鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

タップダンスの発表会でも被害妄想爆発(過去編・1999年10月・23歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 タップダンス教室での自己矛盾(過去編・1999年9月・23歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も自分がタップダンス教室を辞めたくて仕方なかった、という話でした。自分は「発表会が終わったら、タップダンス教室を辞めるぞ!!」という決意を胸に秘めながら、発表会までの1ヶ月を過ごしていきました。そして、いよいよ発表会本番の日がやってきました。ようやく今日が終われば、タップダンスを辞める事が出来ます。なんかこの感じって大学空手部の3年間と似ていますね。あの時も自分は空手部の事が死ぬ程嫌だったのですが、辞めずに3年間全うしてしまいました。あの頃の自分ってなんかこう「辞めるに辞められない」という状況に陥りやすいメンタル状況だったのだな、と思います。まぁそれも仕方ありません。自分は幼い頃から自分自身の事を何も把握せずに生きてきました。自分は幼い頃から日々の出来事や感情を全く自己表現せずに生きてきましたから、記憶が何も整理整頓されておらず、超カオス状態に陥っていたのです。そうなりますと、自分に関する正しい状況判断を到底下せるはずもなく、このタップダンス教室や空手部のようににっちもさっちも行かない状況に陥り易かったのだと思います。自主練やトレーニングのような「無意識の自傷行為」が起こってしまっていたのも同じ理由です。




さて、自分はそんなにっちもさっちも行かない状況を1ヶ月間耐えまして、タップダンス教室の発表会当日を迎えました。この日の自分の頭の中は「今日が終われば、タップダンス教室を辞めれるぞ!!」しかありませんでしたね。自分はやる気があるんだか無いんだからよく分からない気持ちで、発表会が行われる公民館に向かいました。しかし、この日も自分はかなりの孤独感を味わう事となりました。まずは練習やリハーサルの時間ですが、この時間はそんなに孤独感を味わう事はありませんてした。この時間は周りの30人くらいの生徒達と一緒に先生の指示を聞いたり、練習をしたりしますので、それに従っていれば良いだけです。問題なのは、その合間の待ち時間です。この時間は各々自由にしていい時間なので、それぞれが用意された大きい楽屋で周りと喋ったりしてくつろいでいます。そう、こういう状況の話は以前の記事でもしましたが、自分はこういう状況がホントキツかったのです。自分は喋り相手が誰もいませんでしたから、一人でポツンと過ごすのですが、そうしていると頭の中に被害妄想が浮かんできてしまうのです。周りの30人が一人でいる自分の事を嘲笑っているかのような被害妄想に囚われてしまうのです。自分の頭の中はその被害妄想による精神的苦痛でかなり追い詰められていた記憶です。




あの頃スマホがあれば、スマホをいじるフリでなんとなく体裁が作れたかもしれませんが、当時はまだスマホは発売されていませんでしたし、自分はガラケーも持っていませんでした。ですから、どうしたってそういう待ち時間が手持ち無沙汰になってしまうのです。この前のリハーサルの時は「人気のない階段」という逃げ場があったからまだ良かったのですが、この時の本番の公民館にはそのような逃げ場が全く無かったのです。本番当日ですからどこの場所にも人が出入りしていまして、人気の無い場所が全く見つかりません。




逃げ場を断たれた自分は、仕方がなく用意された楽屋で最初の方は発表会のパンフレットを読んだりして、時間を潰すフリをしていました。しかし、時間が経つにつれてそれにも疲れてきまして、リハーサルの最後の方とか本番中の合間は、楽屋の床に寝転がって目をつぶっていました。たぶんあの時、このような過ごし方をしていたのは、自分くらいだったと思います。あれはすごく体裁の悪い過ごし方でした。周りの女の子達は楽しそうに発表会に向けて和気藹々としている中、自分一人だけみんなの中で横たわっているのですからね。周りの女の子から「体調悪いのですか??」と聞かれたような記憶もあります。当時の自分もこの過ごし方にかなりの体裁の悪さを感じていた記憶です。しかし、自分の心の中はもはやそこら辺の事はどうでも良くなっていた記憶です。




何故なら自分はリハーサルや本番をこなす中で心身が疲れ切っていました。背中の慢性的な疲労感はどんどん酷くなっていき、疲労感というより激痛です。「ナイフで思い切り刺され続けているような痛み」が常に自分の意識から気力を根こそぎ奪っていきます。そして、冷え性は酷くて鼻水がダラダラ。めまいで頭の中はフラフラです。自分の意識は常にこれらの肉体的苦痛に占領されており、集中力や意欲の欠片もありません。自分は発表会が進むにつれて、極度の疲労困憊状態に陥っており、もはや体裁を繕う気力すら無くなっていました。自分はホントに酷く惨めな気分で、楽屋の床に身体を横たえ、自分の出番を待っていました。あ、横たわってはいますが、眠ってはいません。こんな最悪な状況で寝れるはずがありません。床に横たわって、仮眠をとっているフリをしていたって感じです。そうそう、周りにはダンス教室の女の子の生徒も沢山いたのですが、その中で一人身体を横たえているのは、ホントに惨めな気持ちでした。周りから「なんかおかしな奴がいるなぁ」みたいな視線を感じましたからね。あれは被害妄想ではなく、ガチの視線でした。




そして、自分はなんとか発表会の本番を終えました。もはや本番の出来なんてどうでもよくなっていましたね。その後、本番が終わり、みんなで公民館の後片付けをしました。自分の心の中は疲れと惨めさで一杯です。後片付けが終わるとようやく待ちに待った解散の時間になりました。解散後周りのみんなは飲みに行こうみたいな話になっていましたが、自分はもう脱兎の如く、その場を一人で抜け出し、公民館を後にしました。自分の心の中は「ようやくタップダンス教室が終わった!!」という開放感が発生していました。しかし、それ以上に疲労感がエグく、精神的にも酷く惨めな気持ちでいっぱいだったのを覚えています。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村