鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

冬の季節の致命的な寝冷え②(2009年3月頃・33歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 冬の季節の致命的な寝冷え(2009年3月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にものたうち回っていた、という話でした。自分がこれらの心身の苦痛に苦しんでいた時期は、トラウマ歩きの2年目になります。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



では本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2008年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。

ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き2年目の辛さについて考えています。



『前回記事からの引用』




このように当時の自分は食事の後に仮眠を取る際に、致命的な心身の苦痛を感じていました。そして、同様に「本眠」を取る際にも致命的なトラブルが多発してました。今回の記事はこのトラブルについて書いてみます。



前からの記事の最後に書きましたように、トラウマ歩き時代の自分が本格的に眠る際には、朝6時くらいに寝付いて、昼の2時頃起きるのがルーティンでした。しかし、昼の2時に起きると高確率で寝冷えをしており、身体が冷え切っていて、身体がダルくて仕方ありません。もちろん、鼻水はズルズルです。



この寝冷えは特に「冬」に起こる事が多かった記憶です。どうして寝冷えが起こるのかと言いますと、朝6時くらいにベッドに入って寝付こうとしますと、何故か太ももが滅茶苦茶火照っているのです。この寝る直前の太ももの火照りは毎日凄まじいものがありました。あまりにも火照っていますから、足部分にだけは暑くて布団をかける事が出来ないのです。



これまで書いていますように、当時の自分は病的(×27倍)な冷え性状態に陥っていました。トラウマ歩きをする際にはGパンの下に防寒着を7枚くらい履かないと歩けない程の冷え性です。このような病的(×27倍)な冷え性状態にも関わらず、何故か眠る直前になると太ももだけが異常に火照っていたのです。ここで重要なのは火照っている箇所は「太もも」だけ、という事です。上半身部分は全く熱くなってはいません。こちらはいつも通りの病的(×27倍)な冷え性状態です。



このように寝る直前の自分は上半身は病的(×27倍)な冷え性状態、下半身は太ももの異常な火照り状態に陥っていました。これは滅茶苦茶アンバランスで異常な状態です。ですから、この時の自分は布団をどう掛ければ良いのか、かなり困りました。上半身の冷え性に合わせて布団を掛けると、下半身が暑過ぎて眠るどころではありませんでしたし、逆に下半身の火照りに合わせて布団を超少なめに掛けると、上半身が寒くて仕方ありません。どうすりゃいいんだ状態です。



ですから、当時の自分は仕方なくこういう布団の掛け方をしていました。5枚くらいの掛け布団を2つに折り畳みまして、それを上半身だけに掛けていました。そして、下半身にはタオルケット1枚を掛けるのみです。このように上半身と下半身とで布団の枚数を大幅に変えて、ようやく自分は眠りに付いていました。



ところがここから先もトラブルは続きます。眠ったのも束の間、2〜3時間もすると自分はかなりの確率で寒くて起きてしまうのです。そう、さらに厄介だったのですが、眠ってしばらく経つと、太ももの火照りは収まってしまい、今度は下半身が寒くて仕方なくなってしまうのです。当然自分は寒くて鼻水ズルズルです。



また、もう一つの原因としましては、起きている時に付けていた暖房を眠る時には消しましたから、それによって部屋の室温が下がり、それで寒くなってしまった、という面もありました。



このように自分は睡眠の途中で寒さによって起こされ、その時には鼻水ズルズルです。その後自分は布団を下半身にもしっかり掛けて、もう一眠りするのですが、さらに厄介は続きます。今度は逆に寝ている間に太ももが火照り始め、寝ている間に勝手に身体が布団から出てしまうのです。室内とはいえ、季節は冬ですから室温はかなり冷えています。これによって身体から熱がどんどん奪われていきます。



こうなりますと、3〜4時間後に起きた自分は見事に寝冷え状態です。鼻水はズルズルで身体はかなりの疲労困憊状態です。あまりに酷い時にはその日のトラウマ歩きを取りやめる事もありました。


『引用終わり』


このようにトラウマ歩き時代の自分は、寝付こうとすると太ももが異常に火照る症状に苦しんでいました。ですから、この時の自分は「上半身は病的(×27倍)な冷え性」「下半身は太ももの異常な火照り」という、異常なアンバランス状態に陥っていました。これにより布団の掛け方が滅茶苦茶難しくなってしまい、高確率で寝冷え状態に陥っていたのです。これも本当に辛かった記憶です。




この寝冷えは、特に冬の季節に起こりやすくなっていました。寝付く際には太ももの異常な火照りのせいで、その部分にタオルケットしか掛けれず、寝付いた後にはその火照りが収まり、寝冷えが起こっていました。また、布団をしっかり掛けたら掛けたで、寝ている間に勝手に身体が布団から出ているのです。ですから室温が低い冬の季節には特に寝冷えし易かった記憶です。



では冬の季節以外には寝冷えしなかったのかと言いますと、そうではありませんでした。春や秋にも少し気温が下がるだけで寝冷えしてましたし、夏にはエアコンの寒さで寝冷えしてもいました。要するに季節関係なく寝冷えしていたのです。



当時の自分は朝6時に眠りに付いて、昼の2時頃起きる生活をしていたのですが、昼の2時に起きると、高確率で身体がキンキンに冷え切っているのです。そして、鼻水はダラダラ、身体はかなりの疲労困憊状態です。



そう、自分は疲労感を癒す為に朝6時頃眠りに付くのですが、昼の2時に起きると高確率で体調がぶっ壊れているのです。つまり、8時間寝たにも関わらず、眠る前より体調と疲労感が悪化しているのです。これは当時の自分にとって本当に理不尽な現象でした。



そして、当時の自分が朝6時に眠りに付く際には「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」、この2つによる致命的な精神的苦痛を必死に必死に耐えなければ寝付く事が出来ませんでした。これらの2つの致命的な精神的苦痛と、太ももの火照り、これらを必死に必死に我慢して寝付いたと思ったら、8時間後、身体はキンキンに冷え切っており、鼻水はダラダラで、かなりの疲労困憊状態です。当時の自分はこの理不尽が本当に悲しかったですし、苦しかった記憶です。



そう、まさにこの時の自分も「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥っていたと思います。必死に必死に様々な苦痛を我慢して寝付いたと思ったら、8時間後体調が滅茶苦茶に崩れているのですから。この現象は3日に1回くらいのペースで起きていた印象で、この事による悲しさや苦しさはかなりのものがありましたし、無力感もかなりのものがありました。そりゃ自己肯定感はさらに下がり、鬱も悪化するはずです。



ではここからは、これまで書いてきた寝冷えに関する辛さをトラウマ歩き時代の「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」のⅵとしてまとめたいと思います。


トラウマ歩き時代の「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」


ⅵ 当時の自分は、寝付こうとすると太ももが異常に火照る症状に苦しんでいた。理由は分からないが、寝付こうとすると太ももが異常に火照り始め、暑くてたまらない。故に、この時の自分の身体は「上半身は病的(×27倍)な冷え性」「下半身は太ももの異常な火照り」という、異常なアンバランス状態に陥っていた。これにより布団をどう掛ければ良いのか分からない。上半身に合わせて布団をかければ、下半身が暑くてたまらないし、下半身に合わせて布団を掛けると寒くて仕方がない。このように特に冬の季節に布団の掛け方が滅茶苦茶難しくなってしまい、寝付いた後に高確率で寝冷え状態に陥ってしまっていた。



当時の自分は朝6時に眠りに付いて、昼の2時頃起きる生活をしていたのだが、昼の2時に起きると、上記の理由で高確率で身体がキンキンに冷え切っているのだった。そして、鼻水はダラダラ流れ、身体はかなりの疲労困憊状態。つまり、8時間寝たにも関わらず、眠る前より疲労感が悪化していたのだった。これは当時の自分にとって本当に理不尽な現象だった。



加えて、当時の自分が朝6時に眠りに付く際には「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」、この2つによる致命的な精神的苦痛を必死に必死に耐えなければ寝付く事が出来なかった。これらの2つの致命的な精神的苦痛と、太ももの火照り、これらを必死に必死に耐えて寝付いたと思ったら、8時間後、身体はキンキンに冷え切っており、鼻水はダラダラ流れ、かなりの疲労困憊状態で起きてしまう。この現象は季節を問わず、3日に1回のペースで起きていた印象で、当時の自分にとっては本当に致命的に理不尽な現象だった。これにより当時の自分の自己肯定感はさらに下がる事となった。



いいですね!よくまとまりました。



今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村