鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリングにより自分の中に感想と感動が発生(2004年10月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「カウンセリング2回目以降の話(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。





前回の記事は大学時代のカウンセリングについての話でした。自分は大学3年生の4月に初めて大学内のカウンセリングセンターを訪れたのですが、初回はただただ号泣して何一つ喋る事が出来ませんでした。そして2回目以降、カウンセリングの先生の問いに答える形で自分の事を喋り始めたのです。これは自分にとって生まれて初めての「自己表現」でした。そのお喋りはとてもおぼつかなく、とてもゆっくりとしたペースだったように記憶しています。何せこれまで自分は「自分の事を喋る」という行為を全くしてきていませんでしたからね。脳の中にある自分のモヤモヤした感情を言葉に変えるまでにはけっこうな時間が必要でした。そう、モヤモヤした感情に見合う適切な言葉を脳内で探すのに時間がかかっていた記憶です。また、当時の自分は感情だけでなく記憶もうすらぼんやりしていましたから、それを思い出し、言葉に変換する際にも時間がかかっていたと思います。そのようにして自分はホントにゆっくりとしたペースで「喋る」という自己表現を始めていきました。カウンセリングは基本週に1回で1時間でしたが、行き始めた当初の自分は泣いてばかりいましたから、初回と2回目のカウンセリングは特別に1時間半とか2時間だった記憶です。そしてその頃の最大の苦しみは「空手部」の事でしたから、ひとしきり泣いた後は空手部の辛さをボソボソ喋り始めた記憶です。また、当時所属していたゼミでも周りの同級生と全くコミュニケーションが取れず、浮きまくっていましたから、それも辛いという話もしていたと思います。




このような感じで自分とカウンセリングの長いお付き合いが始まりました。まずは1つ目の大学で2年間カウンセリングを受けまして、2つ目の大学でも2年目の休学を機にカウンセリングを受け始めました。自分はカウンセリングに対してこう期待していました。「カウンセリングを受ける事で周りの学生と全くコミュニケーションが取れないこの状況が改善されるのではないか?」、と。ところが現実は甘くなく、カウンセリングを受け始めてからも自分のコミュニケーション能力は全く改善していかず、苦しい学生生活が続いていったのです。そう、学生生活を改善させるという面においてはカウンセリングは全く持って無力でした。しかしカウンセリングを受け始めて2年目ぐらいから、学生生活以外の時間においてはポジティブな効用が現れ始めました。それは映画や本を見ると、自分の中に「感想」や「感動」が湧き上がるようになってきたのです。以前の記事で書きました通り、自分は幼い頃からゲームのRPGをしても、本を読んでも全く「感想」というものが思い浮かばず、「感動」も全くしない子供でした。そして、ファミコンを一緒にする友達はいましたが、彼らの性格や人となりを知る事も全くない子供だったのです。「共感能力」や「他人への興味」が著しく欠落している子供でした。ところがカウンセリングを受け始めてから2年程経つと、自分の中に「感想」や「感動」が生まれ始めたのです。1999年に流行った映画で「ライフイズビューティフル」という映画があるのですが、自分はこの映画を見て号泣しまして、何かの創作物を見て泣くという行為は生まれて初めての経験でした。(正確に言いますとこの3年程前に見たエヴァンゲリオンでも号泣していますが、この話は割愛します。)その後自分は2つ目の大学に移ったのですが、そこでも人間関係が作れず、2年目から休学に追い込まれます。しかしその休学の1年間で自分は様々な映画や本を見まくりまして、その感想をノートに書き続けました。自分は「自分という人間が『感想』や『感動』を感じる人間になっている事」に驚きました。また、「感想」や「感動」を言語化してノートに書くという行為も生まれて初めての事でしたから、それもとても新鮮で刺激に溢れていたのです。自分はそれまでの24年間本や映画をほとんど見て来なかったのですが、その穴を埋めるかのように、本や映画に没頭しました。では何故カウンセリングを受ける事で自分の中に「感想」や「感動」が産まれるようになったのでしょうか?その6年後自分は記憶のサルベージをしていく中でこう考えました。「カウンセリングを受け始める事で、自分は『自分という人間がどういう人間でどういう人生を送ってきた人間なのか』をおぼろげながら理解していった。それにより、『自分が送ってきた人生』と『創作物に表現されている人生』を比較できるようになり、感想や感動が産まれるようになったのではないだろうか?」、と。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村