鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

時間がいくら経っても心の傷が癒えない②(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 時間がいくら経っても心の傷が癒えない(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が小6の頃から感じていた「被害妄想」について考えてみました。自分は幼い頃から家庭環境や様々な事件が原因で心を病んでいく一方の人生を歩んでいました。まずは自分がその様子を表したフローチャートを貼りたいと思います。前回の記事をお読みの方は飛ばして下さい。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。(この数値をメンタル数値と呼んでいます)



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(概要はこちら)


このように自分は家庭環境や様々な事件が原因で「自分に対する自信」をどんどん失っていきました。そして、それと同時に「被害妄想」も酷くなっていったのです。


(コピペ終わり)




このように自分は幼い頃より「自分という存在に対する自信」をどんどん失っていき、小学校6年生の時に起こった「A先生怒鳴られ事件」で被害妄想を発症する事となりました。自分は塾でA先生に怒鳴られてしまい、かなりの精神的ショックを受ける事となりました。そして、自分の周りには信頼できる大人や友達は皆無でしたから、この事件について一人で抱え込むしかありませんでした。これにより「孤独感」も発生です。「孤独感」は先程の精神的ショックと混ざり合い、自分の中に「被害妄想的な予期不安」が発生しました。自分はA先生に怒鳴られた後、こんな予期不安に襲われたのです。


「自分は今回の事でA先生を怒らせてしまった。これによりA先生は今後自分の事を理不尽に目の敵にし、事あるごとに注意されたり、怒鳴られたりするのではないか???」


そう、このA先生は塾で最も厳しく怖い先生として恐れられていました。自分はそんなA先生を怒らせてしまったのです。自分の心の中には上記の「予期不安」がどんどん広がっていき、恐ろしくて仕方なくなってきたのです。



ここで重要なのは、自分は事件後1回もA先生の授業を受けてはいません。そう、自分が事件後に実際にA先生から理不尽な扱いを受けた訳では無いのです。あくまでも自分が想像している「悪い未来予想」に対しての不安なんですね。この「悪い未来予想」を言い換えますと、「被害妄想的な予期不安」です。そして、自分には信頼出来る相談相手が皆無でしたから、この「悪い未来予想」はどんどん膨らんでいき、自分の心の中は恐怖で支配されてしまいました。自分はA先生の授業に出る事が出来なくなってしまいました。



このように自分は「A先生怒鳴られ事件」によって「被害妄想的な予期不安」を発生させ、最終的には塾を辞める事になり、中学受験に失敗する事となりました。そして、前回の記事に書きましたように、事件から半年も経つと段々と自分はこの事件について思い出す事は少なくなっていきました。ただし、だからといって自分がこの事件の事を忘れた訳ではありません。自分はこの事件について誰にも喋る事が出来ませんでしたから、この事件の時系列や背景や人間関係や原因は全く整理整頓されないままでした。同様に自分がこの事件で受けた「精神的ショック」「孤独感」「被害妄想的な予期不安」も全く消化されないままだったのです。つまり、事件から時間が経ってもこの事件は全く整理整頓も消化もされず、「カオス状態」であり続けました。



そして、この「カオス状態」の記憶は、「真空パック状態」でそのまんま保存され、記憶の海の底に沈んでいく事となりました。そのまんまの痛々しさを維持したまま、沈んでいったのです。この状態を言い換えますと、事件で出来た「心の傷」は全く癒えないまま、記憶の海の底に沈んで行く事となった、という事です。そう、事件後に出来た心の傷からはダラダラ血が流れていましたし、ものすごい痛みも発生し続けていました。自分はこの事件を全く言語化出来ませんでしたから、この心の傷は全くかさぶたにはならず、血が流れたまんま記憶の海の底に沈んで行く事となったのです。そして、沈んでいった心の傷は事あるごとに酷い痛みを発生させまました。自分は記憶の海の底にこのような心の傷をどんどん貯めていき、鬱が悪化していったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村