鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑧(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑦(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、暴言事件後の自分が心身共にどんどん壊れていったという話でした。当時の状況をまとめたものがこちらになります。



・高校1年生の時に起きた暴言事件により、学校生活において「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」 が発生。

・暴言事件を誰にも相談する事が出来ず、脳内はずっと「超パニック状態」が継続。よって「部活や高校を辞める」という選択肢を考える事が全く出来ない。



・そんな高校生活への拒否反応から日曜夜になると激しい喘息が発生。夜ほとんど眠る事が出来ず凄まじい睡眠不足と疲労感の中、高校生活を送る羽目に。



・そんなズタボロの心身状態でクラスメートとのコミュニケーションが取れる訳もなく、クラス内の人間関係から完全脱落。それによる新たな不安と悲しみも発生。





そう、これらの事象について共通しているのは「孤立感(孤独感)」でした。自分はあの暴言事件を誰にも相談する事が出来ませんでしたから、一人で「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」に対峙せざるを得ませんでした。まずそこに凄まじい孤立感があったのです。そして、日曜夜の喘息に関しても自分は一人でこの苦しみをゼーゼー耐えるしかありませんでしたから、ここでも孤独感を感じていました。加えてクラス内においても人間関係から完全に脱落し、そこでも激しい孤立感を味わう事になりましたからね。当時の自分が感じていた激しい孤立感を思い出しますと、胸が締め付けられるものがあります。そして、この激烈な孤立感が「突発的な激しいめまい」という新たな鬱症状を生む事になります。




この症状がどのようなものだったのかと言いますと、暴言事件後に高校生活を送っていると不意に凄まじいめまいに襲われる事が頻繁にあったのです。休み時間に教室から教室に移動する時や体育の時間によく起きていたような記憶でして、1日に1回くらいのペースで襲われていた気がします。このめまいがホントにキツかった。めまいが始まると天地がひっくり返るのではないかと思うほど、視界がグラグラぐらつきまして、自分という存在がどこかに吹っ飛んでいき、消えてしまいそうな感覚がありました。脳内はクラクラして、足元はフラフラ。さらにめまいが起こると例の「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」がさらに巨大化し、自分の心をさらに強く押し潰します。なんかもう一人だけ鬱の異空間に投げ込まれたような感覚がありましたね。そして、めまいが起こっている間自分の存在が全否定されているかのような辛さもありました。実際のめまいの時間は30秒程でしたが、その30秒はとても長く感じた記憶です。




先程も書きましたようにこのめまいの原因は「孤立感」にあったと自分は考えています。そう、とにかく自分は孤独でした。自分はあの事件を誰にも相談する事が出来ませんでしたから、この辛過ぎる現実に対して何も対処法を考える事が出来なかったのです。自分は「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」に心を蹂躙され続け、その苦しさに耐えるしか方法を持ち合わせていなかった。自分は現実世界に対してまるで「孤独」で「無力」であり、それは海に浮かぶ1枚の葉っぱのようでした。そう、自分という1枚の葉っぱは、この暴言事件によって発生した「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」という大嵐に巻き込まれ、なす術なくそれらに激しく翻弄され続けるしかなかったのです。この「自分という存在が現実世界において全くもって孤独で無力であり、トラブルに対して激しく翻弄され続けるしかない状況」、これこそが当時の自分の現実状況であり、「激しく翻弄され続けるしかない状況」がそのまま身体に反映したのが「めまい」だったのです。



そう、この「めまい」=「現実状況が身体に反映したもの」という説を考えたのも、記憶のサルベージをしている最中でした。懐かしいですねぇ。その頃には高校生活から10年以上の月日が流れていました。自分がノートに10年以上前の暴言事件以降の自分の現実状況を書き出していますと、それとめまいの症状がとても類似している事に気付いたのです。高校時代の自分はこの激しいめまいの原因がさっぱり分かっていなかったのですが、当時の自分の記憶を詳細にノートに書いていきますと、めまいの症状と当時の現実状況が酷似していた事が徐々に明らかになっていきました。自分はとても嬉しい気持ちになったのを覚えています。「なるほど!あの高校時代の訳の分からないめまいの原因は、当時の自分の現実状況が身体に反映したものだったのか!!」、と。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村