鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

タップダンス教室での自己矛盾(過去編・1999年9月・23歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 タップダンス教室を辞めたくて仕方ない(過去編・1999年9月・23歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も自分がタップダンス教室を辞める決意をした話でした。そう、タップダンス中の体調が辛くて仕方なかったですし、ダンスが上達している手応えも何もありませんでした。また、その教室で人間関係を何も築けていませんでした。しかもその状態で集団の中に入ると自意識過剰の被害妄想状態に陥ってしまい、それも滅茶苦茶精神的にキツかったのです。例えば自分が集団の中で誰とも喋れずに一人でポツンといると、それを周りの人達が嘲笑っているかのような、そんな被害妄想に襲われてしまうのです。この被害妄想は高校時代からありました。高校1年生の時に新入生歓迎会から逃げ出した事件なんて、まさにこの被害妄想が引き起こした事件でしたからね。この事件の詳細は以下の通りです。



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言③〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード13



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言④〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード14


〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑤〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード15



そんな感じで、自分は「発表会が終わったら、タップダンス教室を辞めるぞ!!」という気持ちを支えにして、発表会までの1ヶ月を過ごしていったのです。この1ヶ月間はタップダンス教室に週2〜3回ペースで通っていた記憶です。よく考えてみますと、あの状態もけっこう両価的な状態でしたね。もはや自分はタップダンス教室がホントに嫌になっていたのですが、それでもタップダンス教室には通い続けていたのです。あれはけっこうな自己矛盾でした。どうしてすぐにタップダンス教室を辞めなかったのかと言いますと、急に辞めてしまうと発表会で他の人達に迷惑がかかると思ったからです。自分が出場する演目は集団でやるタップダンスばかりでしたから、急に辞めたら迷惑がかかると思い、発表会までは続ける事にしたのです。そう、急に辞めたら自分の所に先生が電話を掛けてきて、辞める理由を聞かれるでしょうが、自分はその理由を上手く説明出来る自信が全くありませんでした。だったら電話に出なければ良い話ですが、なんかそれも後味が悪い感じがしました。だったら後1ヶ月我慢して、円満に辞めよう、という感じです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村