鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹の人生を改めて振り返る⑤(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹の人生を改めて振り返る④(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』


ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代以降の話を聞いていった、という話になります。



『前回記事からの引用』


このように「尿管結石事件」によって、27歳の自分は両親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じるようになったのでした。そして、28歳の10月に古本屋バイトを辞め、引きこもり始めたのです。この引きこもりはガチの引きこもり状態でした。外出は1ヶ月に1〜2時間だけ、必要最低限の買い出しの時だけです。この時の自分は、どうして自分の人生はどこに行っても居場所を作れなかったのか、不思議で仕方ありませんでした。そこでその謎を解く為に、自分の過去のトラウマや挫折をノートに書き始めたのでした。



一方この頃の妹は、親の協力を得て2度目の大学受験に挑戦しようとしていました。この時妹は25歳です。当時の妹はアトピーは多少回復したものの、パニック症候群を発症していました。電車に乗ると気分がかなり悪くなっていたようです。しかし、妹はその状態を押して、受験勉強に挑みました。そして、そんな妹を親は応援していました。



ところが、当時の自分からすると、そんな妹の事が邪魔で邪魔で仕方なかったのでした。自分が全ての人間関係から脱落して、思い出したくもないトラウマを思い出し続けているのに対して、妹は親を巻き込んでの受験勉強ですから。そう、自分が「殺したい」程憎んでいる両親と妹が、結託して何かをしているのです。もう病的(×6倍)に目障りで仕方ありませんでした。



また、尿管結石事件の発端となった、「妹の出すドア音」、これも当時の自分にとっては、病的(×6倍)な被害妄想と憎悪を発生させる絶対に許せない音でした。ですから、この切り口から見ても、妹に対する憎悪は「殺したい」程だったのです。



ですから、引きこもり中の自分は、妹に対する暴力衝動を我慢出来ず、威嚇行動を取る事があった記憶です。奇声を上げたり、床や壁をガンガン殴ったり、です。



このような自分の威嚇行動が、妹のメンタルに悪影響を与えた事は間違いないと思います。妹からすると、受験勉強に専念しなければならない時期に、隣の部屋で狂った兄が威嚇し続けているのですから。その結果、妹は2回目の大学受験にも失敗してしまいました。この原因は隣で狂っていた兄である自分にかなりあったと思います。



そして、この時の自分がどうして狂っていたのかと言いますと、根本原因は「小学校3年生の時の家庭環境の戦争状態突入」にあります。この事件によって、自分は学校生活で全く周りとコミュニケーションが取れなくなり、ひたすら挫折を繰り返し、自己否定感と孤独感を増大させていったのですから。



『引用終わり』


このように妹は25歳の時に2度目の大学受験に挑みましたが、その間隣の部屋に住んでいる狂った兄(自分)から激しくメンタルダメージを受け続けた事だと思います。その負の影響の結果、妹の2度目の大学受験も失敗に終わったのでした。妹にとってこの2度目の受験失敗での挫折感もかなりのものがあったと思います。



妹の大学受験から4ヶ月後に我が家は引っ越しをする事になりました。この引っ越しにより、自分の鬱はさらに激化し、家族に対する憎悪もさらに激化しました。そして、妹の方もアトピーを激化させ、ガチの引きこもり状態に陥ったのです。ここから妹は10年間、ガチの引きこもり状態が続きました。26歳から35歳までの間、妹は外出は年1〜2回のみで、残りは部屋で過ごす日々が続いたのです。



そして、引越しから1年半後には自分と妹との間に「深夜2時近辺の戦い」が勃発しました。自分は連日のように深夜2時近辺に発狂し、妹に様々な威嚇行動をしました。以下、その当時の具体的な描写です。


自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



う〜ん、狂ってます。妹はここでも自分からかなりのメンタルダメージを受けたと思います。そして、それによってアトピーにも更なる悪影響があったのだと思います。



そして、妹は35歳の時に10年間付き合った彼氏と結婚する事になりました。妹は引きこもりを脱し、家を後にしたのでした。10年間引きこもり生活を続けていて、結婚生活が営めるものかと、自分も両親も最初は半信半疑でした。しかし、結婚して2年後には子供を授かり、今現在(2022年11月)結婚生活はもう7年続いています。自分の子供を自分達のような引きこもりにしないよう、子育てに奮闘しているようです。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








PVアクセスランキング にほんブログ村