鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「大学空手部時代」がまるで無為であった事を認めざるを得ない②(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「「大学空手部時代」がまるで無為であった事を認めざるを得ない(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が古本屋バイトを辞めた際の気持ちについて書いてみました。この時の年齢は28歳で、2004年9月の事になります。この時の自分の気持ちですが、前回の記事に書きましたように、まずは「安堵感」と「嬉しさ」がありました。バイトをしている時の自分は、様々な肉体的苦痛と病的(×6倍)な被害妄想の辛さで、のたうち回っていました。ですからバイトを辞めた事でそれらに苦しまなくても良いのは、ホッとしました。また、バイトを辞めれば、自分の全ての時間とエネルギーを記憶のサルベージに投入する事が出来ます。自分はこの行為にかなりの手応えを感じていましたから、それも嬉しかった記憶です。


3番目に感じた気持ちは「かなりの挫折感」です。そう、古本屋バイトを辞めたという事は、自分が社会生活から完全脱落した事を意味していました。自分は1つ目の大学で空手部を引退して以降、以下の場所に自分の居場所を作ろうともがき苦しみました。


「1つ目の大学の空手部引退後、居場所作りに挫折した場所」


・ロックダンス教室

・ファミレスバイト

・自動車教習所

・2つ目の大学のクラス

・2つ目の大学の手品サークル

・タップダンス教室

・2つ目の大学の体育の授業

・タップダンスの発表会

・(休学期間中)母親との関係

・2つ目の大学の和楽器サークル

・古本屋バイト(支店)

・古本屋バイト(本店)

・父親との関係、妹との関係



しかし、自分はこれらの場所全てで人間関係に挫折し、行き場を失い、部屋に引きこもる事になりました。これはすなわち以下の2つを意味していました。


①自分のこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった。

②「大学空手部の3年間」もまるで無為であった。


当時の自分にとってもちろん①に関する挫折感は大きかったのですが、それ以上に大きかったのは②の挫折感です。そう、自分は1つ目の大学で空手部を引退して以降以下の気持ちを支えに様々な挑戦をしてきました。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


しかし、空手部引退から6年後、自分はあらゆる場所で挫折し続け、気付けば引きこもる事になってしまいました。そう、上記の思いとは裏腹に、社会のどこにも居場所を作れなかったのです。これは即ち、「大学空手部の3年間で自分は全く体力も自信も付いていなかった」事を意味していました。だって、先程の論法なら体力が付いていたなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所を作れたはずですから。しかし、実際には自分はどこにも居場所を作れずに引きこもる事になったのです。



ですから、自分は引きこもるにあたって、まずは「自分は大学空手部の3年間において、まるで体力も自信も付いておらず、その3年間はまるで無為な3年間であった」と認めなければなりませんでした。これはかなり精神的にキツい作業でした。何故なら、空手部時代の自分はその3年間に「膨大な時間」と「膨大なエネルギー」と「膨大な心身の健康」を捧げていました。特に心身の健康に関しては、自分の「生命」そのものを捧げていたと言っても過言ではありません。何故なら大学空手部の3年間で自分の鬱は3倍に悪化し、自殺願望を発症したからです。



しかし、今回自分は引きこもるにあたって、その3年間が何もポジティブなものを生まず、ひたすら無為な3年間であった事を認めざるを得なくなりました。そう、自分が命を削って必死に「死の恐怖」に耐えた3年間はまるで無駄だったのです。それを認めなければならないのは、かなり精神的にキツい事でした。しかし、まずはそれを認めないと、この先記憶のサルベージを進めては行けません。こうやって何もかもが上手くいかず、引きこもる事になった以上、自分に体力も自信も付いていなかった事は明白なのです。



自分は古本屋の社長にバイトを辞める電話をした直後から、上記の気持ちを延々とノートに書き続けました。これはつまり、「自分が引きこもりになったという事は、空手部の3年間はまるで無駄だったという事ではないか?」という問いです。自分はそれに対する自分の気持ちや空手部時代の気持ちをノートに書いていきました。そして、そのうちに徐々に納得していったのです。「こうやって『引きこもり』という結果が出た以上、空手部の3年間がまるで無為だった事を認めざるを得ない、、。」、と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村