鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

劣等感がただひたすら増えていく27年間(過去編・2003年7月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「妹に感じるかなりの劣等感と憎しみ(過去編・2003年7月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が2つ目の大学に復学して以降、妹に対して劣等感と憎しみを募らせていった、という話でした。今回の記事も自分と妹との関係を思い出していきます。ちょっと話は戻りまして、自分が2つ目の大学を休学していた1年間の話から始めたいと思います。その期間自分は妹と過ごす時間が多く、そこで妹のこれまでの人生を聞く事もありました。そこで分かったのは、妹は自分と違いコミュニケーション能力が高い、という事です。妹は自分と違って、小中高と趣味友達に恵まれていたようでしたし、高校時代には彼氏もいた、という話でした。自分はこの話を聞き、劣等感を覚えました。自分が喉から手が出る程欲しかった趣味友達や異性関係を妹はいとも簡単に手に入れていたからです。




ただし、この期間はその劣等感はそこまで大きなものではありませんでした。あの期間は自分も妹も「引きこもり状態」に陥っており、似たもの同志でしたからね。自分はこの頃から母親に対して憎しみを感じ始めていたのですが、妹も母親に対してはムカつきを感じており、そこの「温度感」も一緒くらいでした。



ところが自分が大学復学以降、自分と妹との間には溝が出来て行きます。というか、自分の方が一方的に妹に対して劣等感や憎しみを募らせていったのです。そう、自分は大学復学に挑戦しましたが、それはまたも失敗し、さらに再起をかけた古本屋バイトでも挫折し続けました。一方妹の方はというと、その後海外にホームステイに行ったり、新しい彼氏が出来たりで、充実した生活を送っているようだったのです。この格差が新たな劣等感となって自分を打ちのめしました。その劣等感はこんな感じです。


「自分と妹は同じ家庭環境で育っているにも関わらず、何故にこんなにもコミュニケーション能力に差があるのか。自分という人間は生まれながらにして本質的に劣っている人間なのだ!!」


です。振り返ってみますと、自分は幼い頃から「自分に対する自信」をどんどん失っていく人生を送ってきてきました。これは言い換えますと「劣等感」がどんどん増えていく人生だった、という事です。そして、「劣等感」が増えていけばいくほど体調は壊れていき、「鬱」は悪化。さらに「劣等感」が増えていけば行くほど「被害妄想」も激しくなっていったのです。



ではここで、自分と妹の話は一旦横に置いておきます。ここからは自分が幼い頃よりどのように「自分に対する自信」を失っていったのか、いつもの「鬱悪化のフローチャート」を考えてみたいと思います。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。この数値を「メンタル数値」と呼んでいます。この数値が下がれば下がる程、自分が「自分に対する自信」を失った事を示します。同時に「被害妄想」と「体調の悪化」も意味しています。



「鬱悪化のフローチャート


3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を表現するのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(事件の概要はこちら・被害妄想についてはこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(事件の概要はこちら・8個の鬱の諸症状はこちら)



大学に入学後空手部に入部し、そこでの稽古の厳しさを乗り越えようと必死に自主練を繰り返すが全く体力が付かない。自分の中で無力感がどんどん増えていき、「被害妄想」がさらに悪化。それにより、空手部の稽古に対して「死の恐怖」を感じるようになり、夜眠れなくなってしまった。この生活を3年間続けた結果、鬱がさらに3倍に悪化。「鬱の廃人」状態に突入。(マイナス66)
(この時代の12個の鬱の諸症状はこちら)



大学3年生でカウンセリングを受け始めるも、鬱の諸症状の辛さをほとんど喋る事が出来ず、短期的には何のポジティブな効果も得られず。(マイナス66)(詳細はこちら)



大学空手部引退後も、トレーニングという名の「無意識の自傷行為」を続けてしまい、鬱が全く回復しない(マイナス66)(詳細はこちら・大学空手部引退後の「鬱の廃人」状態はこちら)



大学空手部引退後、自分の居場所を作ろうと、ロックダンス教室、タップダンス教室、ファミレスバイト、自動車教習所にチャレンジするも、全く周りとコミュニケーションが取れず、全て挫折。(マイナス71)(概要はこちら)



1つ目の大学を中退し、2つ目の大学で大学生活をやり直す。しかし、半年でクラスと手品サークルの人間関係から脱落。その後タップダンス教室や大学の体育の授業でも人間関係を作れず、大学生活が破綻。(マイナス76)(概要はこちらこちら)



大学を1年間休学し、比較的穏やかに過ごす。(マイナス76)
(概要はこちら)


2つ目の大学に復学し、和楽器サークルに居場所を作ろうとするも、やはり周りの学生と全くコミュニケーションが取れず、3ヶ月で大学生活から脱落。(マイナス81)(概要はこちら)



このように自分の中の「自分に対する自信」は年齢を重ねるごとに失われていき、2つ目の大学の復学に失敗した頃には「マイナス81」まで失われていました。とここで、「マイナス76」と「マイナス81」の項目の間に、新たな項目を作りたいと思います。ここに大学休学中の両親の喧嘩の仲裁の件りを新たに付け加えます。新たな項目はこんな感じです。


大学休学中、家の中に「居場所」「安心」「暖かさ」を求め、15年間続く両親の喧嘩の仲裁に動く。しかし、母親の心の中には15年間に渡って蓄積した「父親への不信感」が膨大に存在し、説得が全く通じない。自分は次第に仲裁を諦め、無力感を感じるようになっていった。そして、いつまでも父親の糾弾を続ける母親に対して、憎しみがどんどん増えていった。



いいですね!ここでのメンタル数値の悪化は「マイナス2」としたいと思います。



さて、もう一つフローチャートに新たな項目を付け加えたいと思います。それは2つ目の大学の復学に失敗した後の話です。つまり古本屋バイトでの挫折の件りです。それはこんな感じになります。




2つ目の大学の復学に失敗後、再起をかけて古本屋バイトに取り組むも、「被害妄想」と「鬱の諸症状」が酷く、1年半で支店を撤退。その後、残った本店での人間関係もどんどん厳しくなっていった。



いいですね!ここでのメンタル数値の下落は「マイナス5」としたいと思います。「マイナス5」とは、小学校3年生の時の家庭環境の悪化の際のメンタルダメージであり、古本屋バイトでのメンタルダメージがそれと同程度である事を示しています。では、今回考えた新しい項目をフローチャートに付け加えます。



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を表現するのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(事件の概要はこちら・被害妄想についてはこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(事件の概要はこちら・8個の鬱の諸症状はこちら)



大学に入学後空手部に入部し、そこでの稽古の厳しさを乗り越えようと必死に自主練を繰り返すが全く体力が付かない。自分の中で無力感がどんどん増えていき、「被害妄想」がさらに悪化。それにより、空手部の稽古に対して「死の恐怖」を感じるようになり、夜眠れなくなってしまった。この生活を3年間続けた結果、鬱がさらに3倍に悪化。「鬱の廃人」状態に突入。(マイナス66)
(この時代の12個の鬱の諸症状はこちら)



大学3年生でカウンセリングを受け始めるも、鬱の諸症状の辛さをほとんど喋る事が出来ず、短期的には何のポジティブな効果も得られず。(マイナス66)(詳細はこちら)



大学空手部引退後も、トレーニングという名の「無意識の自傷行為」を続けてしまい、鬱が全く回復しない(マイナス66)(詳細はこちら・大学空手部引退後の「鬱の廃人」状態はこちら)



大学空手部引退後、自分の居場所を作ろうと、ロックダンス教室、タップダンス教室、ファミレスバイト、自動車教習所にチャレンジするも、全く周りとコミュニケーションが取れず、全て挫折。(マイナス71)(概要はこちら)



1つ目の大学を中退し、2つ目の大学で大学生活をやり直す。しかし、半年でクラスと手品サークルの人間関係から脱落。その後タップダンス教室や大学の体育の授業でも人間関係を作れず、大学生活が破綻。(マイナス76)(概要はこちらこちら)



大学を1年間休学し、比較的穏やかに過ごす。(マイナス76)
(概要はこちら)


大学休学中、家の中に「居場所」「安心」「暖かさ」を求め、15年間続く両親の喧嘩の仲裁に動く。しかし、母親の心の中には15年間に渡って蓄積した「父親への不信感」が膨大に存在し、説得が全く通じない。自分は次第に仲裁を諦め、無力感を感じるようになっていった。そして、いつまでも父親の糾弾を続ける母親に対して、憎しみがどんどん増えていった。(マイナス78)(概要はこちら)

2つ目の大学に復学し、和楽器サークルに居場所を作ろうとするも、やはり周りの学生と全くコミュニケーションが取れず、3ヶ月で大学生活から脱落。(マイナス83)(概要はこちら)



2つ目の大学の復学に失敗後、再起をかけて古本屋バイトに取り組むも、「被害妄想」と「鬱の諸症状」が酷く、1年半で支店を撤退。その後、残った本店での人間関係もどんどん厳しくなっていった。(マイナス88)(概要はこちら)




いいですね!このように自分は年齢を重ねる程「自分に対する自信」をどんどん失っていき、26歳の頃には「マイナス88」まで失われてしまいました。つまり、「劣等感」が「マイナス88」まで増えてしまったのです。それ故に自分は外の世界で病的(×3倍)な被害妄想に襲われ、他人とコミュニケーションを取る事が全く出来ませんでした。そして、家庭内においても妹に対して激しい劣等感を感じるようになっていき、妹とのコミュニケーションが断絶していった、という事になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村