鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

迫害感とビクビク感(過去編・1991年・15歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「歓迎会逃亡事件における被害妄想(過去編・1991年・15歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」についての話でした。自分は高校入学後、吹奏楽部に入部したのですが、そこで所属したサックスパートの先輩達6人が我々新入生2人の為に歓迎会を開いてくれました。しかし、自分は先輩達の会話に入る事が出来ません。今から考えるとそれは仕方のない所もあったと思います。まだ部活に入りたての自分が先輩達の会話に入っていけるはずがありません。それならそれで先輩達の話をニコニコ聞いてれば良かったのだと思います。ところが当時の自分は違いました。自分の心の中で「会話に入れない自分の事を先輩達が嘲笑している」という被害妄想がどんどん湧き出てきたのです。その妄想はどんどん広がっていき、その精神的苦痛は耐え難いものになっていきました。そして、歓迎会開始から30〜40分後、自分は嘘を言って歓迎会から逃げ出したのでした。




この時発生した「被害妄想的な嘲笑感」、これは当時の自分の心が病んでいた事を示していると思います。そう、自分は幼い頃から「自分に対する自信」をどんどんエグられていく人生を送ってきていました。原因は家庭環境の悪化にあります。それにより、自分は家庭内において「自分という存在」がどんどん不安定になっていくのを感じました。自分という存在の「底」がとても不安定でグラついていて、いつその底が抜けるか分からない、そんな不安定感です。




そして、その不安定感は中学生の頃から「自分という存在は、不特定多数の人間から見下され、脅かされている」という「被害妄想」に変化していった記憶です。これは「自分という存在は、いつ他人から見下され、迫害されてもおかしくない、そんなとても不安定な存在なのだ」という感覚です。実際に自分は中学校3年生の頃にクラス内で、からかいの標的になってもおかしくない境遇にもいました。これによりそのような「迫害感」や「ビクビク感」はさらに大きくなっていった印象です。




そして、高校入学時の新入生歓迎会において、その「迫害感」や「ビクビク感」が爆発した、という感じです。それにしてもこの状況での「迫害感」や「ビクビク感」は異常過ぎます。だってこの歓迎会は先輩達が我々新入生2人の為に開いてくれた会ですからね。そこには「悪意」や「からかい」など一欠片もあるはずがなく、逆に「善意」や「好意」が溢れている会だったのです。そう、中学校3年生の時のクラスでの境遇とは訳が違います。




しかし、そんな状況にも関わらず、自分は「迫害感」や「ビクビク感」を爆発させ、その場から逃げ出してきたのです。この時自分が感じていた「迫害感」や「ビクビク感」は完全に「無根拠」なんですよ。根拠も何もないまさに「被害妄想」。ホント病んでます。先輩達も自分が急に帰ってしまい訳が分からなかった事でしょう。




そして、この「歓迎会逃亡事件」から5ヶ月後、自分は吹奏楽部で「暴言事件」を起こす事になります。それによりいよいよ鬱を本格発症させる事になるのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村