鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「大学空手部時代」は無為どころか全くの逆効果(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「大学空手部時代」がまるで無為であった事を認めざるを得ない②(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が古本屋バイトを辞め、部屋に引きこもる事になった、という話でした(2004年9月・28歳)。ここからの自分の生活は、部屋にひたすら引きこもり、ただただ自分の過去の記憶をノートに書いていくだけです。そこには他人との交流は全くありません。家族との交流も皆無です。外出は月に1回、生活必需品の買い出しのみ。起きている時間の全てはノートを書く事に充てられ、あとの時間はひたすらベッドで横になっていました。自分は指や腕が壊れるのでは無いかと思うほど、ノートにひたすら自分の過去を書き続けました。



話は少し戻りまして、自分が引きこもりになった当初に感じた気持ちについての話になります。前回の記事の続きになります。その際自分は、まず「安堵感」と「嬉しさ」を感じました。そして、3番目に感じたのが「かなりの挫折」です。これは大きかったですね。今回の記事も3番目の気持ちを書いていこうと思います。こうやって自分が引きこもりになってしまったという事は、以下の2つの挫折を意味していました。


①自分のこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった。

②「大学空手部の3年間」もまるで無為であった。


自分は引きこもるにあたって、上記の2つを認めなければなりませんでした。特に②を認める事はホントにキツかった記憶です。何故なら自分は大学空手部の3年間に膨大過ぎるコストをかけてしまいましたから。以下以前の記事の引用になります。


何故なら、空手部時代の自分はその3年間に「膨大な時間」と「膨大なエネルギー」と「膨大な心身の健康」を捧げていました。特に心身の健康に関しては、自分の「生命」そのものを捧げていたと言っても過言ではありません。何故なら、空手部の3年間で自分の鬱は3倍に悪化し、自殺願望を発症したからです。


ですから、大学空手部を引退した直後の自分はこう思わないとやってられなかったのです。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


そう、当時の自分は、自分が大学空手部の3年間で何かポジティブなものを得たと「思い込まない」とやってられなかったのです。以前の記事で書きましたが、当時の自分は「虚構の体力と自信」を捏造して、信じ込まないとやってられなかったのです。



しかし、実際には大学空手部の3年間で体力などこれっぽっちも付いていませんでした。それどころか、あの3年間は逆に鬱が3倍に悪化しただけで終わった3年間だったのです。当時の自分は全く気付いていませんでしたが、空手部の3年間で自分は「鬱の廃人」状態にまで心身を壊していました。(この時代の12個の鬱の諸症状はこちら)ですから、当時の自分は大学空手部引退後、「虚構の体力」を信じ込んで、様々な場所に自分の居場所を探し続けましたが、それらの試みは全て挫折する事となったのです。そりゃそうですよ。だって実際には「鬱の廃人」な訳ですからね。



そして、大学空手部を引退してから6年が経ちました。その間自分はあらゆる場所で挫折し続け、行き場を失い、引きこもる事となったのです。ここまで落ちてようやく自分はこれまで自分を支えていた以下の思いが、全くのでっち上げだった事に気付いたのです。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


そう、空手部引退後の自分は、ただただ「虚構の体力と自信」を信じたがっていました。しかし、あれから6年が経ち全てに挫折して引きこもりになった以上、実際には空手部の3年間で体力と自信が1㎜も付いていなかった事を認めざるを得なくなったのです。それどころか、空手部の3年間でさらに体調をぶっ壊した気配すらありました。



このように自分は古本屋バイトを辞め、引きこもるにあたり、「自分は大学空手部の3年間で全く体力や自信が付いておらず、あの3年間はまるで無為であった」という事を認めざるを得なくなりました。自分が信じてきた体力と自信が「虚構の体力と自信」であった事を認めざるを得なくなったのです。それどころか、空手部の3年間で体調をさらに壊していた気配すらしていました。つまり「無為」どころか、全くの「逆効果」だった可能性すら出てきたのです。



そう、自分が命を削って必死に「死の恐怖」に耐えた空手部の3年間は、「無為」どころか「全くの逆効果」だった可能性すら出てきていました。あの3年間で自分は体力が全く付いていないどころか、入学前よりさらに体力を失った可能性さえ出て来たのです。こうなってくると、自分は余りに当時の自分が愚か過ぎて、そして惨め過ぎて、乾いた笑いしか出てこなかった記憶です。命を削った3年間が全くもって「逆効果」だった訳ですからね。「無為」どころか、「逆効果」だったという訳です。空手部に入らなかった方が、まだ体力を温存出来た事でしょう。



自分は引きこもるにあたり、上記を認めざるを得なくなり、これがホントにキツかった記憶です。しかし、これを認めないと記憶のサルベージを先に進める事は出来ませんでした。もはや引きこもった以上、カッコつけてても仕方ありません。どんなに惨めでもその自分を受け止め続けるしかないのです。そうやって惨めな自分の姿を知る事もまた、「自分を知る」事でありました。そして、それを蓄積させていけば、いづれ以下の疑問の答えが出るであろうと自分は信じていたのです。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村