鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

試しに1回トラウマを思い出しながら歩いてみる事を決意(2008年7月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 再びトラウマと向き合う事への激しいためらい②(2008年7月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が過去のトラウマを歩きながら消化する事を思い付いた、という話でした。これは2008年5月頃の話になります。それまで自分は歩きながら深夜アニメの感想を思い出していたのですが、それを消化する事に成功していました。という事は、過去のトラウマも歩きながら思い出す事で消化出来るのでは無いかと考えたのです。



しかし、自分はこのアイデアを思い付いたものの、それを実際に始めるまでにはかなりの躊躇がありました。その理由は以下の3つになります。



❶「歩きながら深夜アニメの感動を思い出し、それを消化する」方法は上手くいったが、これが「トラウマ」にも通用する保証は何も無い。


❷トラウマを思い出すとなれば、それは4年前の記憶のサルベージの再来。また先の見えない漆黒の日々が始まるのか、という気持ち。


❸心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っている。こんな状態で再びトラウマに立ち向かえるのか、という気持ち。



う〜ん、これは躊躇するはずです。❶〜❸の理由の中で最も大きなものは❷だった記憶です。やはり記憶のサルベージの1年半は本当に辛い1年半でした。4年前の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもり、ひたすらノートにトラウマを詳細に書き綴っていくだけの生活を繰り返したのです。自分はこの行為を「記憶のサルベージ(言語化)」と名付けていました。



この生活は地獄でした。家族を含めた他人との交流が全く無い中、ただひたすらトラウマを延々と再体験し続ける事自体が地獄でしたし、さらにそれがいつ終わるかどうか全く分からない恐怖も凄まじいものがありました。



もちろん、当時の自分は「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていましたから、日々の被害妄想や体調不良も病的(×6倍)に悪化しており、その辛さもかなりのものがありました。



そんな日々は1年半で終止符が打たれました。自分はようやく引きこもり状態を脱したのですが、その直後に「引っ越し事件」や「ぎっくり腰事件」が起こり、これによりさらに鬱を悪化させました。そして記憶のサルベージから4年後、自分は再びトラウマと向き合うかどうかの岐路に立たされたのです。そう、再びトラウマと向き合うとなると、これは完全に「記憶のサルベージ」の再来を意味していました。もし歩きながらトラウマを思い出し始めれば、再びあの先の見えない漆黒の日々が始まるのです。



自分はこの行為に足を踏み出すのか、かなり悩んだ記憶です。❶、❷、❸の理由が重く重く自分の心にのしかかりました。



そこで自分は「とりあえずこれを1回やってみよう」と思いました。「とりあえず1回やってみて、それで自分がどう感じるのか様子を見てみよう」、と。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村