鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

子供を自分のような社会不適合者に育てない為に親はどう子育てをすれば良いのか?

皆さんこんにちは。スキッパーです。前回の記事「15年間引きこもった自分が言いたい事」の続きを書かせて頂きます。



「子供を自分のような社会不適合者に育てない為に親はどう子育てをすれば良いのか?」を100%子供目線でお話しするという事ですが、まず思うのが「両親に仲良くしていて欲しかった」ですね〜。



うちの家庭は小3の頃父親が事業を始めてからというもの、夫婦仲及び家庭環境がしっちゃかめっちゃかに壊れ、いわば戦争状態に突入した印象なんです。そうそう、前回の記事で自分が大学を2つ中退した後1年間引きこもって「自分の人生は何故こんな不毛なものになってしまったのか?」というテーマで自分の人生を全てノートに書き出したという話をしましたが、このノートを書き始めた時に愕然としたのが、自分の記憶の中で小3以前の記憶と小3以降の記憶では明らかな違いがあった事なんです。それはどういう事かと言いますと、小3以前の思い出には色がついていてフルカラーなのですが、小3以降の記憶はずっと灰色なんですよ。「こ、この色の違いはな、なんなの?Σ(゚д゚lll)」って感じでしたね〜w



それでさらに記憶を紐解いていくと、この小3の時期に父親が事業を始め、それにより両親の仲が荒れに荒れ、家の中がぶっ壊れていった事を思い出した訳です。



具体的に荒れに荒れた理由を挙げていきますとまず1つはうちの父親が事業を始めた事でうちの父親のメンタルが悪化していきました。まぁうちの父親はそもそも事業を始める前からメンタルが不安定でうちの母親に神経を使わせる存在だったのですが、これが慣れない新事業のせいでますます悪化し、そのストレスから逃げようと酒乱気味になり、母親を怯えさせていました。



また2つ目の理由としてその新事業に伴い、うちの父親方の祖母がニートの息子(うちの父親から見ると弟、自分から見るとおじさん))を連れて勝手にうちの家の近所に引っ越してきてしまいまして、この2人をどう扱うかを巡る両親のケンカがまぁ酷かった。うちの父親は「あの2人の事はもうほっとけ」と言うのですが、心優しいうちの母親は「そんなこんな近所に住んでてほっとくわけいかない」と一歩も譲らず、そこから10年以上この問題は平行線を辿り、火種であり続けました。



この2つの理由で両親の仲は悪化し、家庭内は常にピリピリピリピリ一触即発な緊張感が漂うものになっていきまして、それに伴い自分のメンタルも悪化し、小3以前から喘息持ちではあったのですが、小3以降は喘息で夜眠る事ができず、学校を休みがちになっていきました。




では今日の所はこれで失礼します。読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m