鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ようやく記憶のサルベージの折り返し地点に到着(2004年12月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「精神年齢の成長が小3で止まっていた事に気付く③(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が「自分の精神年齢の成長が小3で止まっていた」という仮説を思い付いたものの、それはとても認めたくないものだったという話でした。しかし、記憶のサルベージを進めれば進める程その仮説の正しさを裏付ける記憶が次々と引き揚げられていったのです。さて、ここら辺で自分が記憶のサルベージを始めて以来、衝撃を受けた事柄を挙げていきたいと思います。途中までいつものコピペです。



・自分の過去を振り返ろうとすると、視界0mの超濃霧状態で全く自分の過去を見えない。(過去を振り返ろうとするも視界0mの超濃霧状態で後ろが全く見えない(2004年4月頃・28歳))


・自分が高校以来食欲が全く無くなっている事に気付き、自分が長年鬱だった可能性に気付く。(高校時代以後食欲が一切無くなっていた事が異常だったと気付く(2004年9月頃・28歳))


・自分が長年鬱だった可能性が出てきた事で、「自分は本質的に極度に劣っている人間なのでは?」という思いが若干薄らぐ。(自分が長い間鬱であった可能性が出てきてホッとした(2004年9月頃・28歳))


・小学校3年生以前の記憶と、小学校3年生以後の記憶とでは、明らかに色合いが違う事に気付く。小3以前はフルカラーなのだが、小3以降は灰色一色。( 小3以前の記憶⇒フルカラー、小3以降の記憶⇒灰色(2004年9月頃・28歳))


・小学校3年生付近の記憶を引き揚げてみると、小学校3年生以降自分の家庭が戦争状態に突入した事を思い出す。(小3を起点とする記憶の色の違い=小3時の家庭環境の急激な悪化(2004年9月頃・28歳))


・若かりし頃の両親の写真を見て号泣。(若かりし頃の両親の写真を見て号泣(2004年9月頃・29歳))

・大学空手部の印象が180度真逆に変わる(記憶のサルベージにより空手部の印象が180度真逆に(2004年9月頃・29歳) )



コピペここまで。


・大学3年次に受け始めたカウンセリングの初回、号泣し続けた事を思い出す。(カウンセリング初回、号泣し続けた話(2004年10月頃)カウンセリング初回に号泣した理由(2004年10月頃・28歳))


・自分の精神年齢の成長が小3で止まっていた可能性に気付く(精神年齢の成長が小3で止まっていた事に気付く②(2004年10月頃・28歳))




このように自分にとって目から鱗な事柄が、次から次に言語化されていったんですね。そして、最後の「自分の精神年齢の成長が小3で止まっていた可能性に気付く」辺りの記憶をサルベージしていた時期が、ちょうど記憶のサルベージの中間地点といった印象です。これを書いていたのは2004年の年末頃だったと思います。そう、遡る事4ヶ月前、自分は古本屋バイトを辞めまして、それにより家族関係を含む全ての人間関係が無くなりました。そして、ここから部屋に完全に引きこもり、食べる時間と寝る時間以外全ての時間を記憶のサルベージに注ぎ始めたんですね。記憶のサルベージというのはノートに全ての過去の記憶を書いて行く行為の事です。それは気が遠くなる程膨大な作業の始まりでした。28年間に渡ってほとんど言語化されて来なかった記憶を記憶の海から引き揚げていく訳ですから、全ての記憶が曖昧であやふやです。その記憶を言語化し、あらゆる角度から事実関係を検討し、組み合わせ、因果関係を確定させていく、この作業にはとてつもない慎重さと時間が必要だったのです。そして、正確に言いますと記憶のサルベージ自体はバイトを辞める半年前の2004年の4月から始めていました。つまり最初の半年間はバイトと並行して記憶のサルベージを行なっていたんですね。しかし、どれだけサルベージしても一向に記憶の底が見えて来ない状況に業を煮やした自分はバイトを辞め、自分の時間の全てを記憶のサルベージに使う事を決断しました。そして、ここからは自分の時間の全てをサルベージに注ぎ込み始めたのですが、それでも全然記憶の底は見えてきません。さらにノートに自分の過去を書きに書きまくってようやく辿り着いたこの「自分の精神年齢って小3で止まっていたのでは?」という仮説、この仮説を思い付いたのが2004年の年末頃だった印象です。そう、2004年4月から始めた記憶のサルベージがようやくここで折り返し地点に入った印象です。と、言いましてもこれはこのブログを書いている2020年10月の自分の印象でして、2004年当時の自分はここが折り返し地点だなんて全く分かっていません。「半年間ひたすらノートに自分の過去を書き続けているにも関わらず全然ゴールが見えてこない。いつになったら終わるのだろう、、」と相変わらず途方に暮れながら、サルベージを続けていました。







今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村