鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

私立中学受験時の被害妄想②(過去編・1988年・12歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「私立中学受験時の被害妄想(過去編・1993年・17歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が小学校6年生の時に起こった「A先生怒られ事件」について考えてみました。今回の記事でも改めて振り返っていきます。この事件を端的に書きますと、小学校5年生の自分は中学受験の塾に通い始め、1年半でかなり良い成績を取る事が出来ました。灘中学を狙う生徒と肩を並べる程です。自分はそこで舞い上がってしまい、塾の授業が始まってからもはしゃぎ続けてしまったのです。そんな自分に対し、塾で一番怖い先生が「やる気のないやつは出て行け!!」と一喝し、自分の頭を黒板消しではたきました。自分はこの一連で甚大な精神的ショックを受けた、という事件になります。



この事件後、自分の頭の中は精神的ショックでいっぱいでした。なにせそれまでの自分は先生に怒られた事はおろか、注意された事さえ無い子供だったのです。それまでの自分は先生に対して過剰な程に従順で、顔色を伺いながら生活していました。そんな自分が怒鳴られ、頭をはたかれてしまったのです。しかもその先生は塾で最も厳しく恐れられていた先生です。加えて、目指していた好成績を取った直後の急転落でしたからね。もうホント事件後の精神的ショックは大きく、それによる脱力感もエグかった記憶です。



そして、例の如く自分はこの事件を誰にも喋る事が出来ませんでした。自分は親の事を1ミリも信頼していましたし、自分の事を放置し続ける親に対してかなり冷めた感情を持っていたからです。また他に信頼できる大人など皆無でしたし、友達も皆無です。よっていつまで経ってもこの事件の時系列や背景や気持ちを整理する事が出来ません。そう、自分はいつまで経っても事件を「客観視」する事が出来ませんでした。いつまで経っても事件を客観視出来ませんから、いつまで経っても事件の精神的ショックは減りません。



すると今度は逆に悪い想像がどんどん膨らんでいったのです。それは、「A先生に怒鳴られた事で、自分はA先生から目を付けられてしまったのではないか?」というものです。そして、その「悪い想像」は「被害妄想的予期不安」に悪化していきました。それは「これから先、自分は事あるごとにA先生から必要以上に厳しくされ、怒鳴られてしまうのではないか??」というものです。



自分の心はこの「被害妄想的予期不安」に囚われ始め、A先生の授業が恐ろしくて仕方なくなっていきました。そして、自分はA先生の授業をサボり始めたのです。そのサボり癖はどんどん広がっていき、最後には全ての授業をサボるようになってしまいました。結局自分は事件後A先生の授業に1回も出る事が出来ませんでしたね。当然成績は急降下。結果中学受験に全て失敗してしまったのでした。



その後の自分は虚無感に苛まれ、「万引き」「親の金を盗む」「無断外泊」といった問題行動が頻発しました。そして、中学入学と共に携帯ゲーム機「ゲームボーイ」が発売。自分はゲームの世界に完全に現実逃避してしまきました。結果自分は中学3年間をゲーム依存状態で過ごす事となったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村