鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

日々の生活を全く言語化していないので、体調の悪化にも気付けない(過去編・1998年11月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「今で言う所のゲーム依存症(過去編・1998年11月・22歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が中学時代にゲームボーイという携帯ゲーム機に滅茶苦茶ハマり、背中の疲労感がさらに悪化した、という話でした。その疲労感はもはや「疲れ」ではなく、「痛み」になっていたのですが、当時の自分がその悪化に違和感や疑問を感じる事は全くありませんでした。自分は物心ついた頃には背中の慢性的な疲労感を発症しており、その辛さを一切口にしていませんでした。ですから、その状態が「日常」で「当たり前」の状態になっていたのです。そして、その背中の疲労感は小学校3年生の時にさらに悪化したのですが、それについて自分が違和感や疑問を感じる事も全くありませんでした。さらに中学時代の悪化にも全く気付けなかった、という事になります。



時代は進み、高校時代。自分は高校1年生の秋頃に暴言事件を起こし、メンタルがさらに悪化しました。そして、鬱を発症する事となったのです。この時代の鬱の諸症状は以下の4つです。


「高校時代の4つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感と眠気

④学校生活中の激しいめまい



そう、②にありますように、喘息はさらに悪化し、自分はその苦しさで一晩中眠れません。そして、空気を吸おうと必死に背中を動かし続けますから、背中の疲労感も半端なかった。もはやそれは「疲労感」というより「けっこうな痛み」です。そして、高校時代の自分には「高校を休む」という選択肢が無かったですから、自分はそんな状態で高校に向かいます。ですから、高校にいる時の自分は背中が常に痛んでおり、その辛さで意識がボーっとしていた記憶です。もちろん、喘息のせいで一晩中寝れていませんから、眠気が酷いという所でも意識はボーッとしていました。



そして、当然の如く当時の自分は上記の鬱の諸症状を全く認識出来ていません。「②日曜夜ごとの激しい喘息」、「③慢性的な背中の疲労感と眠気」についてはこれまでの流れ通り全く認識出来ていません。そして、「①食欲の完全消失」、「④学校生活中の激しいめまい」に関しても全く同じ原理で認識出来ていませんでした。そう、自分は物心ついて以来、日々の出来事や自分の感情を表現する事を諦めていました。ですから、体調が悪化したとしても、それを言語化する事は全くありませんでした。そんな日々が長年続く中で自分は体調の悪化に全く気付けなくなってしまったのです。




そう、自分は幼い頃から日々の出来事や感情を全く言語化していません。(この場合の「言語化」とは、「喋る事」もしくは「書く事」を指しています。)それ故、全ての記憶は整理整頓されず、感情も全く消化されず、「カオス状態」のまま記憶の海の底に沈んで行く事となりました。そして、そのカオスな記憶は他のカオスな記憶と混ざり合い、さらにカオス化が進んでいきました。こうなると後からその記憶を思い出すのはかなり困難です。ですから、自分の幼い頃からの健康状態に関する記憶も、全てがカオス状態のまま記憶の海の底に沈んでいき、思い出す事が不可能になっていったのです。つまり、自分には自分の健康状態に関する過去のデータが全く思い出せなくなっていたのです。ですから、体調が悪化しても過去のデータがありませんから、比較検討が出来ないんですよ。故に「①食欲の完全消失」、「④学校生活中の激しいめまい」に関しても、それに対して違和感や疑問を感じる事は全くなく、いつの間にかそれらは自分の「日常」・「当たり前」になっていたのです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村