鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きは辛い事だけでは無かった。(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 深夜アニメ絡みのポジティブな感情とネガティヴな感情(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が熱中していた「トラウマ歩き」、この「トラウマ歩き」の最中の深夜アニメ関連の思い出について書いてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間、平均移動距離は10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。




ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を引用します。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」




ここまでの話をまとめますと、自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で歩いていた、という感じです。



そして、この①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。



さて、このように自分は2008年4月頃から「トラウマ歩き」を始め、上記①〜⑥と❶〜❽を感じながら、ひたすら歩いていった、という話になります。




次に、「トラウマ歩き1年目」において自分がよく歩いていたルートを確認したいと思います。そのルートは以下の4つになります。



・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート



なるほど。こうやって、上記の①〜⑥+❶〜❽と4つのルートを見直してみますと、大分「トラウマ歩き1年目」の記憶がまとまってきたなぁと感じます。あのカオス過ぎる1年目が大分言語化され、整理されてきました。素晴らしい。ちなみに今現在このブログを書いている自分(2022年8月)から見て、「トラウマ歩き1年目」の自分は、14年前の自分という事になります。


さて、改めて①〜⑥+❶〜❽を見直してみますと、①〜⑥のポジティブな感覚に目が行きます。「トラウマ歩き」の最中にはこんなにポジティブな感覚が発生していたんですねぇ。こうやってブログにトラウマ歩きを書く以前、自分は「トラウマ歩き」に対して、「あれはただひたすら辛い行為だった。」という印象を持っていました。



そう、ブログに書く以前の自分は、この行為に対してひたすらネガティブな印象しか持っていなかったのです。「14年前の自分がやっていたトラウマ歩きは、とにかくハードで辛い日々だった」、と。ですから、上記①〜⑥ +❶〜❽の感覚で言いますと、❶〜❽のネガティブな感覚はブログを書く前からなんとなく覚えていました。



例えば❻の感覚なんかもなんとなく覚えていましたね。雨の日に4時間歩き続けると、靴の中に雨水が浸水してぐちゃぐちゃになって、冷たいやら気持ち悪いやら最悪な気分だった事。そして台風の日にも4時間歩き続け、服も靴の中もぐちゃぐちゃになった事。これらの記憶はこうやってブログに書く前から何となく覚えていました。



他にも❸「社会経験が積めない虚しさ」、❹「お金を稼げない虚しさ」、❺「没入感が凄まじいのでなかなか歩き終えれない」、なんかもブログを書く前から薄らぼんやりと覚えていました。




それに比べて、①〜⑥のポジティブな感覚はこうやってブログに書くまではほぼ忘れていた印象です。特に①、②の「過去のトラウマに対するかなりの懐かしさ(愛着)」なんて、全く忘れていましたね。辛うじて⑤ 「観光気分による非日常感」はブログを書く前からぼんやりと覚えていましたが、他はこのブログで言語化してようやく思い出せた感じです。



ですから、こうやって「トラウマ歩き」の1年目をまとめてみますと、ポジティブな感覚の多さに驚いてしまいます。14年前の自分がこんなにポジティブな感覚で「トラウマ歩き」をしていたとは。記憶の印象って、言語化する以前と以降ではこんなに変わるものなんですねぇ。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村