鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「大学空手部時代」は無為どころか全くの逆効果②(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分の人生のあまりのクソさに、涙は枯れ果て、乾いた笑いしか出てこない(過去編・2004年9月・28歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分がバイトを辞め部屋に引きこもるにあたり、「大学空手部の3年間がまるで無駄な3年間であった」という事を認めざるを得なかった、という話でした(2004年9月・28歳)。今回の記事もそこら辺の話を書かせて貰います。自分は大学空手部を引退した後、以下の思いを支えに、様々な場所に自分の居場所を作ろうとしました。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力と自信が付いているはず!!そして、体力と自信が付いているなら、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


そこで、自分は社会の中で思い付く全ての場所に出向いたのですが、全ての場所で人間関係が作れず、全ての場所で挫折し続けたのです。そして空手部引退から6年後、とうとう行き場を失い引きこもる事になりました。これは、つまり上記の支えが全くの錯覚であった事を意味していました。実際には大学空手部で自分に体力など全く付いていなかったのです。



しかし、当時の自分は「体力が付いた!」と思いたがっていました。「虚構の体力」を作り上げ、それを信じたがっていたのです。自分にとって大学空手部の3年間はあまりにも過酷でした。故に「自分は空手部の3年間で何かをポジティブなモノを得た!!」と思わないとやってられなかったのです。



ところが、先程も書きましたように実際には空手部の3年間で体力など1㎜も付いていませんでした。それどころか、高校時代に比べてさらに体調は悪化していたように思えました。自分は古本屋バイトを辞め、引きこもるにあたり、「もしかして、自分は空手部の3年間で何も体力が付いていなかったのでは??」という気持ちをノートに書き綴りました。もちろん、自分はこれまで自分を支えていたものが「虚構の体力」だなんて認めたくありませんでした。



しかし、こうやって引きこもりになってしまった以上、大学空手部引退後の6年間が大失敗であった事は明白です。という事は大学空手部の3年間も大失敗だったのです。これはつまり、自分が大学空手部引退後に信じていた思い「体力や自信が付いたはず!!」が、全くのでっち上げだった事を意味していました。



自分は古本屋バイトを辞めた後、ノートを書き進め、自分が空手部引退後の6年間「虚構の体力」を支えに生きてきた事に気付きました。それは認めたくない話でしたが、こうなってしまった以上、それは明白でした。




自分は大学空手部引退直後、「大学空手部で自分に体力など全く付いていない」事に心のどこかでは薄々気付いていたように思います。だって空手部の3年間で自分がポジティブなモノを得た実感がまるで無かったからです。しかし、当時の自分がそれを認める事は絶対に出来ませんでした。それを認めてしまえば、自分が空手部の3年間にかけた膨大なコストが何も報われません。自分が命を削った3年間が全くの無駄だったなど認められるはずがありません。



しかし、空手部引退から6年が経ち、自分はようやく「空手部の3年間=無駄だった」と認められるようになりました。この場合の「無駄」とは、空手部入部当初の目的「体力と自信を付ける」が、真逆の結果になってしまったという意味での「無駄」です。



そう、自分は空手部引退後あらゆる場所で挫折し続け、引きこもる事になりました。その経緯を考えると、自分には体力や自信は全く付いておらず、「空手部の3年間=全くの無駄」を認めざるを得ませんでした。



また、この時自分が空手部を引退してから6年という歳月が経っていました。6年という歳月が「空手部の3年間=全くの無駄」を認め易くしていたという側面もあったと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村