鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

「大学空手部時代」がまるで無為であった事を認めざるを得ない(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「引きこもり状態に突入した時の気持ち(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が古本屋バイトを辞めた際の気持ちについて書いてみました。この時の年齢は28歳で、2004年9月の事になります。古本屋バイトを辞めた事で自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、引きこもる事となりました。そう、世の中のどこにも居場所を作れなかった挙句、社会から撤退する事となったのです。自分はバイト先の社長に電話し、古本屋バイトを辞めさせて貰いました。



この時の自分の気持ちですが、まずは安堵感がありました。自分はバイトの最中様々なる心身の苦痛が辛くて仕方なかったのです。背中の慢性的な激痛はさらに2倍に悪化していましたし、被害妄想も病的(×6倍)にまで悪化していました。冷え性もかなり酷かったですし、仕事中めまいや離人感も頻発していました。慢性的な眠気もさらに悪化していたのです。バイトを辞めるとなると、これらの苦痛に苦しまなくて済みますから、そこでの安堵感がありました。



次に自分が感じた気持ちは「嬉しさ」です。自分はそれまでの3〜4ヶ月間バイトと同時並行で記憶のサルベージを行っていました。「記憶のサルベージ」とは、これまで全く言語化してこなかった過去の記憶を、ノートに書いていく行為の事を意味しています。自分はバイトと並行してこの行為を1日3〜4時間していましたが、3〜4ヶ月経っても一向に終わる気配がありません。そして、自分はこの記憶のサルベージにかなりの手応えを感じていました。過去の記憶にはトラウマな記憶しかありませんでしたが、それでも自分自身の過去を知っていく行為が面白くてたまらなかったのです。自分は古本屋バイトを辞めましたから、これで全ての時間とエネルギーをサルベージに捧げる事が出来ます。自分はそれが嬉しかった記憶です。



3つ目に感じた気持ちは「かなりの挫折感」です。これもかなり大きかった記憶です。自分は高校、大学、バイトと様々な場所で居場所を作ろうともがき苦しみましたが、とうとうどこにも人間関係を作れず、現実社会から撤退する事となったのです。自分がどのような場所でもがき苦しんだのか、以下にコピペを貼ります。



「1つ目の大学の空手部引退後、居場所作りに挫折した場所」


・ロックダンス教室

・ファミレスバイト

・自動車教習所

・2つ目の大学のクラス

・2つ目の大学の手品サークル

・タップダンス教室

・2つ目の大学の体育の授業

・タップダンスの発表会

・(休学期間中)母親との関係

・2つ目の大学の和楽器サークル

・古本屋バイト(支店)

・古本屋バイト(本店)

・父親との関係、妹との関係



このように自分は大学空手部引退後、様々な場所に活路を求めましたが、ことごとく人間関係に挫折し、最後には引きこもる事となりました。28年間彼女どころか同性の友達すら出来る事なく、就職もする事なく、人間社会から完全脱落したのです。これにより、自分のこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった事が明白となったのです。自分は大失敗を認めざるを得なくなりました。



それは同時に「大学空手部の3年間」がまるで無為に終わった、という事でもありました。自分は引きこもり状態に突入した事で、「大学空手部の3年間」がまるで無為に終わったという事を認めざるを得なくなりました。そう、遡る事7年前、自分は1つ目の大学で空手部を引退した後(22歳)、このような思いを支えに、様々な場所に挑戦し続けました。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が持てて、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


しかし、実際には空手部の3年間が自分にもたらしたものは、「鬱症状の悪化」という最悪中の最悪な結末でした。もちろん体力なんて1㎜も付いていませんし、それどころかさらに体調は3倍に悪化し、被害妄想も3倍に悪化しただけの3年間だったのです。もちろん「自分に対する自信」なんて全く付いていませんし、むしろさらにそれを大幅に失っていました。つまり、空手部の3年間は「無為」どころか「逆効果」な3年間だったのです。しかし、空手部を引退直後の自分はその事実をまるで認める事が出来ませんでした。何故なら当時の自分は、空手部の3年間で鬱が3倍に悪化した事に全く気付いていなかったからです。



また、仮に当時の自分が鬱の悪化に気付いていたとしても、空手部の3年間が「無為」どころか「逆効果」だったと認める事は到底出来なかったと思います。何故なら、あの3年間は「殺される」程の恐怖を必死に耐えた3年間だからです。自分はこの3年間に膨大な時間とエネルギーと心身の健康を捧げていました。心身の健康どころか、自分の「生命」そのものを捧げたと言っても過言ではありません。



そう、当時の自分は空手部の3年間で鬱が3倍に悪化し、自殺願望を発症していました。そんな3年間が「無為」どころか「逆効果」だと認めてしまったら、自分の頭はその理不尽に耐えきれず、狂ってしまったことでしょう。ですから、空手部引退直後の自分は、例え鬱の悪化に気付いたとしても、空手部の3年間が「無為」なものであったと認める事は絶対出来なかったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村