鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高1時の暴言事件により鬱を本格発症④(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「高1時の暴言事件により鬱を本格発症③(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、暴言事件の後の話でした。事件の詳細はこちら↓になります。



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑥〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード16



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑦〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード17



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑧〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード18


暴言事件後の話



そう、この事件によって自分の心の中には「巨大な恐怖」と「巨大な悲しみ」が発生しました。そして、これらは事件から日数が経っても全く減る事が無かったのです。何故なら自分はこの事件を誰にも相談出来なかったから。故に自分の心は常に「超パニック状態」であり続け、それにより自分の鬱が本格的に発症する事になったのです。自分の高校生活は漆黒に塗り潰される事になりました。




自分がこの事件をきっかけに発症した鬱の諸症状は以下の通りになります。



・慢性的な食欲消失

・日曜夜の喘息

・突発的な酷い目まい

・慢性的な疲労感と眠気



詳細は「高1から始まった鬱の諸症状」になります。懐かしいですねぇ。この4つの症状は全てこの事件により発生したモノです。ここからは、これら4つの症状と暴言事件の因果関係を書いて行きたいと思います。まず因果関係が説明し易いのは、「日曜夜の喘息」と「慢性的な疲労感と眠気」ですかね。では説明していきます。




あの事件以降、自分は部活の時間になると巨大な恐怖と巨大な悲しみに心を押し潰されるようになっていました。そう、「あの暴言が女性の先輩達に伝わったらどうしよう」という恐怖と、「あの暴言により男の先輩達からかなり軽蔑されたに違いない」という悲しみです。そして、この恐怖と悲しみはあまりにも巨大でしたから、部活以外の時間、つまりクラスで授業を受けたり、学食で食べたりする時間にまで、漆黒の影を落としていったのです。この事件以降自分はさらに自分に対する自信を失っていましたから、事件前から出来ていなかったクラスメートとのコミュニケーションがさらに困難になっていきました。あの事件以降自分の心の中は「巨大な恐怖」と「巨大な悲しみ」に支配され続けていましたから、休み時間になっても、クラスメートと何を喋って良いのか全く分からなくなってしまったのです。そもそも事件以前から自分と周りのクラスメートとの間の精神年齢差はどんどん開いていき、コミュニケーションがどんどん困難な状況になっていました。さらにこの事件がダメ押しとなり、完全にクラス内の人間関係から脱落したのです。




振り返ってみますと、中学校時代の自分はクラス内においていわゆる「大人しめのクラスメート」が集まるグループに所属していまして、そこの中の居心地は悪くは無いモノでした。ただし、前にも書きましたが、同じグループにいた大人しめのクラスメートが体育会系のクラスメートからからかいの対象になっていしたから、次はその対象が自分に移るのではないかと常にビクついていたのです。そして、高校でも自分は「大人しめのクラスメート」が集まる5〜6人のグループに身を寄せていました。文化系やヲタク系のクラスメートが多かったですね。ところが、あの事件以降、彼らとのコミュニケーションすら困難になってしまったのです。自分は彼らを前にすると何を喋って良いのか全く分からなくなり、軽く緊張するようにさえなってしまいました。こうなると自分は休み時間になると「友達と喋る」という選択肢がなくなってしまいまして、自分の席で一人で本を読んだり、図書館に逃げ込むようになりました。ただし、読んでいる本の内容は全く頭の中に入っていません。自分の心の中の90%は「巨大な恐怖」と「巨大な悲しみ」に支配されていましたから、本の内容が頭の中に入ってくる隙間など皆無だったのです。この「休み時間に本を読む」という行為は「自分には友達がいない訳ではなく、本を読みたいから1人でいるのだ」という自分なりの悲しいカモフラージュでした。他のカモフラージュで言いますと、休み時間になると机の上に突っ伏して、「寝たフリ」なんかもよくしていましたね。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村