鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜鬱と食欲消失〜高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑨(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「 高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑧(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校時代に「めまい」に苦しめられていたという話でした。休み時間や体育の時間になると、凄まじいめまいが自分を襲っていたのです。めまいが始まると天地がひっくり帰りそうなくらい視界がグラグラに揺れ、自分という存在がどこかに吹き飛んでいきそうな感覚に襲われました。それは凄まじい不安感だったのを覚えています。それから12年が経ちまして、自分は当時の記憶をノートに詳細に書き出していました。すると、めまいの症状と当時の自分の現実状況が酷似していた事に気付いたんですね。そう、「自分という存在がどこかに吹き飛んでいきそうな凄まじい不安感」は、まさに自分が「現実」に対して感じていた感覚そのものでした。これに気付いた時は嬉しかったですねぇ。めまいに苦しんでいた当時の自分は、その原因がなんなのか皆目検討も付かない状態でしたから、その謎を解き明かす事が出来たのはとても大きな喜びとなりました。




では改めて暴言事件と鬱症状の関係をまとめてみます。


・高校1年生の時に起きた暴言事件により、学校生活において「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」 が発生。

・暴言事件を誰にも相談する事が出来ず、脳内はずっと「超パニック状態」が継続。よって「部活や高校を辞める」という選択肢を考える事が全く出来ない。



・そんな高校生活への拒否反応から日曜夜になると激しい喘息が発生。夜ほとんど眠る事が出来ず凄まじい睡眠不足と疲労感の中、高校生活を送る羽目に。



・心身がズタボロの状況でクラスメートとコミュニケーションが取れる訳もなく、クラス内の人間関係から完全に脱落。それによる新たな不安と悲しみも発生。



・事件以降さらに「孤立感」が増大し、現実に対する「無力感」も増大。その現実状況がそのまま身体に反映し、「突発的な激しいめまい」が発生。



いや〜我ながらよくまとまっているなぁと思います。何度も書いていますが、自分はこの暴言事件を誰にも相談する事が出来なかったですから、この事件をいつまで経っても心の中で整理出来ず、状況を把握する事が1ミリも出来ていなかったのです。当時の自分はこの事件について何一つ理解出来ていませんでした。ここからは自分の推測ですが、あの事件は自分にとってあまりにも衝撃的な事件でありました。それにも関わらず当時の自分はこの事件を誰にも相談出来ませんでしたから、この事件を心の中で整理する事が何一つ出来なかった。よって、いつまで経ってもこの事件は自分の内部で「巨大な鬱のカオス」であり続けました。結果この「巨大な鬱のカオス」が行き場を失い、「身体」に向かい、「めまい」という身体症状を引き起こしていたのではないかと思います。





さて、いよいよ高校時代に発生した鬱症状も1つを残すのみとなりました。最後の鬱症状は「慢性的な食欲消失」です。自分の中でこれに関して覚えている印象的なワンシーンがあります。それは高校の昼休みの時間です。自分は学食に向かっているのですが、食欲が全くありません。しかし、周りが皆食べていますから自分もとりあえず学食に向かいます。学食ではうどんを注文し、それを食べているのですが、このうどんが「砂」を噛んでいるように無味なのです。なんの美味しさもなんの旨みもなく、かと言って不味くもなく、ただただ砂を噛んでいるような無味状態。そして、当時の自分がその事に疑問を持った記憶もありません。おそらくそれは常態化していて、当たり前の状況になっていたのでしょう。まとめますと、当時の自分からは「食欲」という感覚が消失し、モノを食べた時の「美味しい」という感覚も消失、さらにそれが常態化していたという事が推測されます。




そう、自分は記憶のサルベージをする中で自分の「食」に対する記憶を探したのですが、何かを食べて「美味しい!」と感じた記憶が特に高校以降皆無だったのです。記憶を遡りまして、中学校時代の記憶を言語化してみた所、昼休みに母親を作ったお弁当を毎日のように食べた記憶が出てきたのですが、母親の弁当を「美味しい」と感じた記憶は皆無でした。もしかしたら食欲の消失はこの頃からすでに始まっていたのかもしれません。さらに記憶を遡り、小学校時代の記憶を探ってみますと、「給食」に関しては美味しく食べていた思い出がありました。つまり、自分の食欲は小学校時代にはありましたが、中学校の頃から消失し始め、高校時代に完全消失したと推測できます。そう、自分は小学校、中学校、高校で対人関係で失敗し続け、鬱がどんどん酷くなっていったのですが、鬱が酷くなっていくにつれて食欲も消えていったと考えて良いと思います。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村