鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大学空手部の3年間は無意識の自傷行為(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 カウンセリングがもたらしたポジティブな効用②(過去編・1998年3月・22歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が、大学空手部の3年間を評価してみた結果、どうなったのか、まとめてみました。そう、大学の空手部を引退した自分は、この3年間が一体なんだったのか、評価してみたくなったのです。そこでノートに向かい、当時の自分の気持ちや、空手部の3年間、そして、それまでの21年間の人生を書き綴りました。その上で当時の自分なりに一生懸命考え、その3年間の評価をしてみたのです。最終的に辿り着いた評価は以下の通りになります。



「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」



これまでの記事でも書いていますように、この評価は「玉虫色の評価」でした。「もしかしたら〜〜〜〜かもしれない」という「推論」の形を取る事で、「何も達成されていない」という「断定」の形を取る事を避けました。これにより逆に「何かを達成しているかもしれない」可能性を残す事にしたのです。そう、現在の自分(2021年8月)から見ますと、この評価は非常に「玉虫色」です。実際の正しい評価は以下の通りになります。



『空手部の3年間では「自分を変える」という当初の目的は全く達成されなかった。それどころか、最も望まない方向(心身が壊れる・自信を喪失する)に向かって必死に必死に頑張り続けていただけの3年間。この3年間は自分の鬱を3倍に悪化したさせただけの「逆効果な3年間」。』



う〜ん、全然違いますね。この空手部の3年間は「無意識の自傷行為」を必死にし続けた3年間と言っても良いでしょう。しかし、当時の自分が「空手部の3年間=無為」を認めるのは到底無理な話でした。当時の自分はまだ空手部を引退した直後です。それまでの自分の必死の3年間の頑張りが、最も望まない結末を招いていた事を知ったら、発狂してしまうでしょう。また、当時の自分は空手部の3年間で自分の鬱が3倍に悪化した事にも気付いていません。空手部の3年間で自分の健康状態がさらに悪化した事にも全く気付いていない。この認識度合いでは、「無意識の自傷行為」に気付けないのも、無理は無い話です。




このように当時の自分が辿り着いた評価は「玉虫色の評価」でした。今から考えますと、この評価はそもそも正しい現状認識に基づいたものではありませんでした。何故なら当時の自分は自身の健康状態さえ把握できていなかったからです。そして、例え当時の自分が正しい評価に辿り着いたとしても、とてもじゃ無いけどそれを認められ無かったはずです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




不定期おまけコーナー:この前美容室に行った時の格好


f:id:sarvage99:20210904031533j:plain


f:id:sarvage99:20210904031535j:plain
トミーフィルフィガーのポロシャツ。タイト目が好きなのでウィメンズのXS。肩のラインがお気に入り。


f:id:sarvage99:20210904031529j:plain
今は無きルパートのデニム。膝のバツバツがいい感じ。





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村