鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる③(2007年3月・32歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる②(2007年3月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、2007年3月に起こった「花粉症発症→ぎっくり腰事件」について考えてみました。まずは前回の記事の最後に作りました、この事件のまとめを貼ってみたいと思います。



『「花粉症発症→ぎっくり腰事件」まとめ


・「花粉症発症→ぎっくり腰事件」によって自分の心の中に果てしない量の「無情感」「絶望感」「理不尽感」が発生。それにより、自分の脳は凄まじ過ぎる精神的苦痛を受ける事となった。そして、その精神的苦痛が原因で自分の脳の一部は壊れてしまった感じがする。


・この果てしない量の「無力感」「絶望感」「理不尽感」は、とある拷問を受ける時に感じる感情と同質だと考えられる。その拷問とは中指を甲の方に曲げられ、最後には容赦なく折られてしまう拷問。


・このような拷問によって中指が甲の方向に折られてしまうと、それを元の状態に戻すのはかなり難しいと思われる。同様に脳も1回壊れてしまうとそれを元に戻すのもかなり難しい感じがする。それは例えるなら「生卵→ゆで卵」は出来るが、「ゆで卵→生卵」は出来ない感じ。不可逆的な変化。



・今回の「花粉症発症→ぎっくり腰事件」に関する精神的苦痛の流れをまとめてみると以下の流れ。



「花粉症発症→ぎっくり腰事件」によって、自分の心の中に「中指の拷問級」の「無情感」「絶望感」「理不尽感」が発生。


凄まじ過ぎる精神的苦痛が発生



脳内に凄まじい熱(炎症?)が発生(イメージ)



脳の一部のタンパク質がゆで卵のように固まってしまい、機能しなくなってしまった。その箇所はもはや血が通っていないし、神経も通っていない状態。(イメージ)』

引用終わり




いいですね!素晴らしい!!あのカオス過ぎる事件を100%言語化し、整理出来たと思います。そう、ですから自分は家族によって肉体的・精神的に2度殺された上に、さらに花粉症とぎっくり腰によって凄まじ過ぎる肉体的・精神的苦痛を浴びる羽目になった、という事になります。そりゃ脳の一部だって壊れます。ただですね。自分の脳が壊れたのってこの「花粉症発症→ぎっくり腰事件」に限った話では無いような気がするんですよ。例えば、2003年の「尿管結石事件」の時だって、自分は尋常では無い肉体的・精神的苦痛を浴びる事になりましたから、あの時だって自分の脳の一部が壊れていてもおかしくありません。また、2006年の「引っ越し及び東○荘事件」の時だって自分は尋常ではない精神的苦痛を感じましたから、ここでも脳の一部が壊れてしまってもおかしくはない。もっと遡ると1995年〜1999年の大学空手部時代だって、自分は3年間に渡って膨大な肉体的・精神的苦痛を浴び続けましたから、ここでも脳が壊れてもおかしくはない。自分は以前の記事で「人生における鬱的事件トップ5」というランキングを作ってみたのですが、以下の通りになります。





「人生における鬱的事件トップ5」




①「東○荘事件」(2006年3月頃・30歳)



②尿管結石の痛みと、発症の際の父親の信じられない暴言(2003年10月頃・27歳)


③大学空手部の3年間で鬱がさらに3倍に悪化(1995年4月〜1999年4月・19歳〜21歳)


④花粉症→ぎっくり腰(2007年3月・31歳)


⑤高校1年生の時の暴言事件により、鬱を発症(1992年7月頃・16歳)



このどの事件においても自分は尋常では無い量の精神的苦痛を浴びる事になりましたから、どの事件においても自分の脳の一部は破壊されたと考えて良いと思います。と、久しぶりにこのランキングを見てみますと、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」の順位が4位というのは低過ぎる感じがします。この「花粉症発症→ぎっくり腰事件」は、上記ランキングのそれ以外の4つの事件を「経ての」事件ですからね。この「花粉症発症→ぎっくり腰事件」は、それまでの様々な鬱的事件の中で溜まりに溜まった鬱的感情が引き起こしたと言っても過言ではありません。だからこそ、「中指の拷問」というこのブログの中で最も残酷な表現が出てきたのだと思います。この「花粉症発症→ぎっくり腰事件」は最上位にランクインすべきですね。という事でランキングを変更したいと思います。新しいランキングは以下の通りです!


① 「花粉症→ぎっくり腰事件」(2007年3月・31歳)


②「東○荘事件」(2006年3月頃・30歳)



③尿管結石の痛みと、発症の際の父親の信じられない暴言(2003年10月頃・27歳)


④大学空手部の3年間で鬱がさらに3倍に悪化(1995年4月〜1999年4月・19歳〜21歳)



⑤高校1年生の時の暴言事件により、鬱を発症(1992年7月頃・16歳)



という訳で「花粉症発症→ぎっくり腰事件」は見事1位にランクインです。おめでとうございます!(何がだw)




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村