鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹に対する憎悪の発生と増幅(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹のアトピーと精神的ストレス(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代以降の話を聞いていった、という話になります。




『前回記事からの引用』



このように妹は高校中退後、大学を目指したのですが、大学受験に失敗し、アトピーが悪化してしまいました。そして、外出が出来なくなり、21歳の頃に引きこもり状態になってしまいました。




一方、自分の方はこの時24歳です。2つ目の大学の2年目を休学し、ちょうど引きこもり状態になっていた所でした。ですから、この時自分と妹は同じ引きこもり状態にあり、境遇が似ていたのです。ですから、気が合う部分があり、一緒にTVを見たり、ゲームをしたりで、かなりの時間を一緒に過ごしたのでした。




ここからは妹とアトピーの関係を紐解いていきたいと思います。その関係は妹が中学生の時から始まっていました。当時妹は生徒会の選挙に立候補したものの、落ちてしまったのです。そして、その直後からアトピーを発症した、という話でした。



自分はこの話を聞き、ピンとくるものがあった記憶です。そう、自分も幼い頃から喘息に苦しんでいたのですが、それは「心因性」のものだったという結論が出ていました。何故なら高校時代の喘息発症には法則性があったからです。当時自分は必ず日曜夜に激しい喘息を発症していたのですが、これによって全く眠る事が出来ず、一睡も出来ずに高校に行く事がよくありました。



どうして、日曜日夜だったのかと言いますと、それは当時の自分が高校生活にかなりの恐怖を感じていたからです。自分は高校1年生の時に「暴言事件」を起こしてしまい、高校生活が恐ろしくて堪らなくなってしまったのです。そして、その恐怖が最も高まるのが日曜日の夜でした。自分は明日からまた高校生活が始まると思うと、恐ろしくてたまりません。この高校生活に対する激しい拒否反応が喘息を発症させていたのだと思います。でないと、日曜夜に必ず喘息が発症していた現象を説明できません。



このように自分は「自分の喘息=心因性」という結論に辿り着いていました。その上で妹の中学時代のアトピー発症の話を聞いたのですが、そこで妹のアトピー発症もまた「心因性」のものではなかったか、と思ったのです。中学での選挙落選の精神的ショックがアトピー発症のトリガーになったのではないか、と。


また、小学校時代の妹は今で言うところの「ヤングケアラー」だったのですが、そこで受けたストレスも、中学時代のアトピー発症の要因になっていたかもしれません。



加えて、先程書きましたように、妹は21歳の時にアトピーが激化し、外に出れなくなり、引きこもりになってしまいました。このアトピーの激化も「心因性」だったのかもしれません。何故なら、直前の妹は大学受験に失敗し、かなりの挫折感を味わっていました。



また、もしかしたら高校時代の「外泊事件」もアトピー激化の要因になっていたかもしれません。この事件で妹と母親との関係性にヒビが入ったでしょうし、この事件自体のメンタルダメージもかなりのものがあったと考えられます。当時の妹は彼氏と共依存状態にあり、かなりメンタルが不安定だったでしょうから。



このように自分は妹のアトピーの歴史を聞いていくうちに、妹のアトピーもまた「心因性」だったのでは、という思いを抱くようになっていったのです。



『引用終わり』



このように自分はアトピーの話も含めて、妹の半生を聞いていきました。前回の記事に書きました通り、妹は21歳の時にアトピーが激化し、引きこもり状態になってしまいました。そして、この時の自分(24歳)もちょうど大学を休学して引きこもり状態だったのです。ですから、自分と妹は引きこもり同士気が合う部分があり、大学休学中の1年間、かなりの時間を一緒に過ごしました。この時期は2000年4月〜2001年3月です。この時期以降、自分と妹の人生は急速に離れていく事となります。



自分は大学休学が明けると、2つ目の大学に復学しました。しかし、やはり人間関係が作れず半年で挫折する事となりました。その後、バイト先でも人間関係が作れず、ここでも挫折。同時に家の中でも孤立状態に陥り、2003年10月に「尿管結石事件」発生。そして、2004年10月〜2005年10月に全ての人間関係から脱落して、部屋に引きこもり、ノートに自分のトラウマをひたすら書いていく事になったのでした。



一方妹の方のその後の人生はどうだったのかと言いますと、自分よりは上手くいっているように思えました。急にイギリス留学を言い出した時にはびっくりしましたが、1ヶ月の留学を無事終わらせて帰ってきました。ホームステイ先の家庭では可愛がって貰ったという話でしたね。自分はこの話を聞き複雑な気持ちになりました。留学が上手くいった事は何よりでした。しかし、妹のコミュニケーション能力の高さは目を見張るものがあり、自分はそれにかなりの劣等感を感じた記憶です。



そう、大学時代の自分は学校生活において、異性どころか同性とすら全くコミュニケーションが取れずに、のたうち回っていました。そんな日本語でのコミュニケーションすらおぼつかない自分からしたら、異国の地でのコミュニケーションを成功させてきた妹は信じられない能力の持ち主に思えたのです。




さらに妹は留学から帰ってきた後、彼氏が出来たという話でした。その話もまた自分の劣等感を大きく刺激する話でした。何故なら自分は小学校高学年以降、彼女どころか異性とのコミュニケーションすら皆無だったからです。そして、そんなコミュニケーション能力を改善しようと大学で空手部に入ったのですが、3年後の自分はそれを改善するどころかさらにコミュニケーション障害が病的に悪化していました。当時の自分はそんな自分の人生に絶望的な悲しさと虚しさを感じていました。



ですから、妹に彼氏が出来た事で、当時の自分は妹が遠くに行ってしまったような気持ちになったのでした。と同時に激しい劣等感も感じたのです。それは先程の妹の留学で発生した劣等感も相まって、です。



さらに、当時の自分は母親に対してかなりの憎悪を募らせていました。自分が家庭に「安心」や「安らぎ」を求めているのに、母親が10年以上に渡って父親を激しく糾弾し続けていたからです。そう、我が家は自分が小学校3年生の時に戦争状態に陥ったのですが、それは10年経っても相変わらず続いていました。それどころか、年々悪化しているような勢いであったのです。自分は母親に対する憎悪を募らせていき、母親とのコミュニケーションが不可能になっていきました。



そして、妹はそんな母親とコミュニケーションを続けていました。妹も母親に対して色々不満はあったようですが、コミュニケーションを切るほどの不満では無かったのでしょう。自分はそんな妹に対して憎悪を感じ始めました。「母親とコミュニケーションを取り続ける妹も憎い」という訳です。もちろんこの憎悪の裏には妹に対する激しい劣等感も大きく影響していたと思います。妹に対する激しい劣等感が、妹に対する憎悪をより激しくさせていたのです。



ここに至り、自分は妹とのコミュニケーションも辞める事にしたのでした。この時期は2003年の3月頃です。振り返ってみますと、自分が大学を休学して、妹と仲良く過ごしていた時期は、2000年3月〜2001年3月の1年間です。つまり、2001年3月から2003年3月の2年間の間で、自分は妹に対する劣等感と憎悪を激しく募らせていき、コミュニケーションが不可能になっていったのです。そして、2003年の秋には「妹の出すドア音」を巡って、妹との間で諍いが起こり、10月に「尿管結石事件」発生、という流れになります。ここに至り、自分は妹に対して『「殺したい」程の憎しみ』を感じるようになっていたのでした。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村