鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

歩きながらトラウマを思い出す事による凄まじい没入感②(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 歩きながらトラウマを思い出す事による凄まじい没入感(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を試しにやってみた、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながらトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。今から13年前の話になります。



☆ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)

③大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



今回の記事では改めてトラウマ歩きの1回目を振り返って行きたいと思います。自分はトラウマ歩きのアイデアを思い付き、ある日歩きながら大学空手部時代の記憶を思い出してみました。大学空手部時代といえば、自分の人生の中で最も酷いトラウマの一つであり、この3年間で自分の鬱はさらに3倍悪化していました。この大学空手部の3年間は、自分の鬱の中核を成していました。



自分が歩きながら大学空手部時代の記憶を思い出すと、自分の目の前には一気に大学空手部の道場の情景が広がりました。当時の自分は、大学空手部の練習の厳しさを乗り越える事がまるで出来ず、被害妄想を悪化させ、「稽古に殺されるのではないか」という被害妄想にのたうち回っていました。そんな当時の自分の恐怖が鮮烈に当時のまま脳内に蘇りました。自分は歩きながら顔を激しく歪ませました。



そして、トラウマによる精神的苦痛が酷ければ酷いほど、足は前に進まなくなり、歩くスピードは遅くなりました。時には足がほとんど前に進まず、異常な遅さで歩く事もありました。



このように歩きながら過去のトラウマを思い出すと、その没入感は凄まじいものがありました。この時の自分は実際には家の近所を歩いていたのですが、自分の脳内に映っていたのは、大学空手部の道場でした。自分は歩きながら必死に必死に当時の恐怖を思い出し、必死に必死にそれに耐えました。この日だったか定かではありませんが、歩きながら号泣する事もよくありました。



トラウマを思い出しながら、歩いているとあっという間に2時間が過ぎました。自分は記憶の区切りのいい所まで思い出し、その日の歩きを終わりました。結局この日は、深夜アニメの感想で40〜50分、トラウマ歩きで2時間、計3時間近く歩いた事になります。途中で休憩は一切ありません。ただひたすら歩き続けた3時間だったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村