鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「被害妄想的な嘲笑感」が発生した要因(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「被害妄想による「ビクビク」「オドオド」な高校生活(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校2年生の時に起こった「ホルンパートでの自己紹介事件」についての話でした。この事件がどのようなものだったのか、前回の記事から引用したいと思います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



この事件を端的書きますと、自分は高校2年生に進級し、吹奏楽部で新しく後輩3人を迎える事になりました。そして、彼女達との自己紹介の際に、自分の中に「被害妄想的な嘲笑感」が発生し、傍にあった机を蹴っ飛ばしてしまった、という事件になります。



もう少し説明させて貰いますと、自分はその自己紹介の流れの中で、女の子達3人が笑ったのを見て、「自分が馬鹿にされた!!」と感じてしまったのです。そして、「舐められてたまるか!!」という衝動が湧き上がり、机を蹴っ飛ばしてしまった。ホントあれは「被害妄想的な嘲笑感」が原因の衝動でした。とにかく当時の自分は「自分という存在に対する自信」失いまくっていたのです。それにより「自分という存在はいつ他人から馬鹿にされてもおかしくない存在だ」、という感覚がありました。自分自身が「自分という存在」をかなり低く評価していますから、他人もそう評価してもおかしく無いように思えていたのです。この感覚により、自分は高校生活をかなり「ビクビク」「オドオド」しながら送っていた記憶です。特に、高校時代の「暴言事件」と「寄せ書き事件」以降の自分はその傾向が特に強まったと思います。何せ自分はあの事件でさらに「自分に対する自信」を大きく失ってしまいましたからね。


コピペ終わり



このように自分は後輩の女の子と自己紹介をしている際に「被害妄想的な嘲笑感」を発生させ、衝動的に傍にあった机を蹴飛ばしてしまいました。そう、高校時代の自分はかなり「ビクビク」「オドオド」しながら高校生活を送っていました。自分は幼い頃から家庭環境や様々な事件が原因で「自分に対する自信」をかなりエグられ続けていました。そのうちに「自分という人間がいつ他人から馬鹿にされてもおかしくない」という不安感を感じ始めていたのです。そう、「自分という人間がいつ他人から無根拠に貶められてもおかしくないような」そんな不安感です。自分自身が自分という人間の価値をかなり低く見ていますから、他人もそう感じるに違いない、という感じてしまうのです。ですから、自分は後輩達と自己紹介をしている際に、彼女達が笑ったのを見て、急激に不安になったのです。「もしかして、自分の事を嘲笑しているのでは??」、と。そして、衝動的に側にあった机を蹴っ飛ばしてしまった。



この時の衝動の原因としてもう一つ考えられる事があります。それは中学での吹奏楽部における後輩の女の子との関係性です。以前の記事でもお話しました通り、自分はそこで直属の後輩のKさんと1年以上に渡って全くコミュニケーションが取れず、彼女と冷戦状態に陥った経験を持っていました。Kさんとの冷戦状態が続いた1年間は、自分にとってもかなりの緊張感が続く1年間でもありました。そして、最後のコンサートが行われた際、彼女は本番中に泣き出してしまったのです。その涙の理由は全く分かりませんでしたが、当時の自分は「もしかしたら自分が泣かしてしまったのかもしれない」との罪悪感を感じた記憶です。



自分はこのように過去に後輩の女の子とのコミュニケーションで苦い経験を持っていました。ですから、このホルンパートでの自己紹介の際にも、この苦い経験を思い出していたと思います。ホルンパートで新しく入ってきた後輩は女の子でしたし、さらに女の子が3人もいましたからね。自分は中学時代に1人の女の子の後輩とのコミュニケーションすら無理ゲーだったのです。それが今回は3人に増えてしまいました。自分の心の中はその事への無意識的な不安感もかなりあった記憶です。その無意識的な不安感を言語化するとこんな感じです。


「おいおいおい、中学の時に1人の女の子の後輩とのコミュニケーションすら無理ゲーだったのに、今回は女の子の後輩が3人って無理ゲーにも程があるだろ。」


そう、自分の心の中にはその不安感もかなりあった記憶です。今後、中学時代と同様に自分が後輩の女の子達と全くコミュニケーションが取れない事態もあるやもしれません。そうなると自分は中学時代より厳しい状況に追い込まれる事が予想出来ました。何故なら、中学時代は後輩の女の子が1人だけでしたが、高校時代のホルンパートは女の子が3人もいるのです。この女の子達と全くコミュニケーションが取れないとなると自分は1vs3の状況に陥ってしまいます。これは本当に辛い立場になる事が予想出来ました。



自分はこの先のそういう想定も含めてかなり不安定な精神状態に追い込まれていた記憶です。まとめますとホルンパートでの自己紹介の際、自分は以下の2つの理由で、かなり不安定な精神状態に陥っていました。



・「暴言事件」「寄せ書き事件」などの事件が原因で、かなり「ビクビク」「オドオド」な精神状態で高校生活を送っていた。


・中学時代に後輩の女の子と全くコミュニケーションが取れなかった苦い経験を持っていた。

ですから、自分は自己紹介の時間に女の子達が笑ったのを見て、そこに「被害妄想的な嘲笑感」を感じてしまったのです。そして、衝動的に傍にあった机を蹴っ飛ばしてしまったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村