鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部時代を評価④(2004年9月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部時代を評価③(2004年9月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が心の支えにしていた「空手部でついたはずの体力と自信」が、でっち上げられたものだった事に気付いたという話でした。そう、自分は大学空手部の引退後、「曲がりなりにも自分は空手部で3年間身体を動かし続けたのだから、それなりに体力と自信がついたのではないか?」という希望的観測を支えにして2つ目の大学生活を送っていたのですが、それは根拠も何もない、張りぼての体力と自信だったのです。それは100%願望のみで作られた現実とは真逆の虚構でした。しかし、自分はその虚構を心の支えにして生きていく他無かったのです。実際の現実を見てみますと、空手部の3年間で自分の鬱は3倍に酷くなり、自尊心はさらに破壊され、コミュニケーション能力もさらに悪化していました。これは空手部入部当初の自分の青写真とは明らかに真逆の結果であり、絶望的な失敗でした。しかし、自分はその絶望的な失敗を認める事が出来なかったのです。つまり、空手部の3年間が自分の鬱を3倍にする程辛かったが故に、そうそう簡単にその失敗を認める事は出来なかったという事になります。



しかし、空手部引退から7年経つと自分はいよいよ現実世界で行く当てがなくなり、自分の部屋に引きこもる事になりました。その時になってようやく自分は「あぁあの空手部の3年間は大失敗だったのだな」と認める事が出来たのです。いや、認めざるを得ない所まで追い込まれたのです。そう、自分が心の支えにしていたのは「曲がりなりにも自分は空手部で3年間身体を動かし続けたのだから、それなりに体力と自信がついたのではないか?」という思いでしたが、これがもし本当なら空手部引退後の自分は、多少なりとも体力と自信をつけて、2つ目の大学生活でそれまでよりもまともに自分の居場所を作れた事でしょう。しかし、実際には空手部引退後の自分は、さらに体力を失った状態に陥り、コミュ障具合もさらに悪化していましたから、居場所の作れなさもさらに悪化していたのです。そして最後にはこのように部屋に引きこもる事になってしまいました。こうなってしまうと長い間自分を支えていた「曲がりなりにも自分は空手部で3年間身体を動かし続けたのだから、それなりに体力と自信がついたのではないか?」という思いが、願望のみで作り上げられたでっち上げの体力と自信であったという事を認めざるを得なかったのです。




そして、自分は部屋に引きこもり記憶のサルベージを始めました。そこで空手部の記憶を言語化していく中で、実は空手部の3年間が自分に体力と自信をもたらすどころか、鬱は3倍に酷くなり、さらに自尊心は破壊されて行った事を理解していきました。自分はこう思いました。「あぁ自分は空手部に入る事で体力や自信をつけ、コミュニケーション能力が改善されていく事を目論んでいたけど、実際には真逆の結果しか産んでいなかったのだなぁ」と。それは悲し過ぎる事実でしたが、受け入れるしかない仕方の無い事実でした。だってもう現にこうやって自分は現実世界で行くあてがなくなって引きこもっており、空手部の3年間が自分にとってネガティブな効果しか産まなかったという結果がこうやって出ているのですから。そう、自分はそうやって長い間心の支えにしていた張りぼての体力と自信と決別したのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村