鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

今で言う所のゲーム依存症(過去編・1998年11月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「ゲームボーイにハマり、背中の疲労感が痛みに変化(過去編・1998年11月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が苦しんでいた中学時代の背中の疲労感について考えてみました。あの頃の自分は、ゲームボーイという携帯ゲーム機にハマってしまい、休日には1日5〜6時間くらいやっていた記憶です。そして、このゲーム機をする時って机に座って前屈みでプレイしますから、すごく背中が疲れるんですよ。この背中の疲労感はどんどん悪化していき、いつの間にか疲労感というより痛みになっていた記憶です。そして、この時の背中の疲労感はゲームボーイだけが原因ではありません。自分は幼い頃から喘息に苦しんでおり、それによって背中に慢性的な疲労感を感じていました。そして、小学校3年生の時には家庭環境が急激に悪化し、自分のメンタルも急激に悪化しました。これにより喘息も急激に悪化しましたから、背中の慢性的な疲労感もさらに悪化です。ですから、自分の中学時代の背中の疲労感は、この「喘息由来の背中の疲労感」に「ゲームボーイ由来の背中の疲労感」が加わったものなのです。数式にしますとこんな感じです。


「喘息由来の背中の疲労感」+「ゲームボーイ由来の背中の疲労感」=「中学時代の背中の慢性的な痛み」


そして、自分の喘息の歴史を紐解いてみますと、物心付いた頃には喘息をすでに発症しており、それが小学校3年生時の家庭環境の急激な悪化により、さらに悪化した、という流れになります。


さて、そんな感じで自分は中学時代に入ると、ゲームボーイが原因で背中の疲労感がさらに悪化し、それは疲労感というより痛みに変わっていた記憶です。当然ですが、当時の自分がそれに気付く事はありませんでした。以前の記事で書きました通り、幼い頃より自分にとって背中の疲労感は「当たり前」で「日常」のモノだったんですね。それに疑問や違和感を感じる事など皆無だったのです。ですから、それが悪化しても全くそれに違和感や疑問を感じる事は無かった、という事になります。



それにしても中学時代の自分のゲームボーイへのハマり方は常軌を逸していました。あの頃はそんな言葉は無かったですが、今だったら余裕で「ゲーム依存症」と診断されていた事でしょう。もうゲームボーイの世界に住んでるような感覚すらありました。ゲームの世界でなら、自分は生き生きと輝いていたのです。RPGをしている時の自分は魔物を倒し、レベルが上がるにつれて、自分が強くなっている事を実感出来ました。そして、迷宮内の数々の謎を解いていくと達成感を感じる事も出来ました。そして、最終的には数々の戦いの果てに世界を救ってもいたのです。自分は「勇者」と呼ばれ、世界の人々から称賛される存在になっていました。そう、自分がゲーム内で感じていた「自分が強くなる実感」や「達成感」や「称賛」、これらは自分が現実世界において全く手に入れる事が出来ない代物だったのです。




それぞれについて詳しく説明していきたいと思います。まず、自分は幼い頃から喘息に苦しんでいましたから、現実世界で「自分が強くなる実感」なんて手に入る訳がありません。そして、小学校6年生の時には中学受験に挑戦しましたが、それは最悪の結果に終わってしまいました。つまり「達成感」を手に入れるどころか大きな「挫折感」を味わったのです。最後に「称賛」ですが、これも全く現実世界で手に入らないものでありました。うちの両親は自分が幼い頃から自分に対して無関心でしたし、それは自分が小学校3年生以降さらに悪化しました。両親は新規の事業と夫婦喧嘩に全ての時間とエネルギーを使い切っていましたから、自分の事など見向きもしません。当然自分の事を褒める事も皆無。ですから、自分は塾の先生に褒めて貰おうと小学校5年生から中学受験の塾に通い始めたのです。良い成績をとって、先生に褒めて貰おう、と。



しかし、先程書きました通りそれは最悪の結末を迎えました。褒められるどころか、塾で一番怖い先生に授業中怒鳴られる、という事件が起こったのです。この事件は小学校6年生の夏頃に起こりました。これにより、自分は塾に行く気力を失い、それまでの勉強の努力は塵となって消えました。怒鳴られる前の自分の学力は麻布中学を狙える程のモノでしたが、怒鳴られて以降は塾をサボり始め、勉強を一切辞めてしまいました。当然成績はガタ落ちです。結局私立中学には一校も受かりませんでした。小学生だった自分はこの一連の事件により、大きな挫折感と無力感を感じました。自分は先生に褒めて貰おうと勉強を頑張ったのですが、それは全く真逆の結末を迎えたのです。そう、私立受験によって自分は「達成感」や「称賛」を得たいと思ったのですが、最終的に手に入ったものは「挫折感」と「無力感」だったのです。(ここら辺の詳しい話はカテゴリー「小学生時代」に書いてあります。)



このように自分は小学校6年生の時点で現実世界で大きな挫折を味わっていました。ですから、自分は中学時代にゲーム世界に耽溺したのです。そう、この世界では現実世界では手に入らなかったものが思う存分手に入りました。自分はゲームの世界にかなりの陶酔感を感じていた記憶です。しかし、その代償も大きかった。背中の疲労感は疲れというより痛みに悪化しましたし、視力も大幅に失ってしまったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村