鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜鬱と食欲消失②〜高1時の暴言事件により鬱を本格発症10(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「 〜鬱と食欲消失〜高1時の暴言事件により鬱を本格発症⑨(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分の食欲が高校時代に完全消滅したという話でした。記憶を振り返ってみますと、自分の食欲はたぶん中学校時代から消失し始めていたのだと思います。そして、高校時代の暴言事件をきっかけに完全消失した、と。それからは何を食べても砂や灰を噛んでいるような味しかしません。特に大学の空手部時代なんて毎日のように激しく身体を動かしていましたから、通常なら食欲がかなりあってもおかしくはない状況です。しかし、空手部の3年間においても自分が何かを食べて美味しいと感じた瞬間は1秒たりともありませんでした。いつ何を食べても灰のような味しかしないのです。そして、それは空手部引退後も6年間続いていき、記憶のサルベージを始めるまで、自分はその異常性に気付く事はなかったのでした。



改めて暴言事件をきっかけにして発症した鬱の諸症状をまとめておきます。



・高校1年生の時に起きた暴言事件により、学校生活において「巨大な不安」と「巨大な悲しみ」 が発生。

・暴言事件を誰にも相談する事が出来ず、脳内はずっと「超パニック状態」が継続。よって「部活や高校を辞める」という選択肢を考える事が全く出来ない。



・そんな高校生活への拒否反応から日曜夜になると激しい喘息が発生。夜ほとんど眠る事が出来ず凄まじい睡眠不足と疲労感の中、高校生活を送る羽目に。



・心身がズタボロの状況でクラスメートとコミュニケーションが取れる訳もなく、クラス内の人間関係から完全に脱落。それによる新たな不安と悲しみも発生。



・上記の流れでさらに「孤立感」が悪化し、現実に対する「無力感」も増大。その現実状況がそのまま身体に反映し、「突発的な激しいめまい」が発生。



すでに中学校時代で消えかかっていた食欲が、上記の流れで完全消失。




これで、あの暴言事件により自分がいかにして鬱の諸症状の発症していったのか、因果関係が完成しました。我ながら素晴らしい出来栄えです。そう、2005年の記憶のサルベージにおいては、ここまでしっかり「暴言事件」と「鬱の諸症状」の因果関係は繋げていなかった印象でして、今回は我ながらよく繋げたものです。素晴らしい。やはりこの暴言事件は自分の鬱の核心部分ですから、これをしっかりまとめられた事は自分にとってとてもプラスな感じです。これぞセルフカウンセリングの真骨頂!





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村