鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

被害妄想による「ビクビク」「オドオド」な高校生活(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「被害妄想が事件を引き起こすパターンと、事件後被害妄想が酷くなっていくパターン(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校2年生の時に起こした「ホルンパートでの自己紹介事件」についての話でした。この事件を端的に書きますと、自分は高校2年生に進級し吹奏楽部で新しく後輩3人を迎える事になりました。そして、彼女達との自己紹介の際に、自分の中に「被害妄想的な嘲笑感」が発生し、傍にあった机を思い切り蹴っ飛ばしてしまった、という事件になります。



もう少し説明させて貰いますと、自分はその自己紹介の流れの中で、女の子達3人が笑ったのを見て、「自分が馬鹿にされた!!」と感じてしまったのです。そして、「舐められてたまるか!!」という衝動が湧き上がり、傍の机を思い切り蹴っ飛ばしてしまった。ホントあれは「被害妄想的な嘲笑感」が原因の衝動でした。とにかく当時の自分は「自分という存在に対する自信」失いまくっていたのです。それにより「自分という存在はいつ他人から馬鹿にされてもおかしくない存在だ」、という感覚がありました。自分自身が「自分という存在」をかなり低く評価していますから、他人もそう評価してもおかしく無いように思えていたのです。




この感覚により、自分は高校生活をかなり「ビクビク」「オドオド」しながら送っていた記憶です。特に、高校時代の「暴言事件」と「寄せ書き事件」以降の自分はその傾向が特に強まったと思います。何せ自分はあの事件でさらに「自分に対する自信」を大きく失ってしまいましたからね。



ではここで、自分が幼い頃からどのようにして「自分という存在に対する自信」を失っていったのか、フローチャートで示したいと思います。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。(この数値をメンタル数値と呼んでいます)



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(概要はこちら)



上記のチャートの最初の方有りますように、自分の中の「自分に対する自信」は、まずは家庭環境が原因で失われていきました。自分は家庭内においてとても不安定な存在でしたから、「自分に対する自信」を失うばかりだったのです。そして、小学校6年生の時に起こった「A先生怒鳴られ事件」、この事件によって自分はさらに「自分に対する自信」を失いました。この時のメンタル数値は「マイナス8」です。ここで自分は被害妄想を発症しました。



そして、高校に入ると「自分に対する自信」はさらに大きく失われていきました。先程も書きましたように、「暴言事件」と「寄せ書き事件」によって、自分は甚大な精神的ダメージを2回受ける事となったからです。これによりメンタル数値は「マイナス21」まで落ちました。これによって「被害妄想」もさらに悪化し、自分は高校生活をかなり「ビクビク」「オドオド」しながら過ごす事となったのです。



ですから、ホルンパートに後輩3人を迎えた時も、自分はかなり「ビクビク」「オドオド」していたのです。しかし、先輩という立場ですから、それを表に出す事は出来ません。自分は後輩3人を前にして、かなり不安定な精神状態にありました。例えるなら、「自分という存在」が立っている地面が、震度7くらいで滅茶苦茶に揺れている感覚です。そして、その中で自分は掴まったり支えたりするものを見つけられず、ただただ地震の揺れのなすがままになっているしかないのです。あれは圧倒的な不安感でした。




自分はそんな圧倒的な不安感の中で後輩の女の子3人を迎え、自己紹介を始めました。そして、女の子達3人がふとした事で笑いました。その笑いは、かなり「ビクビク」「オドオド」している自分にとって、「自分を馬鹿にしているような笑い」に見えてしまったのです。う〜ん、病んでます。そして、自分は「馬鹿にされてたまるか!!」とブチ切れ、傍にあった机を思い切り蹴っ飛ばしてしまったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村