鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

現実社会でも家庭内でも孤立(過去編・2003年7月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「父親との関係(過去編・2003年7月・27歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分と父親との関係について書いてみました。自分と父親は5年間くらい断続的にご飯を食べに行くような関係ではありましたが、2003年の7月くらいからそのコミュニケーションも断絶していきました。そして同時期に自分は母親や妹とも断絶していました。これはつまり当時の自分が家族内でも孤立していった、という事です(当時27歳)。




そして、この頃の自分は2つ目の大学の復学に失敗し、さらに古本屋バイトでも居場所を無くしつつありました。この古本屋バイトを辞めたら、他に出来るバイトなどあるはずがありません。古本屋バイトを辞めたらいよいよ自分は行き場を失い、引きこもる事になります。このように自分は社会生活からも家族関係からも脱落寸前でした。いよいよ自分の人生がどん詰まりになりつつありました。



繰り返しになりますが、自分は家族内においては母親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたし、妹に対してもかなりの憎しみと劣等感を感じていました。故に、母親とのコミュニケーションなど1年程前からあり得ない状態になっていましたし、妹とのコミュニケーションもこの頃消えつつありました。そして、同時期に父親とのコミュニケーションにも疲れ果ててきたのです。気付けば自分は家庭内で孤立していました。



ちなみにこの頃の自分は「鬱の廃人」状態に陥っており、以下の10個の諸症状を発症している状態でもありました。いつものコピペになります。



「大学空手部引退後の10個の鬱の諸症状」(=「鬱の廃人」状態)


①空手部を引退後、『翌日の空手部の稽古が恐ろしくて眠れない』という状況は無くなった。しかし、空手部の3年間で受けた精神的ダメージは少なくとも「中指の拷問」2回分。これにより脳の一部が破壊された感がある。よって、空手部引退後も破壊された脳は元に戻らず、睡眠の不安定さはそのまま残った。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)

②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)

③酷いめまいと離人感(〜離人感と冷え性〜)

④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)

⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥自殺願望の頻発(〜自殺願望と救い〜)

⑦何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分は、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい

⑧慢性的な口内炎

⑨自分は大学空手部の3年間でさらに「自分に対する自信」をさらに3倍失っていた。そして、自分の頭の中には依然として「トレーニング=体力が付く=自信が付く」という図式が色濃く残っており、この図式が自分にも当てはまると相変わらず信じていた。そこで、空手部を引退し、人間サンドバッグの恐怖が無くなったにも関わらず、「自分に対する自信」を回復させる為に自主練をを続けてしまった。(トレーニングの内容は、ランニング、坂道ダッシュ、縄跳び、筋トレなどで、1時間程度のトレーニング。頻度は週3回。)


しかし、空手部の頃と同様にトレーニングを積み重ねても一向に体力が増える実感が得られない。トレーニング翌日に体調が滅茶苦茶に崩れるだけ。翌日目が覚めると自分の身体はとても重くてダルく、身体は冷え切っていて、鼻水はダラダラ。食欲は当然全く無く、背中の疲労感は疲労感というより激痛。故にトレーニングすればする程、自分の中にはさらに「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」が増えていき、これが更なる自殺願望へと繋がっていった。そして当時の自分はトレーニングをすればする程心身が衰弱していく悪魔のからくりに全く気付いていない。体調が少し回復すると、またトレーニングをしてしまう。このトレーニング行為は「無意識的な全力の自傷行為」とも言える。

10 大学空手部の3年間で「自分に対する自信」がさらに3倍失われた事で、「被害妄想」もさらに3倍悪化。自分は大学生活の中で何をしていても全く自信が持てず、常に他人の視線を気にし、病的(×3倍)に「ビクビク」「オドオド」している状態。もはや自分にとって「自分という存在の価値」は、髪の毛一本より軽くなっている感じで、いつ他人から軽んじられ、無根拠に攻撃されても全くおかしくないような、そんな凄まじい緊張感の中で日々を送る羽目に。こんな状態では、完全に社会生活は不可能。


おまけ:サークル活動を始めとする様々なモノに挑戦している時の自分の体調


『こんな状態(鬱の廃人状態)じゃどこ行ったって、グダグダです。どこ行っても、「背中をナイフで思い切り刺され続けている感じ」の激痛が自分を襲ってくるのですから。加えて、冷え性も酷くて鼻水ダラダラ、めまいも頻発です。自分の意識の95%はそれらの精神的・肉体的苦痛に占領されており、集中力や意欲の欠片もありません。この状態は特に上記⑨のトレーニングの翌日が酷かった記憶です。』



自分は1つ目の大学の空手部を引退してから6年の間、上記の諸症状を必死に耐え、大学やバイトや家庭内に自分の居場所を作ろうともがきました。しかし、その試みはことごとく挫折し、いよいよ全ての人間関係から脱落しようとしていた、という事になります。ではここで、自分が大学空手部引退後どのような場所に居場所を求めたのか、振り返ってみたいと思います。


・ロックダンス教室

・ファミレスバイト

・自動車教習所

・2つ目の大学のクラス

・2つ目の大学の手品サークル

・2つ目の大学の体育の授業

・タップダンスの発表会

・(休学期間中)母親との関係

・2つ目の大学の和楽器サークル

・古本屋バイト(支店)

・古本屋バイト(本店)



自分は上記の場所でことごとく人間関係を作れず、挫折を繰り返し、いよいよ人生が行き詰まりつつありました。この時期が2003年の9月頃(27歳)の話になります。当時の自分も自分の人生が行き詰まってきている事に薄々は勘付いていたように思います。しかし、自己認識能力が大幅に劣っていましたから、はっきりとは気付いていませんでした。




自分のこれまでの人生を例えるなら、視界0mの濃い霧の中を、行き先も足元も何も見えていない状態で、無闇に全力で走り回っているような人生です。そうしているうちに色んな場所ですっ転んで大怪我をして、満身創痍になっていきました。この例えを言い換えますと、自分は様々な場所で必死に居場所を作ろうともがきましたが、全て挫折で終わり、「無力感」が凄まじい勢いで増えていったのです。そして、鬱を発症し、身体もぶっ壊れていった、という事になります。



いよいよ自分の人生が1度目の終局を迎えようとしていました。そこでフィナーレを飾ったのが、2003年10月に起こった「尿管結石事件」です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村