鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

どうして趣味を通じて友達を作る事が出来なかったのか③(2007年3月・32歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 どうして趣味を通じて友達を作る事が出来なかったのか②(2007年3月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、どうして自分が学校生活において全く周りとコミュニケーションが取れなかったのか、という話でした。もう1度改めてここら辺の話を書いてみたいと思います。その理由は、自分が小学校3年生の時に家庭環境が戦争状態に陥り、そこから精神年齢の成長が止まってしまったからです。結果、年齢を重ねるごとに周りとの精神年齢差が開いていき、コミュニケーションがどんどん困難になっていってしまいました。自分は孤独感を蓄積させていき、高校1年生で鬱を発症する事となりました。その後自分は自分のコミュニケーション能力を改善させようと大学入学を機に空手部に入部するのですが、そこでの練習が自分には厳し過ぎて、鬱は3倍に悪化。そして、大学3年生の時にカウンセリングを受け始め、そこで生まれて初めて「自分の感情を素直に口にする」という行為を覚える事になります。そのカウンセリングの中で自分は「自分がどのような人生を送ってきたのか」、朧げながら理解していきました。それと共に、自分は本や映画や漫画を見て感動出来る様になっていったのです。そう、それまでの人生において、自分は本や映画やゲームで感動した事が全く無かったのですが、カウンセリングを受け始めてから、それらで泣く事が多くなっていったのです。それはたぶん自分がカウンセリングによっておぼろげながら「自分の人生」を把握した事で、それと「創作物の中で描かれている他人の人生」を比較する事が出来る様になり、感動が生まれたのだと思います。とは言ってもカウンセリングは自分の現実問題には全く無力でした。自分は1つ目の大学を中退し、2つ目の大学で大学生活をリトライしてみましたが、やはりそこでも全く周りと人間関係を築く事が出来ません。それは習い事やバイトにおいても同様で、自分はさらに孤立感を蓄積させていき、2003年・27歳で尿管結石が発症します。これによりさらに鬱は2倍悪化。そして、2004年・28歳で自分は全ての社会生活と家族から脱落し、引きこもりになってしまったのでした。




ここまでが前回までの流れになります。同じ事の繰り返しで申し訳ございません。さて、ここから自分は部屋に引きこもって自分の過去の記憶を全てノートに書いていきました。自分は「どうして自分はどこに行っても人間関係を作れなかったのか」、その理由が知りたくてたまらなかったからです。自分はこの作業を記憶のサルベージ(言語化)と呼んでいました。そして1年後、この作業を全て終えた自分は自分の人生を100%理解し、そして、その疑問に明確な答えを出していました。答えは「家庭環境が劣悪だったから」です。この答えに辿り着いた事で、自分は自尊心を大幅に回復させる事になります。そう、自分は記憶のサルベージを始めるまでは、それまでの人生において自分が全く周りとコミュニケーションが取れない理由をこう考えていたのです。「自分という人間が生まれつき大幅に劣っている人間だからだろう」、と。そう、周りと全くコミュニケーションが取れない事も、慢性的な酷い疲労感や眠気も、常に悲しくて泣きそうな事も、それらの原因は「全て自分が本質的に劣っているから」だろうと思っていたのです。それ以外の理由など思い付きもしませんでした。ですから、自分が学校生活において周りとコミュニケーション出来ない経験が蓄積すればする程、自分の自尊心は破壊されていき、引きこもる頃には無惨にそれは砕け散っていたのです。




ところが、自分が引きこもって1年かけて全ての過去の記憶を言語化し、それらの因果関係を丁寧に繋いでいくと、出て来た答えは全く別だったのです。自分はこう思いました。「俺が生まれつき大幅に劣っていたんじゃない!家庭環境が大幅に劣っていたんだ!!」、と。これにより自分は自分の人生に大幅に自信を持てるようになっていました。そして、自尊心を劇的に回復させる事が出来たのです。自分はこの事を誰かに伝えたくて仕方なくなりました。自分の価値観が180度真逆にひっくり返ったのですから、こんなに痛快で面白い事はありません。ですから、自分は1年間の引きこもりが明けると、真っ先にカウンセリングに行ったんですね。自分は自分の価値観がひっくり返った話をカウンセリングの先生に聞いて貰いたくて仕方なかったのです。そして、カウンセリング代と生活費を稼ぐ為にパチンコを打ち始めたのでした。




しかし、そのパチンコ&カウンセリング生活は、親が言い出した引っ越しにより、滅茶苦茶に破壊され、自分の鬱はさらに3倍悪化する事に(2006年6月)なりました。ここら辺の話は最近書いてますね。高校時代と比べると鬱は18倍にまで悪化してしまいました。自分は「鬱の廃人」+「鬱の狂人」状態に陥り、意識朦朧とした生活を送っていったのです。そして、2007年10月に深夜アニメに出会った、という事になります。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村