鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング中、饒舌に喋る自分に驚く(2005年9月・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「2年ぶりのカウンセリングへ(2005年9月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が2年ぶりにカウンセリングを受けに行く話でした。自分は超ワクワクしながらカウンセリングセンターに向かいまして、いよいよ2年ぶりのH先生との対面の時間となったのです。自分がカウンセリングルームのドアを開けるとそこには変わらないH先生の姿がありました。先生は「おぉ」と驚いています。(先生は当時30代の女性です。)自分が「お久しぶりです!」と言うと、先生も「久しぶり!」と嬉しそう。そうそう、先生はなんかこう対応がフランクな感じでしたから、自分も先生に対して親近感を持っていました。先生が「元気にしてた?」と聞いてきましたから、自分は「えぇまぁ」と笑います。それで先生が「あれからどうしてた?」と聞いてきましたから、自分はこの2年間の話をし始めました。懐かしいですねぇ。懐かし過ぎる。自分は先生に尿管結石後の話をし始めました。具体的には



・尿管結石の1年後にバイトを辞め、後はひたすら部屋にこもってノートに自分の過去の記憶を書いていた事。


・その目的は「何故自分は孤独と恐怖と自殺願望しかない人生を歩む羽目になったのかその原因を知る為」だった事。



・そのノートに自分の人生を書く行為を「記憶のサルベージ」と読んでいた事。



自分はかなりテンションが上がり、饒舌に喋っていた記憶です。それに対して先生は以前と変わらず、自分の話をメモしながら、興味深げに自分の話を聞いてくれます。そうそう、カウンセリングにおいて先生がメモをしながら自分の話を聞いてくれる所も嬉しい所でしたね。さらに2年ぶりだったにも関わらず、先生が自分の過去の話をちゃんと覚えてくれていた所も超嬉しかった。そう、自分は過去4年間に渡ってH先生のカウンセリングの受けていたのですが、その時の話もちゃんと覚えていてくれたのです。



そして、話は記憶のサルベージの概要に入っていきました。自分は「自分の家庭環境が小3で急激に悪化した事」や「それによりコミュニケーション能力や精神年齢の成長が止まってしまっていた事」を話した記憶です。ここら辺の話は自分が記憶のサルベージ(言語化)をしていて最も驚いた話ですから、喋っている時の自分はかなりテンション上がっていたと思います。この話を先生に聞いて貰える事が嬉しくてたまりません。脳と口が直結したように言葉が澱みなくスラスラと出てきます。自分はそんな自分自身の様子に内心驚いていました。(え??、俺めっちゃハイテンションで饒舌に喋れてるぞ??)、と。そう、記憶のサルベージ以前の自分とは全く真逆の姿がそこにはありました。記憶のサルベージ以前のカウンセリング中の自分は、超〜ローテンションで、聞こえるか聞こえないかのボソボソ声で、言葉を探しながらゆっくりゆっくり喋っていたのです。1時間のうち半分は沈黙している時もあったように思います。しかし、今日の自分は違います。超ハイテンションでず〜っと喋り続けているのです。さらに自分は続けます。「自分の精神年齢の成長が小3で止まった故にその後の学校生活が孤独に満ち溢れ、それにより鬱が発症した事」や「そんな自分を変えようと大学で空手部に入ったものの失敗し、鬱がさらに3倍に悪化した事」などなど。まぁ先生に聞いて貰いたい内容は無限にありましたから、言葉が止まらなかった記憶です。また、自分はこれまで過去の記憶を言葉で「書く」事しかしていませんでしたから、それを口に出して「喋る」体験はこれが初めてでした。自分はそこにも新鮮な驚きと喜びを感じていた記憶です。



そんなんこんなで気持ち良く喋っていますと、あっという間に1時間が経ってしまいました。自分はまだまだ喋り足りなかったのですが、ここで今日のカウンセリングは終了です。自分の気持ちの中は「まだまだ喋り足りない!」という物足りなさと、「概要だけだけど、ようやく記憶のサルベージについて喋れた!」という満足感とが半々だったように覚えています。先生は「また来週も待ってからね。」と言ってくれまして、次回の予約を1週間後に設定しました。そして、受付で1万円をお支払いです。ここに関してだけは違和感がありましたね。これまで自分は大学内で無料でカウンセリングを受けてきましたから、カウンセリング後にお金を支払わなければならないのはやはり引っかかるものはありました。しかし、ここは大学ではなく街中のカウンセリングセンターですから仕方ありません。自分は1万円をお支払いして、先生のお見送りを受けながらカウンセリングセンターを後にしました。




カウンセリングセンターを出た後の自分はかなり満足感に満たされたのを覚えています。「あぁようやく記憶のサルベージについて喋れた!!」、と。そして、1週間後の先の予約が待ち遠しくて仕方ない気持ちになりました。1週間後は余りにも遠く、自分にとっては1ヶ月くらい待たされるような気持ちでした。実際自分はカウンセリング中にH先生に「しばらくはカウンセリングを週2回でお願いできませんか?」とお願いしたのですが、それは難しいとの話でした。その後自分は満足感と待ち遠しさが入り混じる気持ちでカウンセリングセンター付近の繁華街をブラブラ散策しました。気持ちはとても晴れやかでした。カウンセリングセンターの最寄りのターミナル駅は初めて降りる駅でしたから、散策していると色々物珍しく、楽しい気持ちで歩けました。一通りブラブラし終えると自分は電車に乗り、良い気分で帰宅したのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村