



さて、このように自分は「A先生怒られ事件」によってさらに心が病んでいきました。この事件が起きたのが小学校6年生の夏です。事件後の自分はかなりの虚無感を感じながら日々を過ごしていました。上記の問題行動も頻発です。そして、自分が中学生になる頃、我が家は引っ越しをしました。自分は新しい地域で中学生活をスタートする事となったのです。



今調べてみてびっくりしたのですが、自分が新しい地域で中学生活をスタートさせたのが1989年4月1日になります。そして、なんとこの日にゲーム機「ゲームボーイ」が発売されているのです。ゲームボーイといえば、任天堂が発売した書いた携帯ゲーム機でして、中学生の自分がハマりまくったゲーム機です。あれは今で言う所の「ゲーム依存症」だったと思います。その因縁のゲーム機の発売日と中学生活のスタート日が一緒だったとは驚きです。




なるほど、という事は自分は中学生になったと同時にゲームボーイにハマり始めたという事になります。たぶん自分は発売日にゲームボーイを買ったはずです。自分は事前にこのゲームボーイ発売を知っていましたし、かなり期待していましたからね。自分の部屋でゲームが楽しめるなんて夢のような話でした。自分が発売日に一緒に買ったソフトは、「スーパーマリオランド」です。そして、ここからゲーム漬けの日々が始まりまったのでした。



懐かしのゲームボーイ
f:id:sarvage99:20211011043459j:plain


スーパーマリオランド
f:id:sarvage99:20211011043653j:plain



昔はこの白黒の画面でも十分楽しめました。
f:id:sarvage99:20211011043657j:plain



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村