鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きを必死にやっても、社会的経験も金銭的利益も全く得られない(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 32歳で就職経験も社会経験も恋愛経験も皆無(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。


☆ここから先の話は2種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が存在します。


①今現在のこのブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインです。

③パチンコⅣ期の自分(2005年10月〜2006年4月・29歳〜30歳)


この3種類をなるべく分かりやすく書き分けていきますが、ややこしくてすみません。



前回の記事は、32歳の自分が「2回目のトラウマ歩き」を終わらせた後の話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。ここから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。このトラウマ歩きは少なくとも1年間は続く事になります。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。当時の自分が「トラウマ歩き」を台風の日にも行っていた理由についての話になります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。


『前回記事からの引用』



このように雨の日や台風の日でもやめられないほど、「トラウマ歩き」には依存性がありました。ただ、当時の自分が台風の日でも「トラウマ歩き」を行っていた理由として、もう一つあった事を思い出します。それは「一刻も早くこの行為(トラウマ歩き)を終わらせたい。」という気持ちです。これもかなり強かった事を思い出します。



そう、この時の自分は32歳です。当時の自分は28歳の時に社会生活から完全脱落し、ニート生活が4年目に突入していました。それまでの人生において、自分は就職経験も無ければ、恋愛経験もありません。そして、学生時代から続く致命的な挫折の連続で、自己肯定感が膨大なマイナス状態に陥っており、病的(×18倍)な被害妄想を発症している状態です。それによって、心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っていました。



このような状態で自分は「トラウマ歩き」という厄介過ぎる挑戦を始めてしまいました。当時の自分は平均4時間の「トラウマ歩き」を終えると、毎回極度の疲労困憊状態に陥っていました。先程も書きましたが、そもそも自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っていました。この状態は、仕事を一切せず、ただ食べて寝てだけを繰り返すだけでも命懸けな状態です。そう、「自殺しないで生きる」だけで精一杯の日々でした。



こんな「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態で自分は「トラウマ歩き」に挑戦する事となったのです。当然、2日に1回の「トラウマ歩き」をするだけで一杯一杯の毎日です。バイトや遊びをするエネルギーなど1㎜も残っていません。(エネルギーがあったとしても、「遊ぶ」という概念がまずよく分かっていない訳ですが)



当時の自分は、こんな「トラウマ歩き」のみに集中し続ける日々にかなりの焦りも感じていた記憶です。そう、「トラウマ歩き」が続く限り、バイトなど到底無理な状態です。しかし、今の自分に圧倒的に社会経験や人生経験が足りていない事は明白でした。何せ、自分の学生時代は挫折の連続で自己否定感が膨大に膨れ上がり、まともに周りとコミュニケーションが取れない期間が10年以上続いたのです。異性どころか同性とのコミュニケーションすら圧倒的に経験不足な状態です。



ですから、当時の自分は「トラウマ歩き」の中で焦りも感じていました。「早くこのトラウマと向き合うだけの日々を終わらせて、社会生活に戻りたい」、と。ですから、一刻も早く「トラウマ歩き」を終わらせる為に、台風の日でも外に出て、時には5時間、6時間、暴風雨の中をトラウマを思い出しながら歩き続けたのでした。



『引用終わり』


このように自分は台風の日にも「トラウマ歩き」を強行していたのですが、その理由として「一刻も早くこの行為を終わらせたい」という気持ちがありました。さっさとこの行為を終わらせて、社会生活に復帰したいと思っていたのです。そう、この時の自分は32歳です。ニートで、成功体験、恋愛経験、就職経験、社会経験、皆無の32歳です。そんな状態で過去のトラウマと向き合うだけの日々を送る事に葛藤がありました。



しかし、この「トラウマ歩き」には「かなりの懐かしさ(愛着)」が発生しており、麻薬的な依存性がありました。ですから、自分は葛藤を感じつつも「トラウマ歩き」を続行したのです。



また、「トラウマ歩き」の最中に感じていた葛藤として、もう1つあった事を思い出しました。それは「この行為では1円もお金が発生しない」、という事です。そう、自分はこの「トラウマ歩き」にかなりの時間とエネルギーを費やしていた訳ですが、当然この行為ではお金は稼げません。当時の自分はそこに虚しさを感じていました。



この気持ちは2年前に行っていたパチンコⅣ期との比較から発生していたような気もします。パチンコⅣ期の自分は、半年間朝から晩までパチンコを打ち続け、およそ180万の利益を得ていました。この頃の自分にとってパチンコで稼ぐ事もかなりの心身の苦痛を伴う行為でしたが、その苦痛は金銭的利益によって報われている感覚がありました。



しかし、このトラウマ歩きには一銭の利益も発生しません。どんなにトラウマの苦痛にのたうち回り、どんなに長時間歩き続けても1円たりとも発生しないのです。自分はトラウマ歩きをしながら、そこにもかなりの虚しさを感じていました。



まとめますと、当時の自分がどんなに「トラウマ歩き」に膨大なエネルギーと時間を費やしても、それで社会経験が積める訳ではありませんでした。加えて、お金を稼げる訳でもありません。当時の自分は社会生活から完全に隔離された状況下で、ひたすら過去のトラウマと向き合うしかありませんでした。当時の自分はここにかなりの虚しさを抱えていた記憶です。



当時の「トラウマ歩き」の中で印象的に残っている情景があります。当時の自分がトラウマ歩きをしていたルートの中には繁華街やレジャースポット近辺を歩くルートもありました。ですから、その近辺をトラウマ歩きしていますと、周りは楽しそうな若者やカップルでいっぱいです。自分はそんな人達とすれ違うたびに「あぁ俺何やってるんだろうなぁ、、」と酷く悲しい気持ちになっていたのを覚えています。加えて、「こんな一銭にもならない事をなんで必死になってやっているのだろう、、」と酷く虚しい気持ちになる事も多々ありました。



しかし、それでも自分は「トラウマ歩き」を続けました。もしかしたらこの行為によってトラウマが消化出来るかもしれません。そして、最中に発生している「かなりの懐かしさ(愛着)」には麻薬的な依存性もあったのです。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村