鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

引きこもりをきっかけに全力のトレーニングを辞める〜引きこもり中の鬱の諸症状⑥⑦(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「自殺願望に関する自己矛盾〜引きこもり中の鬱の諸症状⑤(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が引きこもっていた時期の自殺願望について考えてみました。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



前回の記事でまとめた引きこもりの頃の自殺願望は以下の通りになります。



⑤自殺願望も大学空手部時代に比べて2倍悪化していた。社会生活と家族関係から完全脱落し、体調も「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていた自分にとって、ますます自殺願望だけが唯一の心の支えとなっていた。

しかし、一方では「記憶のサルベージ(言語化)を終わるまでは絶対に死ねない!!」との思いも強かった。自分は以下の疑問の答えを心の底から切実に欲していた。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


故に「記憶のサルベージ(言語化)が終わるまでは死んでも死に切れない」との思いもあった。つまり当時の自分は自殺願望に関しても両価的(自己矛盾)だったと言える。



では次の項目に進みます。次は「⑦何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分は、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい」です。この項目は大学やバイトなどの「外の世界」にいる時の状態でしたので、除外したいと思います。



次の項目は「⑧慢性的な口内炎」です。これは引きこもり中も変わらず発生していたと思いますので、そのまま残します。



では次。「⑨トレーニングという名の自傷行為」です。大学空手部を引退して以降のトレーニングでの心身のダメージは以下の通りです。



⑨自分は大学空手部の3年間でさらに「自分に対する自信」をさらに3倍失った。そして、自分の頭の中には依然として「トレーニング=体力が付く=自信が付く」という図式が色濃く残っており、この図式が自分にも当てはまると相変わらず信じていた。そこで、空手部を引退し、人間サンドバッグの恐怖が無くなったにも関わらず、「自分に対する自信」を回復させる為に自主練をを続けてしまった。(トレーニングの内容は、ランニング、坂道ダッシュ、縄跳び、筋トレなどで、1時間程度のトレーニング。頻度は週3回。)



しかし、空手部の頃と同様にトレーニングを積み重ねても一向に体力が増える実感が得られない。トレーニング翌日に体調が滅茶苦茶に崩れるだけ。翌日目が覚めると自分の身体はとても重くてダルく、身体は冷え切っていて、鼻水はダラダラ。食欲は当然全く無く、背中の疲労感は疲労感というより激痛。故にトレーニングすればする程、自分の中にはさらに「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」が増えていき、これが更なる自殺願望へと繋がっていった。そして当時の自分はトレーニングをすればする程心身が衰弱していく悪魔のからくりに全く気付いていない。体調が少し回復すると、またトレーニングをしてしまう。このトレーニング行為は「無意識的な全力の自傷行為」とも言える。



では、引きこもってからのトレーニングがどうなったのかという話になります。引きこもってからはさすがに頻度がかなり減った記憶です。そう、引きこもる前は自分はトレーニングを週3回くらいやっていたと思います。それは「トレーニング=体力が付く=自信が付く」とい図式を盲信していたからです。自分はトレーニングによって体力を付け、自分に自信を付け、大学生活やバイトで居場所を作りたいと強く願っていました。しかし、実際には体調は悪化するばかりで全く自信は付かず、それどころか無力感だけが蓄積していきました。結果自分は「自分に対する自信」をさらに失い続け、とうとう引きこもりになってしまったのです。



こうして引きこもってしまった自分は、トレーニングをする意味を失っていました。何故ならもはや自信を付けて、居場所を作りたい場所が無くなってしまったからです。自分はそれまでの6年間で思い付く全ての場所で人間関係を挫折し続けました。そうしますと最後の方は「次はここに行けば居場所がつくれるのでは??」というアイデアが完全に枯渇してしまったのです。よって自分にはもはや作りたい居場所は外の世界に皆無になってしまいました。そうなると自分に体力や自信を付ける必要はなく、トレーニングをする必要もありません。こうして、自分は引きこもりをきっかけにトレーニングのいう名の「無意識の自傷行為」をほぼほぼ辞められたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村