鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

「高校を辞める」「部活を辞める」という選択肢がまるで思い浮かばない(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 高校1年で鬱を発症し、クラス内で透明人間化②(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が小学校、中学校、高校の記憶をノートに書いて行った際の話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



自分は小学校、中学校、高校の記憶をノートに書いていく中で当時の自分の「精神の成長しなささ」に気付き、驚愕しました。そう、当時の自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まっていたように感じたのです。何故なら当時の自分は、学校生活において何度も何度も同じような「舌禍」を繰り返し続けていました。そして、当時の自分は一度「舌禍」を起こしても、それを反省する事が全く出来なかったのです。



何故なら幼い頃から自分の周りには安心して全てを相談出来る、暖かな居場所が皆無でした。ですから、自分は「舌禍」を発生させても、それを相談する相手が誰もいませんでした。故に「舌禍」にまつわる情報を何も整理出来ず、その原因を特定する事が出来ません。そして、原因を特定出来なければ、そこから「反省」や「学び」を得る事も出来ません。故に当時の自分は懲りずに全く同じような「舌禍」を何度も繰り返したのです。そして、そのたびに「自分に対する自信」を大きく失い続けました。その結果、高校2年生の4月頃、鬱を完全発症するに至ったのです。その当時の8つの鬱の諸症状は以下の通りになります。



「高校時代の8つの鬱の諸症状」



①「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。そして、自分はそれらの事件を誰にも相談出来なかった為、そのメンタルダメージはいつまで経っても消化されなかった。



②喘息が原因で背中の慢性的的な疲労感がさらに悪化。もはや疲労感ではなく「背中の慢性的なかなりの痛み」



③喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


④突発的に発生する凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


⑤「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


⑥上記のメンタルダメージの蓄積により、食欲が完全消失


⑦自転車通学による「無意識の自傷行為


⑧幼い頃より「自分に対する自信」をエグられ続けた結果、「被害妄想」が発症し、それはどんどん悪化していった。高校時代の自分は「自分という人間は、いつ他人から無根拠に攻撃されてもおかしくない人間なのだ」という感覚に常に襲われ、いつもかなり「ビクビク」「オドオド」している精神状態。



(「②慢性的な背中の痛み」と「⑧激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)



このように高校時代の自分は鬱を完全発症し、クラス内で透明人間化する事となりました。もちろん、部活においても上記の諸症状が辛くてたまりません。というか部活の時間こそが上記の辛さが最大化する時間でした。何せ「暴言事件」や「寄せ書き事件」は吹奏楽部内で起こった事件です。吹奏楽部で活動している時間こそが被害妄想が最大化される時間だったのです。自分は病的な被害妄想と肉体的苦痛に意識朦朧としながら、残り1年間の部活生活を送る事となったのです。



ちなみに当時の自分の中に「部活を辞める」「高校を辞める」という選択肢は皆無でした。思い付きもしませんでしたね。何度も書いています通り、幼い頃から自分の周りには安心して全てを相談出来る、暖かな居場所が皆無でした。ですから、「暴言事件」や「寄せ書き事件」についても誰にも相談する事が出来なかったのです。故に頭の中で事件の事実関係や人間関係や時系列をまるで整理する事が出来ず、いつまで経っても事件を客観視出来ませんでした。



これは裏を返せば当時の自分の頭の中がいつまで経っても「超パニック状態」であり続けたという事です。自分の心の中は病的な被害妄想と鬱による肉体的苦痛に完全に支配され切っていました。故に頭の中にそのような選択肢が思い浮かぶ余地は全くありませんでした。



今から考えると「吹奏楽部を辞める」「高校を辞める」という選択肢は、ベストではないものの、全然ありな選択肢だったとは思います。しかし、当時の自分はただただ「超パニック状態」に陥り続けていましたから、為す術なく、高校生活を続ける以外の選択肢が無かったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村