鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

自分に対する自信を失えば失う程、被害妄想が悪化(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「被害妄想からの逆ギレ(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校2年生の時にまたやらかしてしまった、という話でした。自分は高校2年生に進級すると同時に、吹奏楽部内でサックスパートからホルンパートに移る事になりました。そして、そこで1年生の後輩が3人出来たのですが、その自己紹介の場面でまたやらかしてしまったのです。その時のシチュエーションですが、自分が教室でホルンを吹いていますと、後輩の女の子達3人がホルン志望だという事で入ってきまして、そこで自己紹介をする事になったのです。



自分は女の子達が入ってきた時点ですごく嫌な予感がしていた記憶です。ただでさえ自分は鬱が原因の肉体的苦痛で意識朦朧としていましたし、加えて異性の後輩とのコミュニケーションが絶望的な程不可能な状態でした。とにかく自分の気持ちは滅茶苦茶不安定で、全てが不安で不安で仕方ない精神状態でした。なんせ、「寄せ書き事件」の直後ですからね。その不安定さを例えるなら自分が立っている地面が震度7くらいにグラグラに揺れまくっているようなイメージです。しかし、女の子達が入ってきたからには仕方ありません。自分はすごくぎこちない感じでなんとか先輩らしく振る舞おうとしました。そして、とりあえず女の子達を椅子に座らせ、自己紹介を始めたのです。



その後どういう話の流れだったかは忘れてしまいましたが、ふとしたきっかけで後輩の女の子3人が笑ったんですね。たぶんそこには悪意などは何もなく、ホントたわいもない笑いだったと思います。しかし、自分はそれを見て「自分が馬鹿にされた!!」と感じてしまったのです。そう、ここで「被害妄想的な嘲笑感」が発生してしまったのでした。



その直後、自分は「舐められてたまるか!!」って感じでムカついてしまい、傍にあった机を思い切り蹴飛ばしました。女の子達はポカンとしていました。自分が急にキレた理由が訳分からなかったでしょう。自分自身だって訳分かりません。女の子達は内心怯えていたと思います。それで場の空気は一気に凍り付き、その後の事は覚えていないのですが、まぁ重苦しい空気のまま自己紹介は終わっていったのだと思います。



今となってはあの時の後輩の女の子達には申し訳ない気持ちでいっぱいです。そういえば、当時の自分も自己紹介が終わった後「またやってしまった、、」と落ち込んだ記憶です。そう、このように自分の心の中に「被害妄想的な嘲笑感」が発生し、その場の空気ぶち壊してしまうのは、この時が始めてではありません。ちょうど1年前にもサックスパートの新入生歓迎会の最中に「被害妄想的な嘲笑感」が発生し、そこから逃亡してきたのです。



さらに振り返りますと、この「被害妄想」は中学時代からすでに発生していました。自分はその頃にはすでに「自分に対する自信」を完全に失っていましたから、「自分という存在はいつ他人から脅かされてもおかしくない」という感覚を持っていたのです。これはつまり、「いつ自分がいじめの対象になってもおかしくない」という予期不安です。短く言うと「被害妄想的予期不安」ですね。自分は実際にいじめられていた訳ではないのですが、その予期不安を感じ、勝手に怯えまくっていたのです。ですから、中学時代の自分は「被害妄想的予期不安」を常に感じ、クラス内において常に「ビクビク」「オドオド」していたように思います。



そもそも自分は幼い頃から「自分に対する自信」を失っていく人生を送っていました。原因は家庭環境の悪化や様々な事件です。そして、「自分に対する自信」を失っていけばいく程、自分の中で「被害妄想的な嘲笑感」や「被害妄想」や「被害妄想的予感」が酷くなっていった記憶です。ではここで、自分が幼い頃よりどのような流れで「自分に対する自信」を失っていったのか、以前作ったフローチャートを貼りたいと思います。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分に対する自信」を数値化しています。



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8)
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



上記のように「自分に対する自信」は「0」から始まり、家庭環境の悪化や様々な事件によってどんどんマイナスが大きくなっていきました。そして、マイナスが大きくなればなる程、自分の喘息や体調は悪化していきました。加えて、マイナスが大きくなればなる程「被害妄想」も酷くなっていったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村