鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

再びトラウマと向き合う事への激しいためらい(2008年7月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「散歩する事でアニメの感動を消化出来るのなら、過去のトラウマも消化出来るのでは?」という思い付き。(2008年7月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が深夜アニメの感動と興奮を消化する為に、家の近所を歩き始めた、という話でした。歩くペースは週1〜2回、1回1〜2時間くらいの散歩です。歩く時間帯は主に夜。深夜アニメの事を考えながら歩くと、顔がニヤついてしまう為、人気が少ない時間帯を選んでいました。


ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分が「深夜アニメ」の代わりに「トラウマ」を思い出そうと思い付いた話になります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



当時の自分は深夜アニメにハマりまくっており、その感動と興奮で睡眠をかなり取り辛くなっていました。自分は深夜アニメよって得られる感動や興奮を持て余していました。そして、2008年3月のある日、自分はいつものように1つ目の大学の周辺を歩いていたのですが、その時に歩きながら深夜アニメの感動や興奮を思い出すと、それを消化出来る事に気付いたのでした。



それに気付いてからは、冒頭に書いたペースで近所を散歩しました。深夜アニメの感動や興奮を思い出して歩くと、とても愉快な気持ちになりました。そして、歩く事自体も心地良かった記憶です。



このように自分は2008年3月頃から散歩の中で深夜アニメの感動を消化していきました。自分はこれまでの1年半、深夜アニメを見まくっていましたから、思い出すネタはけっこう溜まっていました。自分は愉快な気持ちで散歩を続けました。



さて、そんな散歩が2〜3ヶ月続いたある日、いよいよ深夜アニメの感動のストックが無くなってきてしまいました。そう、この1年半で溜まった深夜アニメの感動を一通り消化し切ってしまったのです。自分はこの先どうするか、考えました。深夜アニメの感動のストックが切れた以上、これ以上散歩する目的がありません。しかし、自分はこの2〜3ヶ月の散歩に手応えを感じていました。目的通り、深夜アニメの感動と興奮が消化出来ていましたし、歩く事自体も心地良かったからです。そこで自分は考えました。「他に消化したい気持ちは無いだろうか??」、と。



すると、思ってもみなかったアイデアが思い浮かびました。それは「散歩しながら、過去のトラウマを思い出してみる。」です。これは当時の自分からしたら画期的なアイデアでした。散歩する事でアニメの感動を消化出来るのなら、自分の過去のトラウマも消化出来るかもしれません。



しかし、それは何の保証も無い話でした。「感動」と「トラウマ」では気持ちの方向性が真逆です。歩く事で「トラウマ」が消化出来る保証は何もありません。また、深夜アニメの感動と過去のトラウマでは、記憶量が桁違いに違います。深夜アニメの記憶量は1年半ですが、過去のトラウマは33年間分もあるのです。途方も無い記憶量です。しかもトラウマの数々は気が遠くなる程複雑に絡み合っていますし、何よりトラウマを思い出す事自体が凄まじい精神的ダメージを生じさせます。これは4年前の記憶のサルベージにおいて体験済みの話でした。



もし今後トラウマを思い出しながら歩くとなると、それはもはや「散歩」ではありません。傍から見たら、散歩している事には変わりありませんが、自分の心の中は「鬱一色」に塗り潰される事になります。それは4年前の記憶のサルベージの再来を意味していました。




話は4年前に遡ります。この頃の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもり、過去のトラウマをノートに書き出し始めました。自分はこの行為を「記憶のサルベージ(言語化)」と呼びました。



それは先の見えない日々の始まりでした。トラウマは書いても書いても尽きる事がなく、全く底が見えません。自分は何度絶望感を感じたか分かりませんし、何度号泣したか分かりません。永遠に終わらないと思われた作業でしたが、1年半でようやく作業に終止符が打たれました。あの1年半は全く先の見えない漆黒の日々でした。ここで歩きながらトラウマを思い出せば、あの漆黒の日々が再び繰り返される事となるのです。



自分は「歩きながらトラウマを思い出す」というアイデアを思い付いたものの、それに踏み出す事にかなり躊躇しました。無理もありません。それは、ようやく終わった記憶のサルベージをもう1度違う形で復活させるようなものですから。



『引用終わり』



このように自分は「深夜アニメ」の代わりに「トラウマ」を思い出すアイデアを思い付いたものの、そう簡単にこれを実行しようとは思いませんでした。前回の記事に書きました通り、歩きながら「トラウマ」を思い出す事で、それを消化出来るという保証は何一つありません。確かに「深夜アニメの感動」は歩きながら思い出す事で消化出来ましたが、それが「トラウマ」に通用するのかは全く未知数です。



何より、「トラウマ」を思い出すという事は自分の精神に凄まじい精神的ダメージを生じさせます。これは4年前の記憶のサルベージにおいて、散々体験してきた事でした。まして、自分の鬱は4年前の記憶のサルベージの時期と比べて、3倍悪化しているのです。そう、この4年の間には、「引っ越し及び東○荘事件」がありましたし、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」もありました。ですから「ぎっくり腰事件」後の自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っていたのです。


[引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細⑴〜⑻]




このように引っ越し後の自分は⑴〜⑻の諸症状にのたうち回っていました。そして、これらの諸症状は「花粉症発症→ぎっくり腰事件」が原因でさらに1.5倍悪化していました。この状態で再び過去の膨大なトラウマに向き合おうと言うのです。しかも「歩きの中で」。それは躊躇するのは当然の話でした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村